カツオちゃん.COM

30代リーマンの仕事に関する考え方、お金、副業、海外サッカー、おすすめ商品などをご紹介します。

素直に謝るのも仕事のテクニックの1つ

素直に謝る

 

素直に謝る!これが簡単そうで以外に難しいと感じている人も多いと思う。

 

自分が悪いとわかっていても、ついつい言い訳や反論をしてしまう。あなたにもそんな経験ありませんか?

 

謝れば問題が解決するのに、言い訳や反論をすることで余計ややこしくなる。でもプライドが邪魔をして謝罪できない。

 

そんな人は、まずは素直に謝るのもテクニックの1つだと理解することから始めましょう。

 

 

言い訳をしてもいいことはない、マジで!

何も理不尽なことを言われて我慢し続けて下さいと言う意味ではありません。あくまで少しでも自分に非があるときには、素直に謝りましょうと言う意味です。

 

ぼくも過去を振り返ると、言い訳や反論をして徳をしたことがない。むしろ素直になれない自分にイライラするし、あの時早く謝っておけばと思うケースがほとんど。

 

また言い訳ばかりの人間に人は集まりません。もちろん信用もされない。

 

素直な人は他人から好かれるし、逆に素直でない人は嫌われる。あなたの周りでも同じはず。だったら言い訳をしてもメリットがないと必然的に理解できるはずです。

 

謝るのは恥ずかしいことじゃないから

ぼくもけっこう謝るのが恥ずかしい時があるんですが何なんですかね?それもプライドなのでしょうか・・自分でも不思議です。

 

しかし本来、謝罪するのは恥ずかしいことでも何でもありません。

 

大半の問題は謝罪で解決します。ぼくの場合も36年間生きてきて、謝って許してもらえなかった問題なんて一回もありません。 

 

大きな殺人のような問題の場合はまた話が別ですが、謝罪をされて嫌な気をする人はいないってこと。

 

謝るのが恥ずかしいと思っているのは、あなただけであり、誰も謝罪されたからといって、「謝ってて恥ずかしい」なんて目で相手を見ない。

 

素直に謝らないから問題が大きくなる、政治家や芸能人が良い例

最近、政治家や芸能人の不倫、そんなニュースばっかりですが、始めに謝らずに、「自分は何もやってません、一線は超えてません」とか嘘バレバレなセリフを言うから余計問題が大きくなるんです。

 

始めっから認めて謝罪をすれば、そこまで問題にはならないと僕は思う。

 

それに何だかんだと最終的には非を認めて謝るんですから、ニュースなどで見てる方からすると、今までごまかしてタチが悪いと思ってしまっても仕方がありません。

 

そもそも政治家などは立場があるでしょうが、一般人は他人の不倫にそこまで興味なんてないはず。それよりも「不倫はどうでもいいけど仕事をきちんとしろよ!」と思っている一般人も多い。

 

またほとんどの人は、「不倫してる癖に平然としてないと嘘ついてる!」と察するからネットで攻撃する人が増えるんです。

 

素直に謝れば!と、最近では1番わかりやすい例かなと思います。

 

謝罪なんて挨拶みたいなものだから

ぼくのような営業の仕事をしていると、少なからず取引先に謝罪で訪問をするケースがあるんですが、本当に仕事ができない人は、訪問して謝罪からではなくて言い訳から話し始める。

 

その意図は、自分は悪くないと言いたいんだと思いますし、実際にお客さんの勘違いだったと言うケースもあります。

 

しかし、いきなりああだこうだ言われても、「なんだこいつは?」と思われるケースがほとんど。

 

始めに、「申し訳ありませんでした」と言えば、よっぽどのケースじゃない限りお客さんの怒りをかうことはありません。問題も解決する。

 

単純なことなんですが、挨拶のように「すみません」と言えばいいだけ。その場に変なプライドなんて必要なし。

 

どうせなら人に好かれる生き方をしよう

仕事に限らず、素直に謝るのは人に好かれる大切な要素の1つ。

 

わざわざ僕に言われなくても、ほとんどの人が理解していると思います。

 

素直な人は他人に好かれる、そうでない人は嫌われる、紛れもない事実ですし、どうせなら前者のほうがメリットだらけ。

 

仕事においては上司や先輩、取引先に関係なく、とりあえずでも「すみません」と形上だけでも謝っておけば相手は傷つきませんし、嫌な気もしません。

 

そうやって社内の人間や取引先に好意をいだいてもらうのも仕事のテクニックの1つです。

 

最後に!

この記事で言いたいのは、素直に謝るのは仕事という枠をこえて、生きていくうえでメリットだらけと言うこと

 

非を認めて謝ることは恥ずかしいことでも何でもありません。

 

恥ずかしかったりプライドが邪魔したりと、簡単に謝罪をしにくい気持ちもわかります。

 

ただ社内や取引先、友人など含め素直に謝るのは相手に好印象を与える。それだけ覚えておいて下さい。

 

素直に謝るのも仕事のテクニックの1つでした。最後までお読みいだだき、ありがとうございます。