仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

生理休暇取得が1%割れ!問題点と解決策を考えてみた

生理の女性

 

ヤフーニュースで生理休暇取得1%割れと報道されていましたが、当然の結果ではないでしょうか。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

生理休暇とは、労働基準法第68条で定められた制度になりますが、

 

生理日の就業が著しく困難な女性に対する措置として、使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない

 

わかりやすく言うと、女性が生理で体調が悪い場合、休暇を申請すれば休めると言った制度です。

 

この文章だけ見ると、女性にとっては有難い制度であるように思えます。まずはざっくりと生理休暇についてご紹介をします。

 

生理休暇とは ?

先ほどもお伝えしましたし名前の通り、「生理で就業が困難な場合は休暇を取れますよ!」と言った制度で、対象はどうなのかと言うと、

 

性労働者全てとの記載があります。

 

なので、正社員だろうが派遣だろうが、アルバイト含めすべての女性と言う意味です。

 

また生理と言っても人によっては重さが違うので、例えば、当日に休暇申請をだしても企業は拒否をしてはいけない、また、医師の証明も必要なしとのこと。

 

あと一点、生理休暇の日数も決めてはいけない。

 

 ただし女性みなさんが勘違いしてはいけないことが一つあり、それは、

 

生理休暇で休んだ日の給与は支払われない可能性がある。

 

そもそも生理休暇とは有給とはまた異なります。

 

なので、生理休暇を有給として認めるのかどうかは、会社が定めるのです。

 

もし有給として認められなければ、生理休暇で休んだ日の給料は支払われないことになります。

 

生理休暇の問題点

問題点は4つあり、

 

ひとつ目の問題点は、

 

女性が男性に向かって生理休暇と堂々と言えるのかどうか

 

もちろん中には男性にも遠慮をせず、「生理休暇をください」と言える人もいるでしょう。

 

ただし、ぼくの経験上だとかなりマレだと思う。

 

それに仮に女性社員から、生理休暇と言わなくて、「体調が悪いので休暇を欲しい」と言われれば、なんとなくでも生理休暇だなともわかります。

 

女性からしても男性にどれだけ濁して伝えたとしても、生理休暇と理解をされるのもわかっていると思う。

 

2つ目の問題点は、

 

男女雇用機会均等法をもとに反対の声がでると言うこと。

 

男女雇用機会均等法とは、1986年に施工された、職場での男女平等の確保、女性が差別を受けずに、家庭と仕事を両立できるように作られた法律です。

 

男性には生理の痛さが理解できないので、多少、体調が悪くても出勤するのが当たり前と言う人もでてくるでしょうし、

 

それは男性、女性からもでる声のはず。

 

例えば、Aさんは生理がひどくはないので、出勤するのには問題がない、Bさんは生理が毎回とてもひどく出勤できるレベルではない。

 

そんなBさんに男性はもちろん、Aさん側の女性陣も「温かい目で見守ってあげられるのか?」です。

 

ぼくはBさんのことを悪くいう人もいると思う。「たかが生理くらいで」って言うオバサンが何となく想像できます。

 

3つ目の問題点は、

 

生理休暇と言い遊びに行く人がでる

 

いつの時代でも不真面目な人間はいる。また不真面目な人間がいるから真面目な人は損をした気分になる。

 

損得だけではありませんが、女性も生理休暇とは、生理の場合のみと全員で理解をして、万が一、嘘をついて休む人がいれば周りが注意をするくらいになって欲しい。

 

完全には嘘をついて休む人はなくならないでしょうけど、人としてやっていいこと悪いことの自覚をもつべきです。

 

4つ目の問題点は、

 

生理休暇自体を知らない人が多い

 

これけっこう知らない人多いと思いますよ。今回のようなヤフーニュースに取り上げてもらえると知名度は上がるでしょうが、もっとTVやニュースで報道をすればいいのに。

 

生理休暇の問題解決について

生理休暇の問題解決については、はっきりと今のところコレとは言えない。ただ一つ言えるのは、協力だと思う。

 

まず1つ目の問題点である 、女性が男性に生理休暇を堂々と言えるのかどうか

 

この件に関しては、女性にも自分で生理休暇と言える勇気も必要だと思いますが、一番効果的なのは、当日有給休暇を認めるルールを作ればいい

 

ただし、やはり会社側にも都合もあるでしょうし、ギリギリの人数で回しているお店とかだと正直、厳しいと思う。

 

それか生理休暇とは名前がそのままなので、少しネーミングをかえるとか。まだ女性特別休暇とかのほうが、女性からすると言いやすいのではないでしょか?

 

2つ目の問題点である、男女雇用機会均等法をもとに反対の声がでる

 

この件に関しては、各企業の経営者が対策を考え、生理休暇は男女差別ではないと、上からでも言いかせるのが有効だと思う。

 

また生理休暇の件で否定的なことを言う人には罰則を与えるとか、

 

3つ目の問題点である、生理休暇と言い遊びに行く人がいる

 

この件は本人の意思なので誰にもとめられない。ただ、そんなバカなことをする人は、いずれボロが出るでしょうし、勝手に自滅してくれるでしょう。

 

4つ目の問題点である、生理休暇自体を知らない人が多い

 

この件に関しては、ニュースなどで大きく取り上げるとか。どこかの政治家が率先して働きかけてくれたら変わるでしょう。

 

それと、ある程度、自分たちの権利については各自で調べる能力も必要です。

 

4つとも子供でも考えられる対策だと思うけど、現状ではその程度しか思い浮かばない。

 

どちらにしよ、生理休暇は当たり前だと言うのを、全ての人が理解するのが一番の対策

 

 

最後に!!

何といっても生理休暇とは、法律で定められた制度なので、女性陣も使いたければ使えばいい。

 

男性に生理と言いにくいとか、周りの目が気になるとか問題もあるでしょうが、生理で仕事ができないくらいの状態では、どちらにしよ集中できませんし、

 

それなら休みを取って体調が復帰次第、休んだぶんも頑張るほうが効率も良いでしょう。

 

最後に、

 

生理休暇を世に広めるための解決策は、全ての人が、生理休暇について理解をし協力をすることです。

 

こちらに、 労働条件を取り締まってもブラック企業がなくならない理由をご紹介しています。よければご覧ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。