仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

仕事をする上で大切なのは、危機感を持ち続けられるのかどうか

危機感

 

毎日、何となく仕事をしていませんか?

 

ぼくは日々、危機感をもって仕事に取り組むことがとても大切だと思っている。

 

現代はいつ仕事がなくなるのかわかりませんし、大手企業だって倒産やリストラをする時代です。

 

その点、ぼくは危機感をもって仕事に取り組んでいると胸をはって言える。それだけが唯一、自分の良いところだと思っているくらい。

 

では、ぼくが危機感をもって仕事に取り組むべき理由についてご紹介をします。

 

 

危機感がなければ現状維持のままで終わる

現状維持とは衰退とほぼ同じ意味です。

 

例えば企業などで、現状の売上げのままで満足をしているような会社は先がない。

 

でもけっこうそういう会社はあります。で、だいたいは社員もダラダラしている。

 

それと何故か不思議で、何とかなる、周りが何とかしてくれると勘違いしているのか、売上が減ってもなかなか焦らない。

 

逆に危機感をもって仕事に取り組んでいる会社は、利益を次の事業へ投資をしたり、先へ先へと動いている。

 

だから結果、儲かる。

 

危機感がなければ現状維持で満足をして、気が付いた時には手遅れ。またそうなった時に、「先手を打っておけばよかった」となるはず。

 

そうならない為には、まずは危機感をもつ!が大切なのです。

 

危機感をもって先へ先へと動こう 

仕事のできない人の共通点は、仕事にたいする姿勢が受け身であること

 

ぼくの会社の部下でも、指示を出してから始めて動こうとする人と、自分で考えて早目早目で動く人とがいますが、仕事ができるのは圧倒的に後者です。

 

逆に前者はなかなか仕事も覚えないし、最悪は「自分はこの仕事が向いてない」とか、「会社が悪い」とか言い出す始末

 

もちろん社員を自主的に動かせない会社や環境も悪い!しかし、その会社を選んだのはその人だし、何より人任せではダメなのです。

 

ぼくから言わせればそんな人間は、仕事ができるようになる訳がない。

 

なってからでは遅い

現代、今の生活が保証される可能性なんてありません。

 

危機感をもって動けない人は、その保証が崩れた時にあたふたする。

 

そのシーンを例えると、リストラにあった、会社が倒産をした時などです。30代以降で貯金がない人などは相当ヤバイでしょう。

 

なった後にもがいても結果は変わりません。ほとんどの方がそれもわかっているのに危機感をもって取り組まないのが現状です。

 

他人は助けてくれないよ

助けてくれない

 

結局ぼくが言いたいのはコレ!

 

仕事をダラダラしている人は、常に周りが何とかしてくれると思っている。しかし、それはあり得ない。人は自分を守るので精一杯だから。

 

そうならない為に危機感をもって仕事に取り組めってこと。

 

ピンチな時にせいぜい守ってくれるのは、家族か運がよくて親友!その程度

 

最終的に我が身を守れるのは自分だけだと言うことです。

 

危機感をもって取り組んだ方が楽しめる

これは紛れもない事実。しかし、今まで流されて危機感をもてずに働いていた人が、いきなり変わるのも難しい話だと思う。

 

そんな人は、何か1つでも継続するものを見つけて実行をすればいい。

 

例えば、将来会社がどうなるのかわからないと不安であれば、副業を始めてみるとか、今の会社で頑張るのであれば毎日1つ反省をするとか。

 

やるやらないでは全く違った結果になります。

 

ぼくもそうで、現在営業職をやっていますが、1日1日の目標を必ず決めて取り組んでいます。今日は1件契約をあげるとか、今日で途中の仕事を終わらせるとか。

 

ルールを決めるのは難しいことではありません。誰でもできる内容。しかし、毎日継続ができて始めて意味がある。

 

でも、ぼくはそれをやり始めて継続をしてから充実しているように感じるし、何より仕事も楽しく感じています。

 

結局は自分との戦いなのだ 

危機感をもって取り組むうえで、一番の敵はありとあらゆるものの誘惑です。

 

ぼくはこのブログを当初1年間は毎日更新すると決めていたけど、つい先日にそれが途切れた。

 

途切れた理由は仕事が忙しすぎてという理由もありますが、振り返ると、それも一つの誘惑なのでしょう。

 

もし決めたことを絶対に守り通す意思がある人であれば、毎日続けていたと思う。

 

仕事も同じです。危機感をもつために何かをすると決めたとしても、何かしらの誘惑が襲ってくる。そんな時にアナタがどうするのか!で今後の人生は変わるはず。

 

「こんな小さなことは1日くらいいいか!」と考えてしまうと、その瞬間に自分に負けたことにもなる。

 

ぼくもこんな偉そうな記事を書いている癖に、毎日更新が途切れてしまったので、また一から頑張りたい。

 

一応こんなブログでも毎日書いていることで、PVも少しづつではありますが増えているのです。

 

まとめ 

ぼくが思う、仕事をする上で大切なのは、危機感を持ち続けられるのかどうかをご紹介させて頂きました。

 

しつこいですが、今の時代は流れが早いので、危機感をもって取り組まなければ他人に置いていかれる。また助けてももらえません。

 

そんな時に助けになるのは、自分自身の力です。それだけでも覚えておいて頂ければ、将来のためには必ずなりますので。

 

何となく毎日仕事をしている人は、危機感をもつために自分の決めた何かを継続することを是非オススメします。最後までお読みいただき、ありがとうございます。