仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

学生時代に教師からの暴言暴力で傷ついた話

暴言暴力のイメージ

ぼくは中学生のとき、体育の教師にボコボコにされた過去をもっています。

 

そして、今でもなぜ殴られたのかわかっていません。

 

殴られた理由がわかってないからか、もう20年ほど前の出来事だけど、たまにふと思い出していやな気分になるんです。

 

ちょっと暗いお話だけどお付き合い下さいませ。

 体育館でフルボッコされた事件

その当時、組み体操の練習をするために男子は体育館で練習をしていました。マットを引いて3人組をつくり小さなピラミッドの練習です。

 

そしてふと気がつくと僕は倒れていた。そして、体育の教師がぼくにむかって怒鳴り散らしてる。

 

パニックと言うか、いま考えても不思議だけど、本当に何が起こっているのかわかりませんでした。

 

頭のなかは??????

 

唯一、教師の言ったセリフで聞こえたのは、「組体操中にふざんけよ!!」だった。

 

ちなみにぼくはふざけてなど全くいなかった。でも、もしかすると他人から見るとふざけているように見えたのかなと思い、あとで近くにいた友人に確認をすると、「わからないけど、ふざけてはいなかった」だった。

 

教師は誰かと間違えてぼくを殴ったのかもしれない、しかし、普通に本気の平手を5発くらいかまされた僕は、あの瞬間びっくりしたのと恥ずかしくて仕方がなかった。

 

まず何で殴られているのかわからないし、また、少し離れた場所で女子が剣道をやっていて、体育の教師が大声で怒鳴るもんだから女子にも悪い意味で注目の的だったから。

 

今でもその教師のことを数年に1回思い出し、いやな気分になるんですが、なんで殴られたのか考えた結果がこれ、

 

 おそらく僕のことが嫌いで仕方なかった

ぼくが嫌いだったと言うか、サッカー部が嫌いだったんだと思う。

 

ちなみにその体育の教師は柔道部の顧問。当初から柔道部の生徒には甘く、他の部活の生徒には厳しい印象さえあった。特にサッカー部には厳しかった。

 

極めつけは、通信簿!!僕より成績が下なのに柔道部というだけで一番うえの判定5。ちなみにサッカー部のほとんどはどれだけ成績がよくても4どまりだった。

 

.あの当時、サッカー部はたしかにヤンチャな人間が多かった。学年の問題児という問題児は、現役サッカー部か元サッカー部のどちらかだったくらい。

 

しかし、ぼくはいたって真面目なほう。少なくとも誰からも問題児という認識はなかったはずです。

 

100歩譲ってサッカー部が嫌いでぼくを怒鳴ったのはギリギリ許せるとして、うむも言わずに平手打ちってどうなんでしょう?

 

一つ言えるのは、その行為が原因でぼくがグレたり不登校になったりしても何ら不思議ではなかったと言うこと

 

仕返しはいつでも出来た

仕返しをするイメージ

あとの祭りだけど、仕返しはいくらでもできたと思う。

 

実際、サッカー部の友人たちが、「親に言って学校に抗議をしてもらおう」とも言ってました。

 

それと、ぼくの親もその体育教師との面識があり、事実確認をするのは簡単だったと思います。

 

「何で母親が体育教師と面識あるの?」って!

 

その体育教師が副業で整骨院を経営していて、母親が常連客だったから。そしてママ友の多い母親はたくさんの知人を紹介していたのです。

 

大人になってわかったのですが、「公務員は副業禁止だろ!」。でも、かなり堂々と整骨院を経営してました。それなりに力のある教師だったのでしょうね。

 

でも、その事件があり家に帰って怒りという怒りは本当になかったんです。

 

怒りというか悲しい気持ちのほうがでかかった。なので、誰にも殴られたことは言わなかったし、言うつもりもなかった。

 

小さな小さなトラウマ

事件があった当時は、自分の心なかに閉じ込め以後、気にしている素振りは誰にも見せませんでした。

 

でも、なぜかたまにふと思い出します。20年ほどたっても

 

これはまぎれもなく僕のなかでの小さなトラウマなのだと思う。 それが原因で日常生活に支障をきたすものではないので「小さな」とつけさせて頂きます。

 

教師と言う仕事は、小生意気な生徒もいてストレスもたまる職業だと思う。でも人間なんだから暴力ではなくて対話をしてほしかった。

 

それに対話ができないのでは人間とは言えません。

 

ぼくの場合は小さなトラウマでよかったし救われました。

 

しかし、イジメが原因で不登校になり大人になっても社会になじめない人がいるように、体育の教師が僕にやったことはそれと同等だとわかって欲しかっただけ。

 

むしろ、「わからないなら教師とは言えないだろ!」と今では面とむかって言いたい気分。

 

結局サッカー部だったら誰でもよかったんだと思う

その暴力教師はぼくをターゲットにしたと言うか、結局はサッカー部だったら誰でもよかったんだと思います。その時にたまたま近くにいたのが僕だっただけ

 

体育教師からするとサッカー部=悪の集まりみたいな感じに思っていたのでしょう。マンガのルーキーズみたいな感じに

 

そこで好き勝手にやっている連中を見て、腹が立ってどこかでターゲットを見つけてストレス発散として殴ったんでしょう。

 

そのターゲットが近くにいた僕だっただけ。真相はわからないけどこれが僕の考えた答え。

 

僕からすれば、生徒と教師という立場だけどれっきとしたパワハラだ!!

 

最後に僕なりのパワハラ問題について 

パワハラ問題について

東電OLの高橋まつりさんの件にしよ、死ぬほどまでに人を追い込む会社というのは、異常集団だと思う。

 

 まず人はちょっとやそっとのことでは死のうと思わんぞ!!と言いたい。

 

それを自殺する人間のメンタルにも非があるだの、ゆとりだからだの。とても血の通った人間のセリフとは思えない声も聞こえますね。

 

人を殺すまでのパワハラ問題は、ぼくとしては殺人と同じ罰則でもいいくらいだと思う。実際に間接的とは言え殺してるんですから。

 

パワハラ問題は、ここまでがセーフここまでがアウトみたいな線引きが難しいのはわかります。

 

ただ1つ言えるのは、暴力や暴言は人として最低な行動。これには例外はない。

 

もし地元で体育の教師にあえば、文句の1つでも言ってやろうと思いだしたときは毎回思うけど、それもまた1つの暴言なので辞めておきます。

 

てか、僕が中学生の時には、その教師すでに50歳は超えていただろうから、この世にまだいるのかな?って感じです。

 

パワハラも問題だけど学生時代の教師からの暴言暴力で傷ついた話でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。