仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

訪問販売営業がうまい人の特徴はたったの2パターン

訪問販売営業がうまいサラリーマン

 ぼくが何千人と出会った営業マンの中で、営業がうまい人の特徴をご紹介します。タイトルの通り2パターンしかありません。

 

 まず始めに、営業マンは話上手と思ってる人が非常に多い。

 

ぼくが新人社員に研修をするとき、「売上の良い営業マンてどんな人かわかる?」と聞くと、10人いれば8人は、話上手の人だと答えます。

 

結論から言うと、営業が上手い人とは聞き上手な人です

 

 それと、営業マンが100人いたとして、そのうちTOP10に入る営業マンの特徴は2パターンしかありません。

聞き上手な営業マン

営業マンはトークの技術を磨くことも必要ですが、一番にやらなければいけない事は、お客さんのニーズや不満をリサーチすることです。

 

例えば、あなたが大手家電店に行っていきなり「この商品どうですか?」とは言われませんよね?「何をお求めですか?」とか聞かれるはずです。

 

「4Kテレビを探してて、お手軽な値段のないですか?」

 

「では、こう言う商品がありまして」と、ここから商品説明に入ります。

 

それは訪問販売でも同じなんです。

 

今の不満だったり、商品に期待したい内容など、割合でいくと7:3くらいでお客さんに話してもらうことを意識して下さい。

 

お客さんがたくさん話してくれる=信用を得るとも考えられます。

 

営業の流れとしては、お客さんに気持ちよく話してもらい、その後に「当社の製品だと今の不満が解決します」と言う流れが1番ベストです。

  

聞き上手な営業マンは、お客さんからの情報を引きだすリサーチに徹底し、最終的に仲良くなるケースが多い。

 

誰だってどうせ買うならフィーリングのあう営業マンから買いたいですよね?

 

もう一つ例を挙げると、社内の営業ロープレは飛びぬけて上手いのに、売上をあげられない営業マン。

 

そんな人は、お客さんのリサーチが足りていないはずです。いくら商品説明が上手でも、聞いてばかりの時間は疲れてしまいますし内容が頭に入りません。

 

結果、お客さんからも「いい商品だと思うけど、少し考えたい」と言われ、チャンスを逃すはめになるんです。

 

一番を取りたい気持ちが強い営業マン

気持ちが強い営業マンは本当に強い、理屈ぬきに強いの一言。

 

特徴もなく毎日コツコツ仕事をこなしているけど、うちに秘めた気持ち。その気持ちとは、一番を取りたいと言う信念です。

 

8割以上の営業マンは、ある一定まで行くと満足をしてしまうケースが多いのも事実 

 

それと聞き上手でうまいなぁと思う営業マンより、気持ちが強い人のほうが成績では上回る場合がほとんどです。

 

結局はそういう人達がTOPになる世の中です。強いこだわりを持っていたり、高い目標をかかげていたり、気持ちが凄く強いんだと思います。

 

孫正義社長にしても何となく見た目から気合いが入ってますよね?自分は一番を取るんだと言うオーラがあります。

 

気持ちを強く持てるのも才能だということです。そして一般の人ではなかなか勝てない。

 

まとめ

 ぼくは営業職1本でやってきましたが、その中で売上のいい営業マンの特徴を2パターンにしてご紹介をさせて頂きました。

 

どっちのパターンがやりやすいかと言うと、おそらく聞き上手になることです。やりやすいと言うか出来やすいですね。

 

営業をやっているけど伸び悩んでいるとか、契約が取れないから辞めようかなと考えている人は、現状の自分はどうなのかを考えてみて下さい。

 

僕の経験上では、商品の説明をただしゃべってるだけ!こうなっている人が多いはずです。少しでも参考になればと思います。

 

こちらに、営業マンのサボりは注意が必要:必ず守るべき4カ条をご紹介しています。よければご覧ください。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。