仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

パチンコを辞めたい人は、まず僕の質問に答えてくれ

パチンコについて質問をするイメージ

 

まずは僕の話から少しお付き合い下さい。

 

約5年ほど前まで僕もなかなかのパチンカスでした。ちょうどこのサイトを見ているアナタと同じです。もしかすると、もっとひどかったのかもしれません。

 

なんせ総額で400万近くの借金を作り、債務整理までしたのですから。ほとんどがパチンコでです。

 

はっきり言うと、パチンコで消えたお金は後悔でしかないし、辞めてからわかったのが、時間もかなり無駄にすごしたこと。

 

そんなバカな僕が、過去の自分にパチンコについて質問をなげかけたいと思います。

 

同時に今、パチンコを辞めたいけど辞められない人にも参考になればと思います。

行けばお金がなくなると理解しているか?

 ぼくがパチンコに行くか行かまいか悩んだ末、行くときの理由が「勝ってお金が増えれば問題ない」だった。

 

「増えれば問題ない、増えれば問題ない。」確かにそうです。遊べて1万円が2万3万円にと増えれば言うことなし。

 

確かに勝つケースをありました。それこそ1万円が10万円になった場合もあるんですから。

 

でも、そのパターンって何回いって何回の確立だろうか?おそらく良くて3回~5回に1回くらいだったはず。

 

と言うことは、負けるか確率のほうが圧倒的に高い。

 

パチンコは勝つときもあれば負けるときもある。ただし、パチンコに行く限り、負ける確率のほうが高いんだからお金が減るもんだと頭にたたきこんだ方がいい。

 

今すぐに、「お金が増えれば問題ないだろ!!みたいな考えは捨てろ、このバカちんが!!

 

負けた時のことをリアルに考えている?

パチンコ屋に向かう道のりで、負けをイメージしながら行く人はいないと思う。ほとんどの人が勝つイメージをもってパチンコに取り組むのです。

 

「今日3万円勝てば外食しよかな?」とか「パチンコ屋の帰りに欲しかったPS4でも買おうかな」とか。普通にパチンコに行かなければ支払えるものばかりなのに。

 

 そして負けて後悔するのループ。次はもう辞めよう、次はもう辞めようと。

 

ぼくがかれこれ5年ほどパチンコ屋にいかなくなった理由は、負けたときのことをリアルに考えるようになれたから。

 

余剰金でパチンコに行くのは別にいいと僕は思う、しかし、中毒になるまでの人は生活費まで使う人が多い。

 

そのお金をパチンコなんかで使うと、生活費がなくなるのはわかりますよね?でも、わからない人にはわからないんです。

 

パチンコ屋に行くのが我慢できない時は、一番始めにご紹介をしたようにパチンコ屋に行けばお金が減る、もし行ってしまうと明日からの生活がどうなるのか?をリアルに考えてみましょう。

 

おのずと答えはでるはずですよ。

 

 無駄な時間を過ごしてないか?

ぼくの場合はけっこうな嘘をついてパチンコに足を運んでいて、また少しの罪悪感もありました。

 

誰に罪悪感を感じていたかと言うと「家族」。

 

あの時は日曜日に本屋に行くとか、会社に少し用事があるとか適当な嘘をついて行ってたんです。

 

 実際に子供達もぼくの帰りを待っていたでしょう。でも、ぼくはパチンコ屋に行きたくて仕方がなかった。

 

今思うのは、「情けないことすんなよ」と過去の自分に言いたい。

 

パチンコ屋に行くのに嘘ついてこそこそして、あげくの果てに万単位のお金を失うのですから。ドブに捨てるのと同じです。

 

その無駄な時間を何に使えたかって話。もし、朝からパチンコ屋に行ってたのだとすれば、家族と遊園地でも行けただろうし、子供におもちゃを買ってあげることもできたはず。

 

なぜあの時にぼくはパチンコ屋に行きたかったのか?

 

答えは、自分のなかの半分はお金がなくなるのを理解しているけど、もう半分はお金が増えると思いこんでいたからだと思う。

 

またパチンコに勝ってそのお金を家族に使ってあげようと考えるのは論外

 

何回も言いますが、パチンコ屋はお金が減るところ。なので、理論上はお金が減ってなおかつ時間とストレスもたまる場所

 

それを理解するまで、ぼくは相当なお金と時間を費やした。

 

1万円2万円の重みを理解できてるか?

 パチンコ屋で使う1万円というのは、本当にあっと言うまで、早ければ30分程度でなくなります。

 

パチンコをやる前のぼくであれば、「30分で1万円が消えるってヤバくない?」と思えたでしょう。

 

それがいつのまにかパチンコでの1万円は、早くて30分で消えるが当たり前になっていたのです。

 

その時点で依存症です。パチンコをやらない人からすると30分で1万円が消えるというのは、信じられませんから「バカじゃないか?」と心のなかで思っているはず。

 

もし、あなたがパチンコを辞めたいと思うのであれば、まずは1万円の重みを図って下さい。

 

わかっているとは思いますが、重みを図るといっても実際に体重計に乗せるのではなくて、どうやって1万円を手に入れたか考えてみるのです。

 

世間一般的に1万円を稼ぐのには、働かなければいけません。もし正社員で月給が20万くらいであれば、1日の労働時間になります。

 

1日の労働のなかには、場合によっては嫌な上司、先輩から嫌味を言われたり、理不尽なことを言われたり、人として我慢する場面もあったでしょう。

 

どちらにしても楽して儲けたお金ではないはず。 それを今、30分やそこらの遊びで使おうとしているのです。

 

1万円の重みかんじてもらえましたか?

 

まずはお金の重みを知ることがパチンコを辞める第一歩なのである。

 

パチンコ友達を捨てろ

パチンコをやり始めると、なぜか同類の人間と仲が良くなる。おそらく共通の会話がパチンコになるからでしょう。

 

新台の北斗が何だの、めっちゃ熱いリーチが外れただの。

 

そんな人たちは本当の友達か?

 

それとパチンコを辞めたいけど、「周りの会話がそんな感じだから自分はおいていかれるんじゃないか?」とか考えてないか?

 

過去の僕に言ってやる!!別にパチンコの会話以外もあるだろと

 

事実、ぼくの同僚もパチンコ信者ばかりで、ぼくが辞めてからもずっと通っている人が何人もいる。でも、会話に困ると感じたことは一切ない。

 

むしろパチンコの会話しかできない友達なんか捨ててしまえばいい。今からでも趣味をつくって趣味ともを作ればいいだけ!!

 

 現在のぼくがパチンコを辞めたあとの世界を教えよう 

はっきりと言うとパチンコを辞めたからといって劇的に何かが変わるというのはありません。

 

しかし逆に考えてみると、自分の生活において何も変わらないものに何百万とつぎ込んでいたのです。

 

そう思えるとパチンコって意味ないですよね?

 

今ではどれだけ暇ができたとしても、パチンコのパの字も頭に思い描かなくなった。今この空いた時間に何をすべきか考えれるようになったのです。

 

もし、あなたがパチンコを辞めたいと思うのであれば、僕がご紹介をした内容を自分に問いかけて下さい。問いかける内容はいたって簡単で、

 

パチンコ屋にいけばお金が減るとわかっているか?

負けたあとの生活をリアルに考えているか?

無駄な時間だとわかっているか?

1万円の重みをきちんと理解しているか?

 

これだけ。

 

結局、行く行かないを決めるのは自分。間違っても借金でパチンコ屋にいくような生活からは今すぐ足を洗うべきです。

 

こちらに20代の僕が30代になって後悔をしたお金の使い方についてご紹介をしています。是非、参考にしてください。

 

パチンコを辞めたけど辞められない人は、まずは僕の質問に答えてくれでした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。