仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

就活で容姿は関係ないはキレイ事:元面接官が語る

就活の面接のイメージ

就活の面接で容姿が良くて社交的な人が有利なのは当然です。

 

大事なのは中身だ!と言う人もいるでしょうが、人間の内面は外面にもあわられます。

 

容姿が良くてもあまりのバカだと採用はされませんが、もし、あなたが面接をする立場だとして、スキルの変わらない2人がいたとします。

 

極端な例ですが、1人は太っていて不細工、もう一人は爽やかでキレイ。ほとんどの人が後者を選択するはず。

 

容姿が良いも、その人にとってはステータスの1つなんです。

異性のモチベーションUP

やはりキレイな女性が入社すれば男性のモチベーションは上がります。

 

男性は基本カッコ付けです。なので、食事を御馳走したりして女性から良く見られたいんです。

 

それと、実際に「可愛い、キレイ」を評価基準にしている企業も多くあります。

 

わかる人にはわかると思いますが、総合商社などでは美人が勢ぞろいしてます。それは面談のさいにキレイ、可愛いを評価基準にしているからです。

 

営業職などで言うと、可愛い子が入っただけで部署の売上が右肩上がりになる場合もあります。

 

可愛いくて社交的な女性営業マンが売上をあげやすいと言うのもありますが、男性陣も女性に負けずと頑張るからです。

 

容姿がよい女性が入社するだけで、相乗効果が期待できるのです。

 

仕事とは基本、毎日の繰り返し。そのなかでも容姿のよい人が1人でも入るだけでモチベーションは必ず上がります。あなたにも、そんな経験があるはずですよ。

 

容姿が良いは心の余裕にも繋がる

容姿が良い人とは、もちろん今までも見た目で褒められてきた人です。

 

見た目があまりの人と比べると、人生においても得をしているでしょう。そんな人は自然と心の余裕ができるもの。

 

芸能人にでも例えると、キレイ、カッコイイ人って自信にみなぎっていて、人生楽しそうですよね?

 

芸能人は夢を与える職業なので、そう振る舞っている可能性も少なからずありますが、それでも一般人と比べると自信は見てわかります。

 

就活において、余裕はポイントの1つになります。面接のさいに自信がなくてガチガチでは内定がもらえませんが、受け答えを落ち着いてしっかりできる人はポイントも高い。

 

容姿が悪いから余裕がないとは言いませんが、先程も言いましたが、容姿が良い人はそれなりに今まで褒められてきた人。例えば、「かわいいね」「カッコイイねとか。

 

人は褒められると自信になります。それが就活において有利なのは言うまでもないでしょう。

 

ネガティブイメージ持ってませんか?

容姿にあまり自信がない人は、他人と自分を比べてしまいネガティブな考えをもってしまいがちです。

 

「就活 容姿 不利」とかのキーワード検索をしている時点で、おそらくネガティブイメージを持ってしまい、自信をなくしたり、心配したりしているんだと思います。

 

しかしそれではダメです。

 

容姿が良いほうが就活において有利なのは言うまでもありませんが、それでもやっぱり一番大事なのは、仕事への意欲、内面、将来性です。容姿が悪くてもそれをカバーできるものがあればいいだけ。

 

容姿についてネガティブなイメージを持っているだけで、それだけで内定率は下がります。

 

面接官は人を見る目をもっているので、自分に自信がない人はすぐにわかるのです。

 

 容姿についてごちゃごちゃと考える前に、「自分の良さ」磨きに時間をかけたほうが必ず有意義。それにともなって内定率も上がります。

 

 まとめ

キレイごと抜きで、就活において容姿はポイントの1つ。面接官も1人の人間です。容姿がよいほうがポイントも高くなって当然です。

 

しかし、容姿が悪いから内定がもらえませんといった話ではありません。

 

あくまで容姿はポイントの1つだと言うこと。どれだけ見た目が良くても、それだけで即採用はありません。

 

容姿でネガティブイメージを持つのではなくて、人ひとり必ず長所があるのでそこをアピールして下さい。そうすれば印象は必ず違います。

 

何百、何千人と面接をしてきた僕がいうのです。間違いはありません。頑張りましょうね。

 

こちらに、20代前半のサラリーマンは大変で当たり前なんですよをご紹介しています。よければご覧ください。

 

元面接官が語る:就活で「容姿は関係ない」はただのキレイ事でした。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。