カツオちゃん.COM

30代リーマンの仕事に関する考え方、お金、副業、海外サッカー、おすすめ商品などをご紹介します。

お金をコツコツ貯めている人はすぐわかる!4つの特徴

お金をコツコツ貯めている人の特徴

 

お金をコツコツ貯めて、地に足がついている人って素晴らしいですね。

 

世の中には年収1000万円でも貯金が0円の人もいれば、年収400万円でも貯金が1000万円以上もっている人といます。

 

いったい何が違うのでしょうか?

 

僕自身、答えを知るべく貯金をしている人の特徴を検証してみました。

 

貯金と言われても「いくらから貯金があればいいの?」となりますので、30歳代で貯金額は1000万以上ある人に絞ります。

 

貯金額を他人に言わない

貯金をしているとは言いますが、毎月いくら貯金をして、今これだけあるって言うリアルな話は嫌がる。

 

ただ単にリアルな金額を言いたくないだけでしょう

 

大きなお金を持っているのを知られると、どこかお店にでも行ったときに、冗談でも「この会計、お金持ってるから出してよ」とか言われるでしょうし。

 

その反面、毎月計画的に貯金ができない人に限って「毎月10万円貯めてる」とか言う。

 

10万円貯めると言う台詞も10万コツコツ貯めるのではなく、目標みたいに言います。

 

コツコツ貯めれる人が他人に言わないのは、ただ単に金額を知られたくないのと、「お金もってるな」と思われるのが嫌なためです。

 

たまに大きな買い物をする

普段のランチは周りに関係なく弁当持参ですましたり、コーヒーやジュースもなるべく買わなかったりします。

 

でも、自分が必要と感じる物や趣味などにはおしみなくお金を使う。

 

ぼくの周りでも、友達でドケチな人がいます。

 

その友人、普段は全くお金を使いたがらないのですが、年に1回の海外旅行とバイクが趣味で毎年乗り換える人です。

 

それもローンは大っ嫌いな性格なので一括購入。

 

ぼくの友人は、定型的なケチでたまに大きな買い物をする人間です。

 

年収3000万以上の人でも普段は節約家が多いです、必要であれば、コンビニの100円の商品でも我慢します。

 

必要な物そうでない物の区別がはっきりしていて、金額問わずお金を大切にしている証拠ですね。

 

お金に関してはムリをしない

貯金ができる人は、お金がないときは、はっきり「今、お金がない」と言います。

 

逆に全く貯金がない人に限って、お金の有無関係なしに誘いがあれば行ってしまう人が多い。

 

結局、お金にたいしてムリをすると一生貯まらない、逆に借金さえできてしまいます。

 

コツコツ貯めている人は、自分自信の管理がうまくこれは使ってもいい、これは使うべきではないと頭で区別ができるのです。

 

それと見栄もはらない!!

 

お金を貯めるにあたって見栄は最強の敵です。「今日は自分が金だす」とか、また一回それを言ってしまうと周りからも「あいつはお金もってる」と思われ、今後もお金を出さざる負えな状況を自ら作ってしまうでしょう。

 

お金を貯めには、無理をしない、見栄をはらないが鉄則ですね。

 

お金を使わなくても楽しめる

お金を貯められる人は、お金を使わなくても楽しめる技術を持ち合わせています。

 

何より、節約もその楽しみの一つだったりする。

 

ぼくの友達の一人も言ってました、「節約をして楽しめる旅行が一番楽しい旅行」と。

 

逆にお金を貯められない人は、お金がなければ遊びも楽しめないと言う。

 

最低限お金は必要ですし、お金があれば遊びの幅が広まるのは確かです、しかし、お金がなければ楽しめないと言うのは間違い。

 

そんなに稼ぎがない人でも、人生を楽しんでいる人はいます。趣味を見つけたり、コツコツ貯めて海外旅行に行ったり。

 

お金を貯められる人は、お金がなくても楽しめるので、ある意味、得な性格とも言えますね。

 

まとめ

年収400万で貯金が1000万、年収1000万あるけど貯金は100万円もない。

 

実際にどちらがお金をもっていると言われると、年収400万の人ですよね?

 

継続が力なりと言いますが、毎月30,000円でも年に360,000円、10年たつと3,600,000円溜まり十分大金です。

 

あなたの周りの友人も質素な生活をしているけど、1000万の貯金を持っているかもしれませんよ。

 

こちらに、ブラックリストが消えた後の住宅ローンの審査で気を付ける4選をご紹介しています。よければご覧ください。

www.katsuochan.com

お金をコツコツ貯めている人はすぐわかる!4つの特徴でした。最後までお読み頂きありがとうございました。