あえてサラリーマンを応援!

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

仕事を辞めたい、これって甘えなのか?実際の話

仕事を辞めたい男性

 

仕事が辛い、しんどい、でも自分の甘えだから辞めてはいけない。こんな風に考えていませんか?

 

責任感からそう思えるのは、素晴らしいことですが、考えすぎは要注意です。

 

さて、始めに厳しいセリフを言っておくと、どれだけアナタが悩もうがアナタ1人いなくても会社は周りますし潰れません。

 

なので、結論としては、真剣に辞めたいのであれば辞める!ぎゃくに辞めたい理由が面倒臭いからみたいな理由だと頑張る!そんな実際の話をしたいと思います。

 

また、この記事をご覧いただいている方が、少しでもポジティブに考えて頂けるようになれば幸いです。

 

 

こんな理由は甘えじゃない! 

20171104225714

 

自分が仕事を辞めたい理由まではっきりと理解をしているのに、今の自分は甘え?と悩んでいる人が多いようなので、ぼくが変わりに答えていこうと思います。

 

ただ、その前に!!

 

それは、アナタが体を壊してドクターストップがかかるような状態になったとしても、会社は守ってくれません。自分を守れるのは自分だけ。

 

また一番大切なのは仕事ではなくて自分の体です。その点だけは理解しておいて先におすすみ下さい。

 

人間関係が原因で辞めたい 

世の中、どうしても意地の悪い上司や後輩は存在する。またぼくの経験上、嫌な上司ほど組織での立場がうえの人だったりする。

 

今悩んでいるアナタが、誰との関係で仕事を辞めたいと考えているのかは、僕にはわかりません。

 

ただ1つ言えるのは、人間関係で辞めたいと思うのは、仕事を辞める1つの理由として成り立つということです。甘えではありません。

 

そもそも、ぼくの持論として、甘えなのかどうかを他人に相談、もしくは検索で「仕事を辞めたい 甘え」などのキーワードで調べている人は、責任感のある人。言いかえると、責任感があるから何とかしたい!と思える人たち。

 

仮に責任感が薄い人であれば、もうこの時点ですでに仕事を辞めていると思います。

 

職場の人間関係なんてすぐにでも切れる関係。辞めて連絡を取らなければいいだけなのですから。

 

そんな人のために悩んでするのは勿体ないと思いませんか?

 

働きすぎで疲れた 

働き過ぎている時点で、低賃金労働からいつまでたっても抜け出せません。

 

なので、ここでのポイントとしては、「労働時間と給料が見合っているのかどうか?」です。

 

ないとは思いますが、仮に高所得者と呼ばれ始める、年収800万円くらいの給料がもらえているのであれば、疲れ過ぎてという理由で辞めるのは勿体ない話だとは思いますが、それでも一番大事なのは体という資本。

 

元気な体なくして稼ぐのは難しい話です。

 

また疲れ過ぎてというのはボーダーラインが人によって違う。8時間労働でしんどいと感じる人がいれば、12時間働いてもしんどくないと言う人がいます。

 

今のアナタがしんどいと感じるのは、それは体が警告を鳴らしている証拠。「このまま働けばいつか倒れるよ」と言っているようなものだと思えばいいのです。

 

仕事内容が苦痛 

仕事とはどうしても向き不向きがあり、そして自分では向いている仕事と向いてない仕事が意外にわからないもの。

 

ぼくが会社で営業マンの面接をしていると、明らかに「営業に向いてないぞ!」という応募者も面接にこられます。

 

なので、今アナタが仕事内容で苦痛を感じているのは、その仕事が向いていない可能性が大いにあると言うこと。

 

ここでのポイントとしては、今の仕事で5年後10年後に成長できている想像がつくのか?です。

 

自分に向いてない仕事は、何となくでも続けることで、それなりにはなるかもしれませんが、その先は見えません。だったら自分の好きな仕事を見つけるほうが人生も充実する。

 

正当に評価をされない 

アナタが考える評価が正しければ、それは他社にいっても評価をされるし、逆に勘違いであれば、他社にうつっても評価をされない。

 

仕事のできる人間を正当に評価ができないような会社は、いずれ先が見えているでしょうし、アナタの成長にも関わる。

 

だったら正当な評価をされ、責任のある仕事を任されるほうがアナタのためにもなるでしょう。

 

ただ僕であれば、辞めるまえに一度評価をしてもらえない理由を聞きます。その結果で判断をするのでも遅くはないと思いますよ。

 

他に興味のある仕事が見つかった 

好きな仕事が見つかるほど幸せな人生はありません。もちろん働く条件にもよるでしょうが、仕事を辞める正当な理由です。

 

ただし興味がある仕事だから楽ができる、苦痛を感じないと考えるのは間違い。

 

興味があろうがなかろうが、仕事である以上、大なり小なり苦痛はともなうもの。

 

いい例が、趣味を仕事にした瞬間に楽しくなくなったと言われるケースです。

 

その点を考慮して、職業にすべきかどうかを決めるべき。

 

仕事が向いていない 

他人から「おまえ、あなたはこの仕事に向いてない」と言われるのであれば、今の仕事が本当に向いてないのかもしれません。

  

現実問題、向き不向きな仕事はあるので、向いてない仕事にダラダラと時間を使うのは、無駄な時間のすごしかた。

 

なので、今の仕事が向いてない人は、もっと自分が真剣になれて、向上心をもって取り組める仕事を探すべき。

 

ぼくの経験上、前職は向いてない仕事を嫌々やっていたけど、転職をして意外な自分に向いている仕事に出会ったという話はよく聞きます。

 

何でもやってみないとわからないように、チャレンジなしに自分に向いている仕事に出会うことはありません。

 

こんな理由はただの甘え!もう少し頑張れ 

20171104181650

 

今からご紹介をする内容は、実際にぼくが友人などに聞いた、仕事を辞めたい理由です。

 

ふざけた内容が多く、おそらく別の仕事に就いても全く同じセリフを言っているだろうなぁという内容ばかり。

 

朝起きるのがしんどい 

説明をする必要もないと思いますが、おそらく何処にいっても勤まりません。このセリフを真剣に言ったのは、ぼくの幼馴染の1人。

 

結局、何回も転職をして未だに(2017年で36歳)仕事が定まっていません。また妙にプライドが高いので、人の話を聞こうともしない。

 

こうならない為に、生活リズムを仕事に合わせ、いい大人なのですから責任感をもつべき。仕事なんてしんどいのは慣れるまで。慣れさえすれば楽なもの。

 

楽して稼ぎたい 

実際の話で、楽して稼いでそうな人は楽をしていません。厳密に言うと今は楽をしているのかもしれませんが、過去に稼ぐシステムを作りだした人。

 

稼ぐシステムとは、本人が現場に立たなくてもお金を稼げる仕組みを作りあげること。しかし、作りあげる前は大変な努力をしたはずです。

 

経営者などがそうで、パッと見は何もしてなさそうですが、決して今までずっと楽をしていた訳じゃありません。まずそういう人は「楽して稼ぎたい」とは思わない。

 

何の努力もせず楽をしたいという人とは質が違うのです。なので、何も実績のない人はただの甘えだと言うこと。もう少し頑張りましょう。

 

会社の愚痴ばかり

会社の愚痴ばかりいう人に限って辞めないように、毎回グチを言える元気があれば、そのパワーを仕事に向けましょう。

 

本当に悩んで仕事を辞めたい人は、そこまで愚痴を他人に言えないほどに悩む。

 

なので、愚痴を言えるだけまだ頑張れるってことです。 

 

甘えじゃない人!結局どうすればいい? 

自分で決めましょう!と言いたいところですが、 仕事は辞めたいと悩んだときが転職の1つのタイミングです。

 

ただ今の会社を辞めても、次どんな仕事に就けばいいのかわからない人も多いと思います。

 

そんなかたは転職エージェントを活用して、退職するまえに別の仕事を探しましょう。そしてあなたの適性を一緒に考え、自分に合う仕事を見つけて下さい。必ず見つかりますから。

 

また転職サイトを使って応募をする従来のやりかたと、エージェントを使う決定的な差があります。

 

それは近年、人材不足なため応募件数は年々ましている。なので、一般の人が転職サイトを見ても、どれがいい会社なのかの見極めが非常に難しい。

 

その点、エージェントの場合は、あなたが望む条件を伝え、その内容を考慮したうえで、提案をしてくれるのでムダな作業がはぶけ、転職がスムーズに進む可能性があります。

 

手間暇かけて転職サイトでいい会社を探す、自分の希望する条件をつたえて提案をしてもらう!転職活動をするにあたり、この2つの差はおおきな差となるはずです。

 

転職エージェントについては、おすすめ3社を下記にてご紹介させていただきます。

 

 

ぼく自身、何社かエージェントとの取引経験があるのですが、対応がよかったエージェント会社です。一度、相談をしてみるだけでも道が開けるかもしれないので、参考程度にでもどうぞ!!

 

仕事を辞めたい、これって甘えなのか?実際の話でした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

下記にて関連記事をご紹介していますので、興味があればご覧ください。

 

関連記事:会社が嫌い!そんな人の4つの理由と対処法をご紹介

関連記事:仕事の選び方がわからない!30代のリアルな転職にアドバイス