あえてサラリーマンを応援!

人事担当がサラリーマンの悩みや転職についてアドバイスをする!

専門学校を辞めたあとの就職活動の始め方とアドバイス

専門学校を中退したあとの就活

 

いざ専門学校を辞めて就職活動をするにしても、「何から始めればいいのかわからない!」そんな方へ向けた内容となります。

 

ちなみに、専門学校を中退したことで悲観的になり、就職できないとか人生終わりだとか思っていませんか?

 

もしそうであれば、まずはその考えを改める必要があり、心配しなくても就職先はまだまだありますよ!

 

ちなみに僕も専門学校中退者で、現在は会社で人事担当をしています。

 

 

専門学校中退者にも就職先はある 

専門学校中退者にも就職先はある

 

年間には中退者が約8万人いると言われています。(高校、大学も含む)

 

そして学生総数の約1割のかたが、中退や休学をしているのが事実です。

 

わかっているとは思いますが、専門学校を中退しているのは、あなた1人じゃないんですよ!

 

また大学を中退して、自分に失敗のレッテルを張るかのように落ち込んだり、悩んだりする方が多いですが、全くそんな必要もありません。

 

何故なら、中退された方でも正しい就活をすれば正社員になれる!!もちろん、まともな会社にです。

 

そもそも現代は売り手市場と言われており人手不足。あなたを欲しいと思う企業はいくらでもあります。

 

特に中小企業はド人手不足!!!!!、人が足りず閉店するお店もあるくらいです。

 

まずは、「中退したら就職できない」と言う先入観を捨てて、就職するにはどうすればいいのか?に思考を変えましょう。

 

頭から出来ないと考えてしまうと、出来ることも出来ないに変わりますから。

 

では、少しでも自信を持てたら、下記より、専門学校中退者の就活の始め方に進んでください。

 

専門学校を辞めてからの就職活動の始め方

専門学校中退者の就活の始め方

 

まず就職活動を始めるにあたり、いくつか方法がありますが、定番のハローワークを使う、求人サイトを使う、そして知らない方もいるかもしれませんが、就職支援サービスを使う。

 

各項目の説明をしたいと思います。

 

ハローワークを使う 

ハローワークは全国どこの支店でもオンラインで繋がっているので使用可能です。

 

ハローワークに行ってまずやるべきことは、求職者登録をする必要があり、その手続き気が済み次第、PCを使って求人検索や応募ができる仕組みとなっています。

 

まずは窓口へ行き、「求職者登録をしたい」と言えば、担当から必要書類を渡されるのでそれに記入をする。

 

手続きが完了すると、ハローワークカードを渡され、仕事探しが可能となります。また登録には数時間かかるケースもあるので、時間は多めに見ておきましょう。

 

また若者を専門とする支援コーナーがあり、個別支援で就職活動プランや履歴書作成、面接の対応などの相談にものってくれます。

 

こういうサービスは積極的に参加し、窓口の担当にそのコーナーがあるのか聞いてみましょう。

 

「就職活動の始め方からわからない!」と言うかたは、就活について1から教えてくれるので助かるはず。

 

注意点としては、ハローワークに掲載している求人の質!です。

 

もちろんいい会社の求人情報もありますが、人が欲しい度合いは求人サイトのほうが高いのは確か!

 

何故なら、企業がハローワークに求人掲載するのは無料だから。

 

なのでなかには、無料だから求人を掲載しているような、特別人材が欲しい訳ではない企業もあるわけです。

 

その点、求人サイトに掲載されている企業は、お金を出してまで人が欲しい!!

 

ハローワークと求人サイトのどちらが、求人に意欲的な企業が掲載されているのかは、言うまでもないと思います。

 

求人サイトを使って応募 

求人サイトとは、リクナビNEXTやエン転職、DODAなどが大手求人サイトとして認知されています。

 

ただしこれらのサイトを見て頂くとわかりますが、転職者をターゲットとしている求人が多いです。現にサイト名にもほとんどが転職サイトと記載がある。

 

転職者とは正社員になった経験があり、職歴のある方のこと。

 

では始めて正社員を目指す人は、求人・転職サイトを使えないのか?と言うとそうではありません。

 

未経験OKの求人を見つけて応募をすることになります。

 

ですが、もちろん転職者も未経験OKの求人にも応募をします。

 

また未経験OKの募集があっても、採用される優先順位は、即戦力になる経験者が優位になるケースが多い。

 

ここで専門学校中退者が求人サイトを使うポイントとしては、なるべく未経験者を積極的に募集している求人サイトを使うです。

 

1つは「はたらいく」、地元に強い求人と、リクナビNEXTと比べると、未経験者歓迎の求人が多い。

 

ちなみに、「はたらいく」もリクナビNEXTも運営元はリクルート

 

ぼくは会社の求人担当もしていますが、リクルートの営業から、即戦力を求める場合はリクナビNEXT、未経験者歓迎の場合は「はたらいく」を提案されるので、間違いのない事実です。

 

 あと1つ女性にオススメなのが、「とらばーゆ

 

こちらの運営もリクルートになりますが、おすすめできる点は、求人検索で「産休取得」や「子育てママ在籍中」など、女性のために特化した使用になっている点です。

 

 

まとめると、求人サイトに登録をし、また登録をするにもオススメは、未経験者歓迎の多いサイトを使う、そして気になる企業があれば応募をする! 

 

就職支援サービスを使う 

就職支援サービスとは就職エージェントと呼ばれるもので、ハローワークと同様にビジネスマナーから面接対応など、就職に関する相談に乗ってくれます。

 

ハローワークとの違いは、国が運営しているのか民間企業が運営しているかの違いです。もちろん就職エージェントが民間企業ですね。

 

就職エージェントの運営会社に関しては、リクルートDODAを運営するパーソルキャリアが有名どころ。

 

しかし、これらの大手の場合は、総合エージェントである場合が多く、ターゲットが転職者やキャリアアップを目的としたエージェントです。

 

では、「専門学校中退者やフリーターを対象としたエージェントはないのか?」と言うと、もちろん存在します。

 

おすすめ就職エージェントは、別記事にて詳しく記載しているので参考にして下さい。

 

      ↓ ↓ ↓

 

なるべく早目に就活をスタートしよう

なるべく早目に就活をスタート

 

専門学校を中退し、一番やってはいけないのが「学生時代のままの生活を続ける!」です。

 

また厚生労働省のデータによると、大学中退後に正社員になる意思の強いかたは、7割以上が6カ月以内の就職に成功しています。

 

かたや半年以上フリーターを続けるかたは、どんどん社員になる割合が減り、3年以上になると、約半数のかたが正社員になれてないといったデータもあるくらいです。

 

これらのデータから、大学中退をしてから正社員になるまでの空白期間が長ければ長い程、社員になるのが難しいのがわかります。

 

20代前半でまだまだ若いと言っても、30歳まではあっという間です。

 

それにもし、就職して最悪辞めたくなっても、職歴という実績はあるので、転職に不利にならないと言うことです。

 

これらの理由からスタートはなるべく早くに!!

 

専門学校を辞めたあとの就活とアドバイスまとめ 

専門学校を辞めたあとの就職活動に関しては、ハローワークに行く、求人サイトを使って応募をする、就職エージェントを利用するといった流れになります。

 

ざっくりとした説明になってしまいましたが、まずは一歩でも動き出すのが何より大切です。

 

1日休みを取ってハローワークでもいいですし、就職支援サービスでもOKなので、相談だけでも始めてみましょう。

 

そうすると、「就職先はある!」と思えるはずですよ。

 

下記関連サイトより、専門学校中退者が就職するときのポイントを紹介していますので、よければご覧ください。

 

関連記事:専門学校中退者が就職する時のポイントを紹介

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。