あえてサラリーマンを応援!

20代30代の働くサラリーマンの悩みを解決!がメインのサイト

休日ひとりぼっちの過ごし方!5時間は潰せるので社会人のかた必見

休日にひとりぼっちな男性

 

休日に寝てばかりでもいいですが、やっぱりせっかくの休日は楽しみたいもの。

 

ただ問題は「1人」という点、誰かとであれば選択肢も増えますが、一人だとどうしても出来る幅が決められてしまう。

 

そこで、けっこう1人ぼっちな時間が多かったぼくが、オススメできる休日の過ごし方をご紹介したいと思います。ご紹介する内容は実際にぼくが全てやったものです。各項目にぼくがオススメする作品も一緒に掲載しておきます。

 

地味な内容もありますが、使えるものがあれば、騙されたと思って一度試してみてください。そして休日をより良いものにしましょう。ではっ!!!

 

 

映画視聴をする

一番のオススメなのが映画視聴です。

 

そこで、あまり映画に興味がない人でも絶対に楽しめる作品をご紹介します。それと、もともと僕も映画を見るタイプではありませんでした。数年前まで、最後にみた映画がタイタニックとかそんなレベル

 

しかし最近の映画はCGがすごく、ビルが壊されるシーンなどは、実物が映されているんじゃないのか?と錯覚をさせられるくらいの迫力です。見て絶対に損はありませんし、映画1本みて2時間は潰せます。

 

では、ぼくが映画にはまって、数あるなかからオススメ作品をご紹介!!

 

また、映画視聴はAmazonプライム・ビデオがおすすめ。年会費3,900円(税込)と30日間無料体験もあり。

 

Amazonプライム・ビデオ公式サイト

↓ ↓ ↓

 

今からご紹介をする映画は、全作品、感動ものです。

 

 

知っている人も多いと思いますが、オールウェイズ三丁目の夕日

 

普通に感動、笑いあり。普段、洋画ばかり見る僕でもこの作品は最高の1つだと思っています。これで泣かなかったら人間ではない!!また3部作なので、全部見ようと思ったら7時間つぶせます。

 

オールウェイズを見た感想としては、人間っていいもんだな!が素直な感想。是非まだのかたは見て欲しい作品です。

 

 

この映画も感動する作品。ボクシング世界王者の主人公が、人生絶好調時に奥さんを殺され、自暴自棄になり、小さな娘も施設にあずけられ絶望しボクシングを辞めてしまうシーンから始まる。

 

ストーリーは主人公が娘とまた暮らすためにボクシングを始め、奥さんを間接的に殺した王者をリングで打ちのめす。ラストシーンは誰でも泣く!これは間違いなし。ぼくはこの作品を10回ほど見ています。

 

 

人間が操作をするロボットのボクシング映画。親子の絆が描かれている作品。

 

ぼくは会社の何人にもこの映画をオススメしていますが、「感動しなかった!」と言う人と出会ったことがありません。

 

良い映画はまだまだありますが、長くなるので特にオススメできる3作品だけにしておきます。

 

簡単にできる小遣い稼ぎをする

寝て1日過ごすのではもったいないので、簡単でさらに気軽にできる小遣い稼ぎをしてみましょう。

 

オススメはセルフバックです。一度だけしか使えませんが、数時間の作業で5万円~10万円ほど稼げます。その稼いだお金で欲しかった物を買えばいい!!

 

「セルフバックとは?」というかたには、下記の関連記事に記載をしていますので、よければご覧ください。

 

セルフバックはPC1台あれば誰でもできるので、めっちゃオススメ、ちなみに僕は7万円くらいを1日の作業で稼ぎました。そしてそのお金で任天堂スイッチを買ったのです。

 

休日で暇といってもお金を使いたくないかたは、小遣い稼ぎをしましょう。

 

 

久しぶりにゲームでもやってみる(モンハン) 

モンハン

 

社会人になると子供のころのようにゲームへの関心が低くなる人も多いと思います。ちなみに僕もそうでした。

 

しかし、これまた久しぶりにやると意外に面白い。 

 

ゲーム機本体とソフトを買うお金が必要にはなりますが、それでもそれなりに社会人になっても楽しめる。

 

最近のソフトの面白い点は、ネット通信ができるところ。なので、インターネット通信を使って他人と遊べるソフトをオススメします。子供のころに友達の家に集まり、ワイワイとゲームをしていた時間に戻れますよ。

 

モンスターハンターは、ネット通信で4人集まって敵を狩りにいくゲーム。もちろん1人でプレイも可能です。ぼくも一時かなりハマっていて、毎日朝方の3時くらいまで遊んでました。なので、オススメです。

 

マンガ一気読み (キングダム)

キングダム

 

何だかんだと、マンガは社会人になってからでも面白い。

 

もし、この記事でキングダムを読んでいない人がいれば、とりあえずでも5巻くらいまで買ってよんで下さい。マジで面白いしハマル。また歴史に興味がない人でも全然読める内容です。

 

マンガを買うのが勿体ないと感じる人は、近くにTSUTAYAやゲオがあれば、レンタルで借りるのもいいかもしれませんね。

 

Amazonプライム・ビデオでもアニメ版キングダムが視聴できます。無料期間があるのでお試しにどうぞ!!

 

 

読書をする(嫌われる勇気) 

自分のためになる本を読んで仕事に生かす。

 

活字が嫌いと言わず、一度読んでみて下さい。ぼくも元々は大人になるまで、マンガばかり読んで活字が大っきらいでした。

 

なぜいきなり読むようになったのかと言うと、興味本位でブックオフで買った小説がめちゃくちゃ面白かったのがきっかけ。東野圭吾の容疑者Xという小説です。

 

本は小説でなくても、ビジネスに生かせる本もたくさんあります。また、本を読むことで必ず知識も増えるので、コミュニケーションにも役立つ。

 

本を読む習慣がない人は、まずは200ページ程度の読みやすいものが良いかと。それでも2時間程度は時間を潰せますよ。

 

オススメの本を1つご紹介します。有名な本なのでご存じのかたも多いと思いますが"嫌われる勇気"

 

内容はアドラー心理学を少年と学者の会話式にした本で、スラスラと読める内容となっております。他人の目を気にする必要はない、人生は競争ではないなど、普段多くのかたが気にしている項目について常識を覆してくれる本です。

 

 

 

実家に帰る 

しょっちゅう実家に帰っている人には、使える項目ではありませんが、久しぶりに実家に帰るのはいいものです。

 

たまにはお父さん、お母さんにごちそうでもしてあげて下さい。

 

ぼくも正直なところ、実家に帰るのは面倒臭いが先行し、普段はあまり帰りません。しかし、どうしても暇でやることがなくて一度実家に帰ったとき、なんと言うか親が嬉しそうでした。

 

大人になっても僕たちの親からすると、僕たちはいつまでたっても子供なんだなと感じた瞬間。

 

ジムにいって運動してみる 

ジムは純粋に自分のためにもなりますね。

 

1人ジムは抵抗がある人も多いですが、いざ行ってみると似たような人たちもたくさんいます。なので周りを気にする必要なんかありません。

 

もしジムに抵抗がどうしてもあるのであれば、近くに市民体育館などがあれば、そこにいって室内プールとかオススメ。

 

ぼくも1人プールにたまにいきますが、2時間くらいずっと泳ぎっぱなしであっと言う間に時間が過ぎます。

 

普段運動をしないせいか肩のあたりが毎回筋肉痛になりますが、終わったあとの充実感はスガスガしいもの。

 

運動はストレス発散にもなるので、働く大人は、たまにでも運動をしたほうがいいですよ。

 

1人でお酒を飲む 

飲みすぎは注意ですが、一人でたまに飲むのもいいもの。

 

ぼくは休日ひとりぼっちでどうしても暇なとき、昼間から飲んでベロンベロンになってましたが、ぼくのように飲みすぎなければ酒はストレス解消にもなりますし、暇つぶしにもってこい。

 

缶ビール、缶中ハイを買うのではなくて、スーパーで原液をかってお酒を作るのも面白いですよ。

 

ブログを書いてみる

ブログ

 

地味な作業ですが、現代は誰でもブログが書ける時代です。

 

このサイトもそうですが、ぼくがブログを書くのを始めたきっかけは、「出張中の暇な時間を潰したい!」から始まりました。

 

今では、当初と比べると見て頂いているかたも増え、また小遣い程度には稼げています。

 

それにブログといっても難しいWEBの知識などは必要ありません。始めこそ苦戦をするかもしれませんが、慣れさえすれば簡単です。

 

暇な時間を潰す!そして人のためになる記事を書ければ一石二鳥ではありませんか。

 

 

1人で日帰り旅行をする

泊まりでなくても日帰りで行く旅行は「最高!!」旅行といっても電車で行ける範囲の温泉とかでいいんです。

 

1人でいく旅行も案外、思い出には残るもの。

 

ぼくは車で隣の県の温泉に行きましたが、普段しないだろう行動をするだけでも楽しいものです。

 

ぼくの周りでも「1人旅行に行ってみたい」という人は多い。しかし、そんな人でもいかないのは単純に一歩が出ないだけ。

 

独身で暇をもてあましている人は、家族ができるとなかなか1人旅行には行きにくくなるので、今のうちに行くのを僕は是非オススメしたい。

 

いかがでしたでしょうか?10個の項目にわけてご紹介をさせて頂きましたが、使えるものがあれば使ってみて下さい。

 

あなたの休日が良い日になるように願っています。では、以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございます。