カツオちゃん.COM

30代リーマンの仕事に関する考え方、お金、副業、海外サッカー、おすすめ商品などをご紹介します。

外国為替(FX)は自分との戦いです

FX

 

FXとは別名、自分との戦い

 

理由はのちのちご紹介をしようと思いますが、まずは僕の話に付き合ってください。

 

現状のぼくは、朝起きてスマホを開いて、ドルが上がっているのか下がっているのかを確認するのが日課

 

ただFXをやっているといっても口座に入れているお金は20万円。しかも、20万円全てを投資しているわけではなく、実際にドルを買っているのは4万~5万円くらい。

 

その理由はFXをやっている人はご存知だと思うけど、FXには証拠金維持率というのがあり、

 

その証拠金維持率が100%を下回ってしまうと、自動的に取り消しをされてしまう。すなわち損が確定してしまうわけです。

 

それが嫌で、ぼくは証拠金維持率を300%~400%になるようにしている。

 

それとFXをやっていると言っても、詳しいルールなどはわかっていない。適当にドルを買ってあがるのを待っているだけ。なので、遊び感覚で今後も勉強をする気もない。

 

しかし、そんな適当に売買をしているのにもかかわらず、2017年6月は17,000円プラスになった。

 

7月は現段階で12,000円さがっている。ただ下がっているといってもまだ決済をしてないので、損は確定してないわけです。

 

前置きはこのくらいにしておいて、表題の「FXは自分との戦い」といった理由にふれていきます。

 

どうしても損切りができない

 

 損切りとは別名ロスカットともいいます。

 

よは1ドルを100円で買って、99円まで下がったとする。そこで決済をすると損が確定するんだけど、損は損と見切って決済をしてしまうことです。

 

99円が100円に戻るまで待てば負けない!と思われるかもしれないけど、99円どころか95円もしくはもっと下がる可能性すらある。

 

FXの売買が下手でぼくのような人間は、そうやってズルズルと損を膨らませてしまう。

 

それに何より、FXは買って売って。もしくは売って買わないと利益がでない。

 

現状のぼくは112円でドルをかって111円まで下がってしまっている。損が確定するのが嫌なので、112円に戻るまでまつしかできない。

 

で、112.50円までさがったときに損切りをしておけばよかったと後から毎回思う。

 

何故、そんな簡単なことが毎回できないのだろうか?それは自分との戦いに毎回負けてしまうからです。

 

損切りをしないといけないのは、頭ではわかっているんだけど、損が嫌でできない。

 

5勝1敗

 

5勝1敗という勝率だけ見るとたいしたものだと思えるかもしれない。

 

ただしFXの場合は無理な数字ではない。極端な話、1円の利益がでた瞬間に決済をしてしまっても1勝には変わりがありませんから。

 

ぼくの問題点はまさにそうで、利益が1000円でも出るとあせって決済をしてしまう。その癖、5000円の損がでてもいつか上がるだろうと決済をしない。

 

5000円上がるという根拠も全くなくて、自分に言い訳を作っているだけです。

 

結果、利小損大になり、そしてそれの繰り返し。

 

問題点をまとめると

 

①ドルを買って利益は小さいけど下がると嫌だから決済をする

②ドルを買って少し損をした。いつか戻るから損切りはまとう

③ドルを買って一瞬でだいぶ下がった。でもいつか戻るからまとう

 

 これがぼくの現状。

 

改めてふりかえると、このやりかたでは、到底FXで資産を増やすのは不可能だと思う。

 

目指すべきは大きくかって、小さく負ける。これが理想

 

なので、もしFXで資産を増やしたいのであれば、

 

①ドルを買って目標とする利益のポイントを決める

②ドルを買って損切りをするポイントを決める

 

たったこれだけのことをするだけでいい。文章に書くだけだど全く難しく感じない。あとは僕の精神面の問題だけ。自分との戦い!!

 

最終的に!!

 

最終的にいうと、FXに関してはルールだけ決めて本気にならずにやろうと思う。

 

FXで勝ち続けることができる人は、数%と言われているらしく、ぼくがそのなかに入れる気が全くしない。

 

なによりFXの勉強をするとなってもやる気がでない。

 

なので、これからも適当に楽しくを目標に売買をしたいと思う。またFXは進展があればこのブログにて紹介をしたいと思います。

 

外国為替(FX)は自分との戦いでした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。