あえてサラリーマンを応援!

30代人事担当がおもに20代のサラリーマンの悩みや転職についてアドバイスをする!

大卒のフリーター女性(24歳嫁妹)が就職するまでの話

大卒フリーター女性が就職に成功

 

新卒で入った会社を半年で辞めてしまった・・・そして1年ほどフリーター。

 

「どうしよう?」

 

そんな奥さんの妹がフリーターから転職に成功した話。

 

この記事では、正社員でない自分に劣等感を覚えている、「こんなんで将来大丈夫なのか不安!」と思っているかたに見て頂きたい。

 

そして、結論から先にいうと、全然大丈夫です!!!

 

 

人生終わった・・てか、始まってさえいないから 

フリーターで人生終わった

 

ぼくが勤め先で面接官をしているのもあり、妹から相談を受け、その時にぼくに言ってきたセリフ。

 

「人生終わった・・」

 

僕からすると、20歳ちょっとで「人生終わったってどういうこと?」って感じです。

 

新卒入社をした会社を半年で辞め、その後フリーターを続けていることに対してですが、「そんな人間いくらでもいるわ!」と言うのが僕の意見!!

 

確かに再度就職するとなると、「前職を半年で辞めた理由は?」と面接のさいに必ず聞かれるでしょう。

 

ぼくでも絶対に聞きますし!!

 

ですが、前職を半年で辞めたからといって、悩む時間がもったいない。

 

極論になりますが、半年で前職を辞めたとしても次頑張ればいいだけです。

 

若いうちなんか失敗してもいくらでも修正が効くので、諦めさえしなければ、永遠に失敗は訪れない!と言うのが僕の考え!

 

そしてちょうどいい例もあり、

 

実はこんな偉そうなセリフを言う僕も、初就職先は1ヶ月で辞めました。

 

でも、転職先で16年ほど続いている!!

 

確かに1ヶ月で仕事を辞めたときは、自分はダメな人間、専門学校も中退しているし、取り柄もない、「人生終わった」と一瞬思いましたよ。

 

ですが、振り返って唯一ぼくが良かった点は、フリーターになろうとは思わなかったこと。

 

ぼくの性格上、「もう少しで就活する」と言いながら、ダラダラとフリーターを続けるに決まっているからです。

 

結果、「次こそはいい就職先を見つけよう!」と思って転職活動をすぐに始めたのです。

 

仕事へのこだわりは全くなかったので、すぐに転職先は決まりました。

 

新卒で入った会社を数カ月で辞めようが、次頑張れば、過去は上書きされると僕は思っているので、

 

今となっては「前職を1ヶ月で辞めた」のは笑い話です。

 

一番ダメなのは、立ち止まって悩むだけになってしまうこと。

 

フリーターのままでいいのならこのままでOK。

 

ですが、「このままでいいのかな?」と悩んでいるのは、心のなかで「正社員になりたい」と思っている証拠です。

  

卒業3年以内なら新卒とほぼ変わらない 

大学卒業3年以内なら新卒と変わらない

 

「前職を半年で辞めた事実は、転職活動でフリにならないのか?」

 

このセリフは妹にも聞かれましたが、はっきり言うと、なるかならないかで言うとフリにはなります。

 

でも、妹をふくめ20代のあなたは、「半年で辞めた」事実を挽回できるものをおもちなんです。

 

すなわち「若さ!!!」

 

面接官に半年で辞めたことに対する「反省」が伝われば、若さで乗り越えられる!

 

逆に言うと、20代だから通用する話であって、20代でも後半になるにつれて「半年で辞めた事実」は転職においては重くのしかかってくるでしょう。

 

先程、面接官に半年で辞めたことに対する反省と言いましたが、勘違いしないようにして頂きたいのが、

 

あくまでスタンスとして「自分のせいで前職を半年で辞めた!」という風にするという意味です。!

 

何故なら、企業が一番嫌う人間は、なんでも人のせいにする人。

 

前職を辞めた理由を、「企業説明会で聞いていた話と違う」とか、「超ブラック企業だった」とか、「ぼく、わたしは悪くないんです!会社が悪いんです、わかって下さい!」というスタンス。

 

ぼくが面接をしていても、他人のせいにする応募者は一発でアウト!!

 

例えば、「面接の時に聞いていた内容と、自分の理解力不足もあり、結果、どうしても納得できないことがあり半年で退職をしました」とかだとまだ納得できます。

 

少なからず自分の非も認めていますからね。

 

それとおそらく「どの辺りが納得できなくて辞められたのですか?」と、面接官が聞いてくるので、その時は素直に答えればいいだけ。

 

面接官の質問にきちんと答えられることで、半年で前職を辞めた事実をプラスに変えるのだって可能。

 

そしてこの項目では最後になりますが、世間的に既卒という言葉があり、よは卒業後に就職しなかった人たちをさす言葉です。

 

新卒で就職したけど辞めた!就職すらチャレンジしなかった!

 

面接官の僕からすると、大学時に就活をしただけでも評価できますよ!就職にチャレンジした証拠ですからね。

 

そして世間的に見ても、前職を半年で辞めたとしても、卒業から3年以内であれば扱いは新卒と変わりません。

 

まともな結婚?・・できる!! 

まともな結婚

 

はい、できます

 

フリーターだから結婚できないなんて事実はありません。結婚については、けっこう悩んでいる人が多いみたいですね。

 

ですが、正社員のほうが結婚をしやすいのは事実

 

ぼくに相談をしてきた奥さんの妹が言っていたのが、「男性との出会いがない、いてもフリーターばかり!」

 

僕から言わせてもらうと、そんなの当たりまえ!!!!

 

何故なら、妹自信がフリーターであり、フリーターの集まりに身を置いているのですから当たり前なのです。

 

なかにはカワイイ子だと、正社員にデートに誘われる時もあるでしょう。

 

ですが、そんなものを待つよりかは正社員として働き、正社員の男性と知り合ったほうが結婚の可能性は絶対にあがる。

 

結婚なんて、運命のカレを待っていても訪れるものではありません。シンデレラの世界じゃないんですから。

 

自ら正社員のいる場所へ行って身を置く。それだけで交際や結婚に発展するケースなんていくらでもあります。

 

何故なら、正社員の仲間がたくさんできるから。それがフリーターばかりの集まりではそうはならないですよね?

 

 

まずは就職活動をすること

まずは就職活動

 

最終的にぼくが奥さんの妹に言ったセリフが、「とりあえずフリーターで心配なら、就活して一歩を踏み出せ」です。

 

偉そうに上から言いましたが、普段から仲いいのでこんな感じ!

 

就活については、ハローワークでもいいし、転職サイトでもいい。どちらにしても「心配心配」と言ったところで、最終的に解決できるのは自分自身しかいません。

 

20代だと、たった一歩を踏み出す決断さえできれば、正社員になんてなれるんです。20代は!ですよ。

 

結果、翌週から就活を始めた妹は、2ヵ月ほどで仕事が決まりました。

 

職業はブランド物の洋服店のショップ店員です。もちろん正社員。

 

正社員になって1年たった今、「店で着る服を自腹で買わないといけないから手取りが少ない!」と言っているようですが、 

 

「そんなことは僕は知らん・・・」、でも楽しそうにはしているようです。

 

何はともあれ正社員になれてよかったなと僕は感じています。

 

この記事をご覧になっているアナタも、当たり前ですけど、就活すらしないといつまでたっても正社員にはなれません。

 

就活と言う一歩を踏み出してはみませんか?

 

就活が不安なのであれば

フリーターから正社員を目指そう

 

こちらが最後の項目になりますが、就活が不安ならエージェントに頼ってください。

 

エージェントは、あなたの適性を調べ、そしてアナタにあう職業をピックアップしてくれます。何社か提案をしてくれるので、その中からえらぶだけ。

 

もちろん応募をする職業の希望も言えますよ!!

 

そして、フリーターを専門に扱っているエージェントもあります

 

無料で就職についての相談も乗ってくれるので、少しでも就活に不安があればエージェントに頼ってみるのもありかと。

 

既卒・フリーターでも就職できる!【第二新卒エージェントneo】 はまさにそうで、今のあなたのようなかたを専門的に仕事を紹介しています。

 

20代の既卒・フリーター・第二新卒を専門にした就職支援を10年前からスタート!再就職ならジェイック! 」もそうで、20代を専門に取り扱っているエージェントです。

 

無料説明会も全国で行っているので、足を運んでみる価値はあるかと。

 

各エージェントについては、仕事を紹介できるエリアに限りがあるので、その点は公式サイトよりご確認ください

 

それと、ブラック企業には入社したくない!とかも、素直にエージェントに伝えてください。一歩つっこんだ相談にものってくれるので。

 

奥さんの妹同様、あなたの就活がうまく行くように願っています。頑張ってくださいね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。では!!!