カツオちゃん.COM

30代リーマンの仕事に関する考え方、お金、副業、海外サッカー、おすすめ商品などをご紹介します。

暇つぶしにブログは最適!30代に特におすすめする理由

ブログ

暇つぶしにブログを始めてみませか?

 

ブログと言っても芸能人のようなファンに日記を書くのではなくて、あなたの知識やノウハウを発信するブログ。

 

あなたが当たり前だと思っても他人にとっては知らない情報で役に立つことだってあるんです。

 

例えばこのブログだと、仕事の考え方、副業、お金などをテーマとして、ぼくの持つ知識を発信している。

 

それと、ブログは人に情報を発信するだけではありません。そんな「暇つぶしにブログが最適」だと思う理由をご紹介します。

30代にブログをオススメする理由

あなたは今、趣味と呼べるものがありますか?あるのであればそのまま趣味を続けてください。無理にブログを始める理由はないでしょう。

 

ぼくはつい最近まで無趣味な人間で、暇な時間があればスマホでゲームをしたり、充実している人生とは言えませんでした。

 

そんなところで趣味を探そうと思い、そこで出会ったのがブログです。

 

30代になると仕事もあり、また家庭をもつ人だと時間も限られると思う。

 

それがブログだと空いた時間、場所もPCさえあればどこでも出来る。

 

慣れるまでは少し面倒臭いと思えるかもしれませんが、続けてみると案外良い時間潰し、また趣味だといまは胸を張って言えますよ。

 

またブログの内容によっては小遣いを増やすことだって可能。じっさいにブログを副業として稼いでいる人だってたくさんいるのです。

 

暇つぶしに何かないかな?と思っているかはた、是非、ぼくはブログをオススメします。

 

人に言えないこともブログに書ける

人に隠してるようなことでもブログであれば書けますし、本名さえ書かなければ誰にもバレません。

 

隠し事はストレスにもなりますし、どこかで言ってしまいたい願望って少なからずありますよね?

 

人に言えない内容を投稿して、同じ悩みをもつ人がいたとすれば、役に立つ場合だってある。

www.katsuochan.com

この記事は、ぼくが薄毛で悩んでいて、坊主頭にするまでの内容を投稿しています。

 

あまり人に言う内容でもありませんし、当時の僕のように悩んでいる人がいれば、何かしらの勇気になればと思って書きました。

 

 ブログはあくまで書くなので、言葉で言うとは意味が違う。しかし、書くことでストレス発散や、内容次第では人の為になることもあるのです。

 

知識が豊富になる

今まで何となく理解していなかったこと。例えば、漢字で歳と才の違いとか、回ると周るの違いとかです。

 

日常生活でつかう場合でも、意外と知らないことってたくさんあります。

 

ブログは文章にするうえでなるべく間違った内容は書けないので、ネットで知らないことを検索する必要がでます。

 

自分で検索をして調べるから頭に入る

 

そうやって知識量は少しづつ増えている様な気がして、また知識が豊富になると、コミュニケーション能力も上がる。

 

ぼくの場合は仕事の都合で社外の人とあったりするのですが、そんなときに知識があれば武器になり、コミュニケーションがとりやすくとても助かっています。 

 

お金ももらえるかも

あくまでおまけ程度にです。

 

ぼくの場合は「暇な時間を有意義に過ごす」が当面の目的。しかし、広告を貼ることでクリックをされるとお金ももらえます。

 

なかにはブログ1本で生活している人もいますし、芸能人もブログをやってますね。

 

有名人になると、一般人とくらべてアクセスが多いので、そのぶん広告をクリックされる数も多くなり収入もそれなりになる。

 

こちらに、「サラリーマンがブログで副収入:仕組みを説明します」をご紹介しています。

 

まとめ

余った時間をブログに使う。ぼくは今のところメリットしかありません。

 

人に言えないことをブログに書いてみたり、知識が豊富になったり、お金ももらえるかもしれない。良い事づくしですよ。

 

それとブログを始めてまだ1カ月ですが、何かを継続するのは良いことだと思う。

 

仕事帰りに「暇だから飲みにでも行くか」ではなく、暇だから帰ってブログでも書いてみるかとなります。

 

結果、節約にもなりますし、自分の生活も規則正しくなる。

 

飲みは消費になりますが、ブログは生産するに繋がるのです。

 

暇を持て余している人はブログをやってみましょう。強くオススメしますよ。

 

16日目でアドセンスの審査に合格 - 30代リーマンの体験日記

www.katsuochan.com

最後までお読み頂き、ありがとうございます。