仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

何でこんなにお金を使うの?:金銭感覚がおかしな人の特徴

金銭感覚がおかしく、洋服にたくさんのお金をかける男性

こんにちはカツオちゃんです。

 

みなさんの周りには、稼ぎは自分と変わらないのに、凄くお金を使う人いませんか?

 

月収が20万~30万円くらいなのに、給料日のすぐあとは一晩で10万円くらい使ったり、人におごったりとか。

 

しかし、経験上、その生活は続かないので何処かでお金に切羽つまります。

 

「この人めっちゃお金使うなぁ」と言う人の特徴を考えてみました。

キャッシングを自分の口座と勘違いしてる

自分の口座のようにATMでキャッシングをします。もちろんキャッシングは自分のお金ではありません。借金です。

 

翌月払いのキャッシングをすることで、天からお金が舞い降りた気分になるのです。やりすぎると翌月に地獄を見るのに。

 

僕も経験済みですがキャッシングほど怖い借金はありません。ATMで気軽に借りれるのと、金利が高く借金が減らないのです。

 

キャッシングの年率が18%だとすると、総額50万円借りたとして、毎月の金利が約7,500円になります。「こんな金利はたいしたことない」と言う人は借金街道まっしぐらです。そうやって50万から100万。100万から200万と膨れ上がるのです。200万も膨らむと金利だけで毎月約3万円です。

 

お金を貯めるのは難しいけど、借金するのは簡単なのです、浪費をすればいいだけですから。

 

キャッシングをすれば金銭感覚がマヒするのは当然なのです。

お酒に酔うと気が大きくなる

酔って2件目3件目と繰り出す人。それに夜の店が大好き。

 

そんな人からすると、酔っぱらってのキャバクラは天国。それはそうです、ホステスはお金をもらう代わりに相手を喜ばそうと接客をします。キレイなお姉ちゃんに「よいしょよいしょ」されて嫌な気がする男性なんていません。

 

夜の店に繰り出すと、10万円くらいあっと言うまです。残るものは「今日はお金をめっちゃ使ってしまったなぁ」と言う気持ちだけです。

 

次から辞めようと思っても、楽しかった思い出は消えないのでまた同じことを繰り返してしまう。

 

普段では、10万円は大金だと認識ができるのですが、酒に酔うと気が大きくなり、後先考えずに使ってしまうタイプ。

見栄っ張り

お金がないのに誘われると断らない人。それなのに会計は多目に出そうとします。

 

そんな人は、普段から「お金がない」とは言いません。お金がない=カッコ悪いと思っているからです。

 

それに、お金がなくても服にはこだわります。僕の知人でエドウィンのバーゲンで10万くらい使ったと言う人がいます。ジーパンで10万?エドウィンでそれだけ使うほうが難しくないか?と思いましたが、どうやら本当のようです。それと服を買うときには値段を見ないらしい。どこかの金持ち芸能人のようです。

 

見栄をはるのが悪いとは思いません。しかし、過度にお金を使って見栄をはったところで、どこかで化けの皮がはがれるに違いありません。

まとめ

金銭感覚がおかしい人の3つの特徴は、

①自分の口座のようにキャッシングを使う

②お酒に酔うと気が大きくなる

③見栄っ張り

これらがあげられます。

 

借金まみれになって残るものは「楽しかった」と言う寂しい思い出だけです。そうならないように、みなさんは気を付けて下さい。

 

何でこんなにお金を使の? 金銭感覚がおかしい人の3つの特徴でした。最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

こちらもよければどうぞ!!

www.katsuochan.com