あえてサラリーマンを応援!

20代30代の働くサラリーマンの悩みを解決!がメインのサイト

何となく大学に進学をするくらいなら就職をオススメする

進学するか就職するか迷う女性

 

結論から言うと、ダメ学生になるくらいなら、早々に就職をしたほうが絶対いい!!

  

おそらく、今、進学か就職するのかを迷っている時点で、進学にたいする目的をみいだせていないはず。

 

大学は目的をもっていかなければ、時間とお金をドブに捨てるようなものです。

 

ダメ学生の特徴

日常生活が何せぐうたら!

 

とりあえず学校に行って、バイトに行くみたいな生活。

 

そんな学生の言うセリフが「将来どうしよかな」。そして、就職活動も真剣に取り組まない。残る道はフリーター。

 

これだと進学をする意味が全くないです。

 

仮に私学の大学にいって、4年間でお金がいくらかかるのかわかりますか?おおよそ600万~1300万です。

 

こちらに詳しい詳細が記載しています。

allabout.co.jp

ましては、奨学金でも借りてしまうと、残るのは借金だけ。

 

ぼくの職場でも、なんとなく進学をして30歳すぎても、いまだに奨学金を返している人が何人もいます。

 

その人たちが言うセリフも、「使えない資格、何をしていたのかわからない時間だった」です。

 

なかには「資格を買ってもらえないかな?」と言う人もいるくらい。

 

進学をするまえに、自分は「これをやりたい」といった目的がない限り、進学を僕はオススメしない。

 

それは、なんとなく人生を過ごしてダメ学生になるにきまっているから

 

進学をするメリット

目的を持たず進学をして、もしメリットがあるとすれば仲間との出会い。出会いは財産だと言いますね。

 

少しぼくのお話になりますが、付き合ってください。

 

ぼくは典型的なダメ学生でした。

 

就職をするには何となく時期が早いかなと思い、とくべつ興味もない専門学校にいって、ちょうど1年で辞めました。

 

専門学生時代はほとんどバイトに明け暮れ、勉強なんて全くしないし、やる気もゼロ。

 

そんな生活でも、4つ年上の同級生と出会い、人生について考えさせられました。

 

その友人は専門学校に入るまえは、サラリーマンを2年ほどやっていたらしく、仕事での苦労、今どういう気持ちで勉強をしているのかを僕に教えてくれました。

 

ぼくからすると、友人は凄く大人に見えてカッコよかったのです。

 

ぼくが専門学校を1年で辞めたのも、その友人の姿を見て「このままじゃダメだ」と思えたから。

 

結果、すぐに就職活動を始め、今の会社に就職をしたのです。

 

ぼくの場合はたまたまいい出会いがあった。それは全ての人にあるのかどうかはわからない。

 

また、じゃれ会う仲間ができたとしても、本当にその人にとっていい出会いなのかはわかりません。

 

ぼくの話が長くなりましたが、目的なく進学をすることでメリットがあるとすれば、仲間との出会いかなと思います。

 

就職をするメリット

就職をするメリットは、「お金を稼ぐ感覚」を早くからきたえられること。

 

「バイトもお金をかせぐでしょ?」と言う人もいるかもしれませんが、バイトと社員とでは責任もふくめ異なることがたくさんあります。

 

それに、「バイトの時は仕事ができた」といっても、社員になるとバイトの実績は何の役にもたちません。

 

理由はバイトとは違い、社員は仕事の質を求められるから。

 

失敗をすれば給料が下がりますし、めちゃくちゃ怒られもします。

 

ぼくのような営業職だと、売上があがらなければボコボコに言われるし、胃に穴があきそうなくらいストレスを感じるときもあるくらいです。

 

あとは人間関係。バイトだと、「アルバイトだからな!」と思われていたのが、社員だとそれはなくなります。

 

 しかし、それもふくめ金を稼ぐなのです。

 

お金を稼ぐことは、人によっては苦痛で、途中でリタイアする人もいます。

 

社会に出れば、ほとんどの人が「お金を稼ぐ」ことの壁に一度はぶつかるでしょう。

 

仕事を辞めたい、つらいと感じるのも壁の1つ。

 

こうなる気持ちは遅かれ早かれ、ほとんどの人が体験をします。

 

その壁をどう乗り越えるかで、将来あたなが稼ぐ金額もかわる。厳しい世界だと思われるかもしれませんが、これが現実なのです。

 

大学に進学をするとして4年間。この時間をなんとなく過ごすよりかは、「お金を稼ぐ」ことの大切さを勉強するほうが必ず自分のためになります。

 

ぼくは専門学校を1年いって就職をしましたが、1年早く就職すればよかったと思ってます。

 

 中小企業だと学歴なんて気にされない

大卒より高卒になると、就職や待遇面で不利なのではないか?

 

安心しましょう、心配をする程度のものではないです。

 

高卒だと大卒より条件が悪いと言うは大手の場合だけ。中小企業の場合だと、まったく気にされません。

  

1番大事なのは若さとコミュニケーション能力!!今は人手不足なので儲かっている会社はバンバン求人をかけてます。

 

コミュニケーション能力さえあれば若いというだけで、将来性を見られ、30代40代より必ず内定率はあがります。

 

「大手しか嫌だ」と言う人には、あまり参考にならないかもしれませんが、すくなとも学歴をそこまで重視はされない。

 

または、重視するほど人の集まりもよくないので、企業も気にできないのです。

 

就職しても全然遊べる

学生に比べると、社会人の使える時間が少ないのは否定できません。ブラック企業じゃなくても、9時~18時まで働くのはあたりまえですし。

 

では、社会人が遊べないのか?というと、そんなことは全くない。むしろ社会人になると、社会人にしかない遊びもあります。

 

何より学生と社会人では使えるお金の金額が違うのです。バイト時代に20万、30万を稼ぐのは難しくても、社会人なら稼げます。

 

稼げるということは、それだけ遊べる幅もひろがる。

 

じっさい、ぼくは学生時代より大人になってからの遊びのほうが楽しいと思っています。

 

 社会人になると遊べないというのは勘違いで、その気があればいくらでも遊べます。

 

結論を言うと、仕事を早く終わらせて、遊びに時間を使える能力を身につければいいだけ

 

最後に

 ぼくは何となく進学をするよりかは、就職したほうが絶対いいと思ってます。

 

社会人になって遊べるのか遊べないのかは、その人の力量

 

人の時間は有限です。限られた時間をいかに有効に使うのかで、今後の人生が変わります。

 

それだったら、目的も見いだせないまま進学をするより、就職したほうがいいに決まってます。

 

 

何となく大学に進学をするくらいなら就職をオススメするでした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。