仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

成人した子供の責任を親が背負う必要あんの?小島崇靖容疑者を見て思う

小島崇靖容疑者

 

滋賀県元税務職員の小島崇靖容疑者が税金着服で逮捕されましたが、なかなか反省した態度もみられないし、何よりぼくが不思議なのが、

 

息子(30歳)が使いこんだ金を親が弁償しないといけないのか?と言うこと。

 

30歳と言えば、世間一般的には若者ではありませんし、10代の人たちから見るとオッサンと呼ばれても不思議ではないはずです。

 

もしかすると、「そんなバカに育てたのはあなた(親)だろ?」と言われるかもしれませんが、そりゃそうだけど、それだと子供の責任は死ぬまで背負わないといけないのか?と疑問です。

 

ぼくなりにこの事件については思うことがあったので、事件と親の責任について記載しようと思います。

 

※横領、着服と微妙な違いはありますが、同じ意味として使いますね。

 

横領は一度手を染めたら自分の意思ではどうにもならない 

横領の事件っていつも思うけど、けっこうな金額になって発覚するケースが多い。

 

今回の小島容疑者は3000万円、それでも十分な金額だけど、億を超える事件もあるじゃないですか、

 

中小企業で働くぼくからすると、そんな金額に膨らむまで気づかないものなのかなと思う。

 

そして、全員がいつかは捕まると半分はわかってて、横領を辞めないといけないけど辞められなくて気が付くと大金になっているはず。

 

ぼくだって横領ではないけど、近い経験はあるし気持ちは何となくわかります。

 

横領といってもたくさんのケースがあるけど、小島容疑者の場合は税金着服だった。

  

一度、悪いことをしてしまうと快感にもなり、辞められないんでしょうね。てっ言うのは大半の人は理解しているから始めから手を出さないのです。

 

例えば麻薬だってそう、口には出さないけど興味がある人ってけっこういると思う。でも、一度やってしまうと破滅の人生がイメージができる。

 

小島崇靖容疑者は税金を着服して、いつかバレるとイメージはできたけど、自分では止められなかったのでしょう。

 

親の責任について

未成年者の場合であっても責任能力がある場合は、自分で損害賠償などを支払うように法律上なっていますが、

 

経済的に自立をしてない未成年者のかわりに、親が肩代わりするのはまだわかります。

 

親からすると子供なので、お金を使って守りたいと言うのも本音としてあるでしょうし、解決するにはお金が一番でしょう。

 

ただし、成人している場合は自分で何とかするしかないと僕は思う。

 

雇ってもらえるかはわからないけど、働いて返済をするか、最悪、自宅でできる仕事を探せばいい

 

それに、法律では成人をした子供の責任を負う必要はありませんと記載がありました。

 

当たり前っちゃ当たり前だと思うんですが、いい大人になって横領を続けて捕まって、それでも親が責任をもつのって何だか気持ちが悪い

 

小島崇靖容疑者は着服を繰り返し幸せだったのか? 

結論は本人にしかわからないけど、キャバクラ通い、高級車を乗り回して、他人から見るといい生活をしていたはず。

 

でもそれが必ずしも幸せだとは限らない。

 

内心は税金を着服していたのがいつバレるのかビクビクしていたでしょうし、普通の人間であれば良心も傷んだはず

 

そんな状態でお金を手に入れても楽しさを味わえるはずがない。

 

着服の代償としてネットで名前も出るし、今後、生きていくうえで不便なことが必ずでてくる。

 

結果的にバカなやつがバカなことをして捕まったって感じですね。それに最終的にもちろん幸せにもなれていないでしょう。結果も逮捕されてますし。

 

親は子供に人に迷惑をかけるとどうなるのかを教えてあげよう

 ぼくも幼いころから親に「人に迷惑をかけるな」と言われ続けていた。

 

結果、人に迷惑をかけたこともあったけど、これはやってはいけない、この一線を超えると人に迷惑をかけてしまうと言う想像力はある程度つきました。

 

なので、横領なんて絶対にしないし、もし、バレなら自分1人の問題ではないと想像もできます。

 

もし、ぼくが会社のお金を横領して、バレたらクビはもちろん、多額の借金を背負い離婚は免れないと。

  

小島容疑者の親がしなければいけなかったことは、やってはいけないことをやると、どうなるのかをイメージできる力をもたせることです。

 

普通は頭で考えなくても自然と身につくはずですが、環境自体が普通ではなかったのかもしれませんね。

 

まとめ

 成人した子供の責任を負う必要はあるのか?と言う問題については、法律上は負う必要はない。

 

ただ親からすると、子供は成人をむかえても子供が子供である事実はかわらない。

 

ぼくは小島容疑者を見て、人に迷惑をかけるとどうなるのか?と言う想像力を教えるのが親の義務だと感じました。

 

ぼくも2人子供がいるので、勉強などより、一般論を教えて立派な大人になるように育てようと思う。 

 

日本の横領事件が気持ち悪い、成人した子供の責任を負う必要あんの?でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。