仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

仕事が嫌で脱サラをしてもほぼ成功しない4つの理由

脱サラを失敗した男性のイメージ

 

自由が欲しい、いまの仕事が嫌だから脱サラ!

 

こんな考えでは、ほとんどの確立で起業をしても成功しません。

 

ネットなんかで調べると、脱サラ起業で月収100万円超えとかってありますが、そんな人はごく一部です。

 

ほとんどの人が起業をして成功しない理由としては、資金ショート、事業計画がそもそも失敗!がほとんどですが、ぼくの周りでもそんな感じです。

 

ぼくはサラリーマン兼副業オーナーなので、事業を立ち上げた経験はあります。

 

仕事がいま嫌で脱サラをしたい!と言う方に参考になればと思います。

 

流行りに手を出す

ネットの情報を鵜呑みにしてしまい、流行りに手を出してしまう。

 

ネットの情報が全て嘘とは言いませんが、成功している人がいたとして、その人と全く同じ内容をやって成功するのかと言うと、それはないです。

 

誰かが成功しているとか儲かっているのは、その人だから成功しているだけであって、みな同じ成功を収めるわけがありません。

 

情報商材も同じで、購入したからと言って全員が儲けることができるのかと言うと、そうではなくて、

 

一番儲かるのは情報商材を作って販売する人

 

FCなども原理は同じです。

 

それに流行りに手を出すと、必ずと言っていいほど大企業が参入します。

 

街の書店がアマゾンに軒並みやられているのと同じで、大企業は中小企業を食い潰してなりたっているのですから。

 

まず起業をするさいには、自分は何が得意なのか?を理解してから始める業種を考えるべきです。

 

間違っても流行っているから自分もいけそうとは思わないで下さい。

 

好きな仕事ではない

自分の好きなこととは、言いかえれば特技ですよね。ぼくは特技を使ったビジネスをするべきだと考えます。

 

なので、好きで飯を食えないと言うセリフは間違いだと思っています。

 

好きなビジネスなのに儲からないのは、その人が所詮そこまでだったとしか言いようがありません。

 

また「ビジネスでも使える自分の特技は何ですか?」と聞かれて、パッと答えられる人ってなかなかいないと思います。

 

ただ単に流行りに手を出すのではなくて、自分の好きな特技とは何か?を突き止めて、その内容をビジネスにすれば良いのではないでしょうか?むしろするべきです。

 

本当に好きで自分の特技と胸を張って言えるくらいであれば、好きなことをしながらでも飯を食えますよ。

 

逆に好きではない仕事を選んでしまった時には、何かしらの壁にぶつかった時に乗り越える力を持てないでしょう。

 

経験上ですが、事業をするに当たり、大なり小なり壁にはぶち当たります。

 

人脈が全くない

脱サラをして失敗する人の共通点は、周りに理解者がいなくて1人ぼっちな人が多いことです。特に起業したてで1人での成功は難しい。

 

成功が難しい理由は、やることや考えることが多すぎて、物事を客観的に見れないからです。

 

そんな時にでも第3者目線でアドバイスをくれる人がいれば、成功をする確率は高まります。

 

言わばお客さん目線で考えてくれるので貴重な情報なのです。

 

脱サラするに当たり人脈がない人は、今からでも人脈作りに励みましょう。やろうと思えばセミナー、オフ会に参加したりとたくさんの場があります。

 

自分は人見知りだからでは何も始まりませんよ。

 

下準備不足

脱サラをするにあたり、成功の可能性が1%でも高くなるような手段があればやるべきです。「仕事が嫌だから今すぐ辞める」ではなく、サラリーマンのうちにできることはやりましょう。

 

下準備と言ってもたくさんあります。店舗営業の場合だとホームページを勉強して自分で作ってみるとか、本を読むなどです。

 

HPにしよ今は自分で作れる時代。ワードプレスのような無料のシステムでもいいし、ホームページビルダーなどを3万円くらいで買って勉強すべき。

 

受験勉強でもいきなり本番に挑まないのと同じで、脱サラも下準備をすればするほど成功率は高くなります。

 

やってみてイレギュラーな出来事も起こりますが、それはその状況になった時に考えればいいのです。下準備はやれる範囲でOK

 

ぼくの周りでも、脱サラをする前に下準備をするかしないかで成功するしないに分かれています。

 

休日に人と会ったりサイトを作ったりコツコツやっている人は成功し、逆に勢いだけで始める人は100%と言っていいほど失敗して、閉店または倒産をしています。

 

 副業から始めてみれば?

脱サラをして失敗するほとんどの理由は資金ショートです。その他では安易な考えで流行りに手を出した、自分が得意ではないビジネス、人脈がない、下準備不足が上げられます。

 

しかし、それらの原因のほとんどが改善できます。

 

それは副業として始めることです。

 

最悪、副業であれば生活費はサラリーマンでの稼ぎでまかなえます。食えないといった切羽つまるケースはないでしょう。

 

※もちろん副業として出来る出来ない業種とがあります。

 

1日2時間でも副業に時間を費やせれば年間約720時間です。それだけの時間があればたくさんのアイデアが生まれたり、成功する道しるべが見えたりします。

 

もちろんやってみないことにはわからない事もありますが、それはその時でいいんじゃないですか。

 

脱サラをするかしないかでグダグダ時間をかけるのは無駄ですが、やる内容を決めて目標に向かって副業を始めるのは良いことです。

 

ネット上で「独立するなら今すぐやれ」とか「サラリーマンでは起業家の考えはわからない」と言う意見もありますが、

 

ネットの情報はどこまでが本当かもわかりませんし、確率だけで考えると、勢いだけでやるより下準備として副業から始めるほうが成功率は高いに決まってます。

 

どうせ脱サラをするのなら全員が成功したいはず。それであれば副業として始めるのは有効ですよ。ぼくはそうやっています。

 

最後に!!

ある記事によると、起業をして1年後の生存率は40%、5年後で考えると15%しか生き残れないようです。

 

それだけ起業は難しいのです。ただ単に「仕事が嫌で」では成功しないとわかってもらえたでしょうか?

 

成功をすれば時間も縛られずに、雇われではもらえないような報酬を手にする人もいますが、そうなるには、いかに成功率を高めるかが肝になります。

 

ぼくも明確な時期はありませんが、ゆくゆくは脱サラをします。おそらく食っては間違いなくいけます。

 

理由は副業でそれなりに利益が出ているから。それはご紹介をさせて頂いた内容に今も取り組んでいるからです。

 

参考になる内容があれば使って下さい。

 

仕事が嫌で脱サラをしてもほぼ成功しない4つの理由でした。

 

こちらに。成功者の本(ビジネス書)を読んでも失敗するたった1つの理由をご紹介しています。よければご覧ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。