あえてサラリーマンを応援!

20代30代の働くサラリーマンの悩みを解決!がメインのサイト

会社の飲み会が苦手な人は、何となく周りは敵だらけと思ってない?

飲み会が苦手な女性

会社の飲み会に行きたくなくて憂鬱。できれば早く始まってさっさと終わって欲しい!

 

人によっては会社の飲み会って地獄ですよね?強制参加で断れなかったりするし。そんなのって馬鹿げてますよね。

 

 でも何で飲み会が嫌いなになってしまったのでしょうか?

 

答えは周りの目が気になり、自分は会話のなかに入ってはいけない。もしくは入る自信がないからでしょう。お酒自体が嫌いと言うのもあります。

 

そんな人に飲み会が少しでも楽になる方法をご紹介しますね。

 

はじめに少し本音を言いましょう。 

今、あなたが会社の飲み会が苦手だと感じているのであれば、悩みの大半は対人関係からくるものだと思う。

 

てっとり早く言うと、苦手な人がいるでしょう?その人のことが気になったり。

 

しかしですね、飲み会の良くも悪くもいいところはお酒が入り、多少みんな気分が良くなるんです。

 

そんな空間でいちいちアナタのことなんか誰も気にしてません!!なので、周りの目を気にする必要なんかありません。

 

もし苦手だなと感じる人が酒を飲まない人だったとしても同じ。空間は同じなのですから。

 

一番は飲み会を楽しむですが、それが難しければ最低、人の目を気にせず気の知れた仲間の隣で飲めばいいんです。

 

気の知れた仲間が近くにいなければ、自分から進んで周りにでも話しかけるとか、自分から行動するのも必要ですよ。

 

うざい上司のことは褒めたおす

酒が入ってヒートアップしてしまい、説教をしがちな上司もなかにはいると思います。

 

典型的なうざい上司ですね!

 

そんな上司の心理としては、どれだけ偉そうなことを言っても部下に慕われたいと思っている人がほとんど。

 

矛盾しているように聞こえますが、実際そうで、部下から好んで嫌われたい上司なんていませんから。なのに、説教をしてしまう。

 

理由は簡単で、酒が入って語りたいんです。自分の話を!!俺の話を聞いて、俺の話を聞いて状態。

 

もし、そんな場面になれば、「はい、はい」と聞くだけではなくて、お世辞でもいいので褒め倒してやって下さい。

 

例えば、「やっぱり〇〇部長って凄いんですね」とか、何でもOK。

 

おそらく上司はニヤニヤして気持ち悪い顔になりますよ。そうなれば説教じみた話はされなくなります。これはぼくの経験談です。

 

 二次会を断る勇気をもとう

二次会を断る勇気をもつ

 飲み会の最中で次の心配事は、二次会があるのかないのかだと思う。

 

やっと飲み会が終わったのに上司から、「次みんなでカラオケに行こうか」なんて言われたら最悪ですよね。

 

しかし現状、飲み会が嫌だなと悩んでいる人は、圧倒的に断る勇気が足りない。二次会は行きたくなければ拒否すればいい。

 

拒否した結果、もしかすると「仕事やぞ!!」とバカなセリフを言う上司もいるかもしれませんが、「すみません」とだけ言ってさっと家に帰りましょう。

 

この方法は無理だろ!と言う人もいますが、ぼくは実行をし、そこから飲みの誘いの頻度が下がりました。

 

ぼくの中でわかったのは、1回目の断りを入れるときは勇気が必要ですが、2回目以降は何てことありません。

 

むしろ上司は、僕を誘ってもこないと思うようになります。

 

怖いのは1回目の断りの時だけ、勇気を持ちましょう。

 

飲み会が強制参加の時代ではない

 今のご時世、会社の行事は全員参加とかはもう古い。

 

10数年前とかであれば就職先がない時代だったので、会社の社風にあわない人は辞めてもらって次、採用すればいい時代だった。

 

しかし、いまは完全に人手不足です。最低限の人数確保ですらできずに悩んでいる会社も多い。

 

そんな状態なのに、社員に無理やり飲み会、パワハラをするような会社はバカとしかいいようがありません。

 

会社だってそんなことわかってるんです。しかし、時代に乗り遅れた人が「昔は自分も飲み会を我慢してた」だの言う。

 

 そんな時は、こころのなかで叫びましょう。

 

「昔と今はちがうんだよ!」と

 

そう思えれば少しでも断る勇気がもてると思いますよ。

 

強制参加は古い!!会社の飲み会に行かない人の5つ理由をこちらでご紹介しています。

 

何かしゃべらなければ!!は考えなくていい

飲み会が苦手な人は、世間でいうコミュニケーションが下手な人だと思う。実際にぼくもそうです。

 

そんな人に限って、間違ったことを言ったらどうしようとか、何かネタを探さなければとか考える。

 

飲み会ではその考え自体が間違い。先ほども言いましたが誰もあなたのことなんて見てませんし、特別気にもしてません。

 

そうやって他人の目を気にするから周りが敵だらけに見えてしまうのです。

 

ではどうすればいいのか?

 

簡単です。

 

コミュニケーションが下手な人は聞き手に周りましょう。話を聞いて適当に相槌をうてばいい。 

 

酔っぱらいは基本、おしゃべきが好き。その相手をしてあげればいいのです。需要と供給のバランスが取れているではないですか。

 

飲み会は必ずしも無駄とは限らない

飲み会は無駄とは限らない

さんざん飲み会は嫌だったら断れ、二次会も同様にいいましたが、ひとくくりに飲み会が無駄とは言えません。

 

普段接する機会が少ない人との親睦を深めたり、明日から仕事を頑張ろう!と思える飲み会だと意味がありますよね。

 

確かに飲み会が苦手だと言う人は、環境的にも恵まれていなかったり、嫌な上司がいたりするかもしれません。

 

しかし、飲み会はよくも悪くも酔っぱらいの集まりです。一度、自分もその酔っぱらいの領域に入りこむと以外に楽しかったりするかもしれませんよ。

 

お酒がダメなのであれば、料理だけでも楽しむ!でもいいと思います。

 

それでもどうしても飲み会は嫌いだ!!という人は、ぼくがしたように断る勇気を持ちましょう。

 

会社の飲み会が苦手な人は、何となく周りは敵だらけと思ってない?でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。