仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

おデブな女性に結婚できるのか不安と相談を受けた話

オデブなイメージ

つい先日、おデブの友人から飲みの誘いをいただき、居酒屋で待ち合わせることに。

 

スタートしてからは仕事の話やらプライベートの話などで時間をつぶしていたのですが、おデブの友人も酒が入ったせいか、途中から、

 

「わたしって将来、結婚できるのか不安やわ!」と言う話になった。

 

なんて答えたらいいのかわからない僕は、「今のままでは無理じゃない?」とはっきり答え、そのあとはたんたんと結婚についての相談を受けたのです。

 

※そのおデブの女性はアラフォー、ちなみに普段からけっこう遠慮なしで何でも言える仲

 

 今のままでは99%無理

 なぜ無理なのかと言うと、これは男性諸君はすぐにわかると思いますが、デブとアラフォーと言う点。

 

基本、男性はデブな女性が嫌いで若い子が好きです。

 

その女性、どのくらいデブなのか?と言うと、多分、身長は160センチなくて体重は70キロくらいあると思う。

 

もうボッチャリと言うレベルではなくて、誰がみてもデブと言われるデブ

 

そんななか 世間ではデブ好きもいると言いますが、そんなレアな人に巡り合う可能性は限りなく皆無に近い

 

しかし、デブ好きがいるのも事実。じっさいに僕の知り合いで、これまたデブな女性がいますが、その子は20代前半ですが交際相手は常にいます。

 

ではこの両極端な2人でなにが違うのでしょうか?

 

答えは、「私はデブだから」と言ってお洒落にも目がいかなくなった女性と、デブだけど女を捨てなかったデブの違いです。

 

男目線からすると、デブでも装飾してキレイに見せろよ!と思ってしまうもの。街中で勘違いしたおデブさんがミニスカートを履いているのはまた違いますが。。

 

実際、20代のおデブな女性は、太っているけど可愛らしいなとたまに僕は思えます。

 

 ぼくが提案をしたアドバイス

アドバイスをするイメージ

欲望のまま生きた結果を理解する

まずはその女性、性格を変えるのは今さら感があるので痩せるしかありません。

 

でも、痩せろよ!といってもすぐには無理でしょう。なんせ今まで欲望のまま生きた結果がこれなんですから。(デブと言う意味)

 

まずは欲望のまま生きた結果を理解することがスタートです。食べ過ぎ飲みすぎないとそんな体系にはなりませんから。

 

その女性は欲望についての話をしているそばから、生中をガブガブおかわりしているので、多分もうこの先はないと思います。

 

居酒屋で生中を10杯近く飲むような女性で痩せてる人、健康そうな人を僕はみたことがありません。

 

デブだから卑屈になるのは違う 

デブだからと言って、「わたしは・・」「わたしは・・」となれば、それこそ男なんて寄ってくる訳ないです。

 

男性も女性もそうですが、どうせ一緒にいるなら楽しい人といたい。

 

身なりはブスでも心だけはブスになってはいけません。ちなみにもう一人の20代のおデブはキラキラしているオーラがあります。

 

その違いは、人生楽しみたいと思い行動に移しているのかどうかの違い

 

楽しみ方はさまざまあると思いますが、オシャレを楽しんだり、男性との会話を楽しもうとしたり、一言で言うと前向きなのです。

 

デブだからといって卑屈になったところで誰も助けてくれませんし、逆にデブだし暗い女と言うレッテルを貼られるだけ。

 

とりあえず行動しろ!とりあえずでいいんだ 

 とりあえずダイエットもそうだけど、口だけで何もしなければ、結婚相手おろか交際相手すらできないのは目に見えています。

 

それと出会いは待ってて訪れるものではありません。そこで、おデブの友達にぼくは言いました。

 

「とりあえずでも本気で交際相手が欲しいのであれば、お見合いなど婚活をすれば!」と。

 

待っていて男性が寄ってこないんであれば、残る道は自分から行く!です。むしろ、それしかありません。

 

しかし、自分に自信がない人に限って、「そう言うのはちょっと・・・」と言う。それを言われたら僕もどうすることもできません。

 

女性も男性もですが、40代に突入してしまうと、「この人はいいこの人は嫌」とか言ってられません。

 

それは容姿はもちろん収入面などの全てに対してです。

 

結婚願望がないのであればまた話は変わりますが、望んでいるのであれば、行動が一番大事でしょう。

 

ダイエット、婚活、オシャレと、やることはたくさんあるはずです。

 

少なくとも居酒屋で生中を10杯も飲んでいる場合ではありません。

 

 最後に

ご紹介をさせて頂いた内容は、ぼくの本音であり男性陣の本音です。

 

あまり書きすぎると女性陣に怒られそうなのでこの辺でお開きとします。

 

おデブの友人はぼくにとって古い付き合いで、幸せになって欲しいのですが、なんせ体系は自分で管理するべきことなので僕には何の力にもなれません。

 

力になれるとすれば、はっきりと、「痩せろよ」と言うだけです。

 

おデブの友人に婚活サイトを紹介しました。登録するとは言ってましたが、果たしてどうなのでしょう・・・進展があればまたブログに書きます。

 

      ↓ ↓ ↓

 

 おデブな女性に結婚できるのか不安と相談を受けた話でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。