仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

銀行カードローン多重債務について元ブラックリスト入りをした男が語る

カードローン多重債務者

 

こんにちはカツオちゃんです。

 

最近ニュースで銀行カードローンの規制に関して世間がにぎわっていますが、僕なりの意見を伝えたいと思います。

 

www.nikkei.com

 

まず結論から先に言うと、カードローン規制に関しては、ぼくは賛成です。

 

今の銀行がやっているのは、今から約10年ほど前の消費者金融と何も変わりがありません。

 

CM、DMをばんばん打ち「お気軽にお金を借りれますよー」と言うスタイル。

 

もちろん審査はあるのでしょうけど、ヤフーニュースにのっていた年収200万円の人に500万円も貸すのは異常だし、破綻するのは目に見えてる。

 

ぼくは30代なので過去の消費者金融を知っている人間ですが、20前後の人はあまり知らないと思うので、まず簡単にご紹介をさせてください。

 

過去の消費者金融問題

知っている人は飛ばしちゃって下さいね。

 

消費者金融問題とは、簡単に言うと法律で定められた金利以上の設定をして、貸し付けていたことです。

 

設定以上の金利とは、上限金利は15%(100万円以上借りた場合)と決まってましたが、それを超える最大29.2%となるもので、グレーゾーン金利と呼ばれていました。

 

武富士アコムアイフルなどの会社がその金利でかしていた訳です。

 

で、グレーゾーン金利でかしたはいいけど、金利が高すぎて返済できない人が続出し、社会問題になった。

 

問題になってからは、払い過ぎた金利を取り戻せる法律ができ、それが過払い請求と呼ばれる。

 

過払い請求をされると、請求された側はほとんどの場合で応じないといけません。理由は法律だからですね。

  

ここまでがざっくりだけど、過去の消費者金融問題。

 

現状の銀行カードローンの問題点

一番の問題点は世間では貸し過ぎだと言われていますが、ぼくはまた違う考えです。

 

結果的に貸し過ぎというのは変わらないんですが、審査の仕方だとぼくは思います。

 

銀行カードローンのCMやDMを見ると、300万円までは収入証明書が必要なしと書かれていたのはご存じでしょうか?

 

と言うことは、例えば年収300万円の人が嘘をついて年収800万円と審査用紙に記載をしても問題ないのと同じです。

 

クレジットやローンでは年収をもとに審査をするので、とりあえずでも適当に書いた年収で審査をする。

 

結果、年収300万円の人が800万円の人と同じように借りるとどうなるのかは、一般人であれば理解できると思う。

 

この審査のやりかたがまかり通っていたのです。

 

銀行も低金利になり住宅ローンで利益をだせないので、高金利なローン系を使いたいのはもちろんわかる。

 

しかし、収入証明書は審査をする上で必ず必要ではないでしょうか?破綻者が続出するのは当たり前です。

 

その点がカードローンの一番の問題だとぼくは思う。

 

過剰広告について

とりあえず銀行に置いてあるATMを使用した時にカードローンを申し込みますか?「はい」、いいえの表示を辞めて欲しい。間違えてハイを何回押したことか・・・

 

では、広告についてお話しますが、

 

広告というのはある種、催眠術のようなもの。必要性を感じてなくても繰り返して同じメッセージを見ると「借りてもいいかな?」と思ってしまう。

 

もちろん全ての人がそうではないけど、1万人いれば1%の100人くらいはそう思ってしまうのでしょう。

 

それと、わかる人にはわかると思いますが、クレジット、ローン系のネット広告費用って凄く高いんです。

 

Googleアドワーズで広告を打つと、ワンクリック1000円以上普通にします。もちろんクリックをされるだけなので申込みにならなくても。

 

アドワーズ広告とは検索をしたときなどに出てくる広告

※広告の入札方法としては、HPの品質ランクとワンクリックの入札単価で順位が変動する

 

ちなみに僕も副業でアドワーズ広告をだしたことがありますが、クレジット、ローン系ではありませんが、どれだけ高くてもワンクリック300円程度でした。それでも、おそらく他の業種と比べて高いほう。

 

クレジット系は大金の広告費をかけても見返りがあるからそれだけ投資すると言うことです。

 

そう考えればローン系の広告が多いのもうなずけますね。

 

規制うんぬんより一番大事なのは借り手の意思

一番は何といっても必要がなければ借りないと言った意識を消費者がもつこと。

 

必要がないけど例えば100万円借りてしまった。そのお金って、借りてしまう人は全部、無駄に使ってしまうとぼくは思うんです。

 

お金を管理できな人は、借金だとしても手持ち金があれば自分のお金だと勘違いする。

 

これは過去のぼくそのもの。結果、借金を返すために借金をして最終的には弁護士さんをいれて債務整理

 

みなさんにはぼくを反面教師として、「必要ないお金は借りない!」を徹底してもらいたい。

 

最後に!!

 ぼくが最終的に伝えたいのは、お金は借りるより返すほうが100倍大変!!と言うことです。

 

銀行もここまで問題にされているので、これからは何かしらの手を打ち、不必要な人への貸し出しは減るはず。

 

銀行には是非、審査のありかたを見直して欲しい。

 

銀行カードローンの多重債務について!でした。

 

こちらに、ブラックリストが消えた後の住宅ローンの審査で気を付ける4選をご紹介しています。よければご覧ください。