あえてサラリーマンを応援!

20代30代の働くサラリーマンの悩みを解決!がメインのサイト

勉強が出来ないから将来は暗い、仕事ができないは間違い

勉強ができない

 

これからご紹介をする内容は、「勉強ができなくても将来には何の影響もない」といった記事ではありません。

 

勉強はできたに越したことはありませんから。

 

ただし、勉強ができないからといって「将来は暗い、仕事もできない」と思う必要はないっていいたいのです。

 

勉強ができるできないより大事なことがある。そんな内容をご紹介したいと思います。

 

ここでの記事では、勉強ができるは難関大学出身者。勉強ができないは、ただ単に頑張ったけど成果がでなかった、もしくは勉強じたいをしなかった人とします。

 

ちなみに僕も20歳ごろまで勉強ができない自分に自信がなく、将来に不安を感じていた人間の1人です。

 

今から社会人だという方へ、とくに参考になればと思います。

 

 

将来の分かれ道は目の前のことを精一杯できるのかが肝になる 

高学歴のほうが仕事の幅が広がるのは確かです。高卒のぼくが弁護士になるといっても無理な話ですし。

 

しかし、勉強ができないと、勉強をしなかったでは全然が意味が違います。

 

「勉強は努力をしたけど結果がともなわなかった!」は別に気にする必要はありません。

 

理由は学生の仕事である勉強を必死に取り組んだのは、将来の自信につながるから。

 

大人になると学生では比べ物にならないくらいの壁にぶつかる瞬間があります。そんなときに「必死に目の前のことに集中できる」は、学歴以上に大切なスキルです。

 

何ごとでも結果はたしかに大事ですが、過程ありきの結果ですから、努力を続けることができるのは才能。

 

逆に勉強をしてなかったから将来が心配だという人は、今のところ自業自得であり、これからは目の前のことに必死になれる努力をすればいいでしょう。

 

高学歴でもコミュニケーション能力と柔軟さがないと使えない 

ぼくの会社でも東大出身などの高学歴社員がいますが、高学歴だからといって必ずしも仕事ができるとは限りません。

 

確かに難関大学に合格をするくらいなので、頭はいいのだろうし、それなりに努力をしてきた人でしょう。

 

しかし、大事なのはコミュニケーション能力と柔軟さです。

 

例えば新人社員なのに仕事を選んだり、目の前の仕事に集中できなかったりすると話にならない。

 

それと僕の経験上、高学歴で低学歴な人をこころの中で見下すような人間は、転職をくりかえしたり、職場でも仲間ができなかったりし、明るい将来がまっているとは思えない。

 

プライドだけ高い社員には絶対になるな

20170701222133

 

目の前のことを必死にできる人間になれ!と僕はいい続けましたが、あと1つ、プライドだけ高い勘違い社員にだけは絶対にならないようにしましょうと言いたい。

 

必ずといっていいほど将来も仕事もうまくいかないから。

 

わかりやすい例でいうと、意識高い系とよばれる人たち。

 

口では偉そうなことをいうけれど、行動にうつせない非常に残念な人たち。

 

勉強ができるできないは過去の話であって、現状では関係ありません。大事なのは今どうなのか?です。

 

バカが過去にしがみついて屁理屈こいても何も生まれませんから。

 

勉強ができないことのでのデメリット 

少し勉強ができないことでのデメリットのお話もしたいと思います。

 

ぼくは社員300名ほどの会社に勤め、面接官をやったりもしています。

 

で、やはり履歴書をみて難関大学出身者だと「おっ!!」と思えるのと、最終学歴が中卒のかたたちだと、「中卒か~」と思うのも事実です。

 

それは勉強を必死に頑張ってきた人たちの対価で、勉強ができない、しなかった人たちと比べると大きな差があるでしょう。

 

印象という意味では、勉強ができないのは大きなハンデをともなう。

 

しかし、勉強ができないを補えるものがあればいいだけ。

 

勉強ができないなら、勉強ができなくても上手く行っている人のマネをすればいいだけ 

20170701222134

 

勉強ができなくて現在、自信をもてないひとは、勉強ができなくてもプライベート、仕事もうまくいっている人のマネをしましょう。

 

真似とは参考にするって意味ですよ。

 

うまくいっている人とは、身の周りにそんな人がいればいいですけど、いない人は、ご自身で検索でしらべて下さい。

 

「低学歴 成功者」とかで検索をするとヒットするはず。

 

何ごとも自分でしらべるのは大切です。あと、正直名前をさがすのも面倒くさい・・・スミマセン

 

それとぼくも上手くいっている人のマネをした結果、高卒ですが、会社ではそれなりの立場、プライベートもまあまあ上手くいっているほうです。

 

ぼくは自分で物事をかんがえたり、新しいことを作りだしたりするのが苦手なのですが、素直さと目の前のことを必死にとりくむことが出来た結果だと思っています。

 

勉強は必死にがんばっても結果がでないと評価をされませんが、仕事の場合は頑張っている人間をみてくれる人がいて、そこからチャンスになる場面もある。

 

勉強ができないひとは、素直、コツコツと目の前のことに必死になれるを武器に努力をすれば必ずむくわれますよ。

 

 最後に一言、

 

勉強ができないを理由に、将来の不安をかんじることができている時点で、危機感をさっちできる能力はあり、また努力ができる人間のはず。

 

将来、仕事、プライベートもうまくいかない人は、危機感すら持てませんし、持とうともしない。だから、行動すらできないのです。

 

なので、勉強ができないから将来が暗い、仕事ができないは間違い。

 

以上です。

 

こちらに、自分は自分でいいじゃないか!他人と自分を比べてどうするの?をご紹介しています。よければご覧ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。