あえてサラリーマンを応援!

20代30代の働くサラリーマンの悩みを解決!がメインのサイト

人生をやり直したいけど遅すぎたと言う30代が今からやるべき7選

人生をやりなおしたい

 

「人生をやり直したいけど遅すぎた」と嘆く人のたいはんは、現状を見ず「過去」の自分をひきずっている人が非常に多い。ただ、それなのにGoogleなどの検索エンジンで「人生をやり直したい」と検索をする。

 

と言うことは、やり直すには遅すぎた!でも、今からでもなんとかしたい!しかし、どうすればいいのかわからない!そう考える人が多いのでしょう。

 

30代で人生が終わったと考えるのはまだまだ早い!現に30代からプライベートでも仕事でも成功をする人はたくさんいる。

 

この記事をご覧になっているかたには、是非、30代から成功をおさめる側の人たちになって頂ければ幸いです。では、「人生をやり直したいけど遅すぎたと言う30代が今からやるべきこと」をご紹介します。

 

【2017年10月10日更新】

失敗を認めること

失敗を認めるのは間違いではありませんし、悪いことでもありません。

 

何故なら、いつまでたっても成長しない人は、自分の間違いを認めず、親が悪い!とか環境が悪かった!とか自分の非を認めようとしません。

 

しかしながら、環境だけが悪いとかそんな事実は一切ありません。金銭的に恵まれない人でも努力をしてお金持ちになる人がいますし、生まれた時点で全てが決まるというのは無茶な話。

 

それに自分の人生が失敗か成功かなんて死ぬ直前までわからない。

 

現に20代は成功街道まっしぐらな人でも30代でこける人はたくさんいる。

 

まずは、人生をやりなおしたい!と考えるのであれば、下手な言い訳をせず、ありのままの自分を受け入れることから始めましょう。

 

他人と比較をしない

他人と比較をしても何も始まりません。他人を尊敬するのは自由ですが、嫉妬やひがむのは全くムダな時間の過ごしかた。

 

そんな時間があれば、自分の趣味や夢中になれるものに使ったほうが人生充実するでしょう。

 

現に人生充実している人は、仕事を一生懸命にやりプライベートも本気で遊ぶ人が多い。目の前のことを必死に取り組んでいる証拠です。だから人生充実する。

 

間違っても、他人と自分を比較して、「あの人が羨ましい」「あの人だけズルイ」「あの人に生まれ変わりたい」なんて思わない。

 

他人と比較をして、ヤフコメなどで批判コメントを繰り返す人たちは、30代40代の男性サラリーマンが多いようですが、人生に疲れてやりがいを持てず、見えない相手に攻撃をして喜びを感じる残念な人たち

 

人生をやりなおしたいのであれば、まずはそのようなムダな時間の使いかたを辞めるべきです。

 

ネガティブ発言を極力辞める

ポジティブに考えられる癖をつけましょう。ただし、今までネガティブに生きてきた人が、いきなり前向きになるのは難しいので、始めは意識だけでもOK。

 

人生において、ポジティブとネガティブというのは凄く大切なカテゴリーです。もちろんポジティブなほうが人生も楽しい。

 

1つ例をだすと、周りに人が寄ってきて信用される人間は、人の悪口やマイナスな発言をあまりしません。逆に信用されない人は、他人の悪口や文句ばかり。

 

何故そうなるのか答えは簡単で、ポジティブに考えられる人と一緒にいるほうが人は楽しいからです

 

人の悪口やマイナス発言を聞かされて楽しいと思える人は少ない、むしろ毎回そんな会話だと、「しんどい」と思う人がほとんどでしょう。結果、人が離れていく。

 

人生をやりなおしたい人は、なるべくネガティブ発言を辞める。マイナス発言ではなくて前向きになれる言葉を自分の口で発するようにしてください。何事もまずは口で発することから始まりますから。

 

過去を振り返るのではなくて、今からどうするのかを決める

生きていると過去の失敗なんて1つや2つはあるもの。こんな記事を書いている僕ですら、思い出したくもない過去がありますし。

 

ただし大事なのは、「今からどうするのか!」。過去の自分の失敗をひきづって、グダグダと悩むのは時間のムダです。

 

絶対に間違いなく言えるのは、「自分なんか」とか「努力をしても難しい」とか言い、過去を振り返ってばかりの人は、いつまでたっても満足のできる人生にならないと言うのだけは確か。

 

否定よりとりあえずやってみる 

人生をやりなおしたいと言う人がよく使う口癖で、「でも」とか「そうなんですけど」というセリフは極力避けましょう。

 

それらのセリフは失敗するのが怖いから使う言葉です。

 

人生をやり直したいと思うのであれば、失敗しても勇気をもって行動する気持ちが大切。

 

ぼくの知人で「結婚したい、結婚したい」といい、最近になって40歳をむかえ、「できるなら人生をやり直したい!」と言っている人がいますが、その人は他人からアドバイスをもらっても何かと理由をつけて動きませでした。

 

アドバイスの内容は、結婚相談所を使えばとか、お見合いパーティーに行けば!など。なかには出会いの場へ「一緒に行こう」といっていた友人もいました。

 

出会いは待っていても訪れません。ましては運命の人などは行動する人たちが得られるもの。

 

出会いに限らず、「でも」とか「そうだけど」とか否定的なセリフを言ってばかりでは、前進するタイミングを逃すだけです。

 

気持ちを継続させるために小さな目標設定をたてる 

仮に、人生をやり直したいから今日から気持ちを切り替えたとします。しかし、その切り替えた気持ちはもって1週間、早くて1日で元通りになります。

 

何故なら、人は簡単に意識をかえられない、また継続できないから

 

そこで1つ、気持ちを継続させるコツがあり、そのコツとは小さな目標をたてて達成する楽しみを覚えることです。

 

例えば、今までお金で人生失敗続きで、少しづつでも貯金をして豊かにしていきたい人がいたとします。そんな人はいきなり100万円を貯める目標ではなくて、毎日500円貯めるとか、少し頑張れば達成できる目標にして下さい。

 

何事も継続するには"苦"だけでは続きません。楽しむ気持ちが必要。

 

理想は小さな目標と長期的な目標を決めることですが、長期的な目標はスパンが長すぎて辛くなるのであれば、まずはクリアできる目標を決めて、達成する楽しさを覚えましょう。

 

運動をしてみる

ぼくは仕事で嫌なことが続き、しんどくなったときに自分の好きな運動をするようにしています。

 

ぼくの場合は好きな運動である水泳を自宅近くの室内プールへやりに行きますが、水泳中は無我夢中で泳いで前に進むことしか考えません。

 

2時間くらい泳ぎますが、終わったあとにいつも思うのが、「明日からまた仕事を頑張ろう」です。

 

時には初心に戻る気持ちが大切だとぼくは思う。

 

生きていると色んなしがらみから人生が嫌になったりしんどくなったりする。しかし子供のころは、全員がそうではなかったはず。

 

子供のころは大人になった自分を楽しく想像したり、まさか「人生をやりなおしたい」と言っている自分を想像しないはずです。たまには子供のころのような初心に戻るのが大切。そのためには運動がオススメ。気持ちがさっぱりしますよ。

 

人生をやり直したいと言う人にオススメできる本

自己啓発本ですがドラマにも採用された有名な本です。本の名前くらいは知っているかたも多いと思いますが、 人生について考え直すにはもってこいの内容が書かれています。

 

職場の人間関係の悩みなどくだらない

他人の評価を気にする必要はない

人生は競争ではない

自分にスポットライトを当てよ ← 意味がわからないと思うので実際に本を読んで下さい。

 

なかなかパンチの効いた本で、そういう考え方もあるのかと考えさせられる内容となっています。書いている内容も難しいものでもなく読みやすいので是非どうぞ!!

 

 

最後に!!

人生をやり直すのかどうかは自分次第と言うことです。精神論になりますが、小手先のテクニックでは何も変わらない。

 

まずは今からやり直すと言うはっきりとした意思が必要です。

 

人生やり直すのは、まだまだ遅くはありません。今から頑張りましょう。僕も頑張ります。

 

人生をやり直したいけど遅すぎたと言う30代が今からやるべき7選でした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。