カツオちゃん.COM

30代リーマンの仕事に関する考え方、お金、副業、海外サッカー、おすすめ商品などをご紹介します。

10年後の自分は今の会社につとめているイメージできますか?

10年後の自分を想像するイメージ

この疑問は、将来にすこしでも不安がある人にとっては悩ましいはずです。

 

10年後いまの会社があるのか不安

✔嫌な上司と10年後まで付き合うのは無理

 

などなど、たくさんの理由があるかと思います。

 

1つ言えるのは、少しでも10年後に不安を感じているのであれば、今からでも不安を補えるように動いておいたほうがいいと言うことです。

 

それに、なぜか期待は外れるのに、不安に感じることは当たりますからね。

不安は口にだすほど不安になる

ある記事のデータによると、「自分の将来に不安がある」と答えた人は69%までのぼるようです。

 

ぼくも「不安はない」と言いたいところですが、正直なところあります。

 

このご時世。大手ですら倒産、リストラをしています。ぼくが勤めているような中小企業だと、どうなるのかわかったもんじゃないです。

 

しかし、ぼくは「不安」という言葉は口にだしません。

 

理由は、「不安」という言葉は、言えば言うほど不安になるからです。言わばマインドコントロールのようなもの。

 

それにぼくが他人に「将来が不安」と言えば、聞き手も不安になります。

 

「不安」という言葉は、誰が聞いても幸せにならないのです。むしろ不幸せになるのです。

不安を物色する方法

大手でも倒産する時代です。

 

答えは、やはり自分で稼ぐ力を身につけておく!!

 

これしかありません!!

 

サラリーマンの経験しかない人は、自分で稼いだ経験がないので難しと思う気持ちもあるでしょう。

 

しかし、将来の不安を物色するには自分で稼ぐしかないのです。

 

これだけのネット社会です。ネット上に副業関連の情報はたくさんあります。

 

ぼくがやっているブログだってそう、それ以外でもたくさんあります。

 

それに始めは上手くいかなくて当然。スポーツにしても始めはうまくいかないけど練習して上手くなりますよね。それと一緒。

 

まずは自分で稼ぐことを始めましょう。

 

それと、将来に不安があると言うのは、あくまで「未来」ということ。現状ではないのです。

 

だったら、始めはお金にならなくても、やってくるかもしれない不安に備え、コツコツとでも始めるべきです。

 

やるも自分、やらないも自分。

 

ぼくは将来に不安があるので、寝る時間をさいてでも副業の勉強や作業をしています。※ちなみに副業は店舗営業なのでブログではありません。

 

将来に不安がある人は、今からでも自分で稼ぐ能力を身につけましょう。

副収入があれば今までにない強気になれる

最悪、副収入でサラリーマンと同等の稼ぎがあれば仕事を辞めちゃってもいいのです。

 

生活はやっていけますよね。

 

それと、例えば副収入が10万円でもあれば、気持ちのゆとりは全く違います。

 

0円と10万円とでは、数字以上の気持ちへの効果があるのです。

 

サラリーマンである以上、企業に所属するかたちですが、汚い言いかたをすると、「自分はみんなと違う」というような上から目線で物事をかんがえられます。

 

なので、気持ちにも余裕ができたり、イレギュラーな対応にであったりしても柔軟に対応ができたりします。

 

「不安不安」といって何も動かない人たちと同じ目線でいる必要はありません。むしろ、いてはいけません。

 

そのためには、自分でかせぐ力を見につけて、強気でいれる自分になりましょう。

情報商材の嘘にはご注意を!

副業と検索すれば、楽して月収100万円とか、誰でもできるとか、たくさんの嘘の情報があります。

 

絶対にそんな情報を鵜呑みにしないで下さい。

 

こちらは過去にぼくが書いた記事です。

www.katsuochan.com

この記事でも書いたように、楽して儲かるビジネスなんて100%ありません。

 

人はそんな上手い話はないと思っていても、いざ見てみると、「自分なら成功するんじゃないか」とか勝手に勘違いします。

 

情報商材の詐欺にあうような人は、「自分で稼ぐ」と言うスタート地点にすらたててない人。

 

まずは自分に、ビジネスは簡単ではない!と言い聞かせてから勉強しましょうね。

最後に

10年後に少しでも不安がある人は、その不安はじっさいに来るものだと思い行動すべきです。

 

先を見据えて動けるかどうかで、その人の力量がわかります。

 

「会社潰れちゃった、どうしよう、明日から無職や!」といっても誰も助けてはくれません。

 

自分を助けてくれるのは自分しかいないのです。頑張りましょう。

 

10年後の自分は、いまの会社につとめているイメージできますか?でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。