あえてサラリーマンを応援!

20代30代の働くサラリーマンの悩みを解決!がメインのサイト

子供を育てるには金がかかるけど、与えてくれる物も多いんですよ

子供を育てる

 

子供を成人まで育てるには2000万円~3000万円かかると言われています。その大金がネックになり子供を産まない選択をする家庭も増えているようです。

 

ぼくの周りの子なしの既婚者が口を揃えて言うのも、「子供ができるとお金がかかるしな・・」です。

 

確かに子供を育てるにはお金がかかる。我が家にも小学高学年、幼稚園児の2人の子供がいますが、何かとお金がかかっています。食費、学費、学資保険、習い事などなど

 

しかし、もちろんお金がかかるだけではなく、子供がいるだけで親である僕たちの笑顔の回数は確実に増える。それは子なしの家庭ではわからないと思います。

 

子供を育てるお金がネックになっている方は、ぼくの経験を参考にして頂ければと思います。

 

 

子供の笑顔は100億円の価値

100億円の価値とは言いすぎたかもしれませんね笑。しかし、近い価値はあると僕は思っています。

 

ぼくは今、仕事が凄くしんどい時期で、最近までもう少し気楽な仕事をしたいと感じていました。

 

しんどい理由は営業成績、売上など会社にたずさわるものばかりです。

 

そんな時に踏ん張れるのは子供がいるから。

 

幼稚園児の子供は、意味のわからないセリフを言ったり、ニコニコしながら「アンパンマンアンパンマン」といって家じゅうを走り回ったりしています。

 

幼稚園に通い始めてから生意気なセリフを言うようになりましたが、それでもやはり可愛いもの。

 

ぼくが昔、1人目の子供ができる前に、上司に言われたセリフで、「家に子供がいると笑顔の回数が増える」と言われたことがあるんですが、今まさにそう思います。

 

笑顔だけで周りを幸せにできる子供の価値は、図りしれないものです。

 

子供がいると何とかなると思える

子供がいると何かとお金がかかるのは事実ですが、何とかなると思えるのも子供がいるからです。

 

我が家の稼ぎは僕1人ですが、もし僕に何かあっても、その気になれば嫁もバイトをして働けば育てることは可能。

 

何とかなると思えるのは、何とかしようとするから何とかなるんです。それに日本では最低限の生活は保証されている。

 

子供に使うお金を夫婦で使って贅沢をしたいと言う人は、無理に子供をつくる必要はありませんが、そうではなくてお金がかかるから育てるのが不安だと言うかたは、何とかなるんですよ。

 

いくら稼ぎがあっても不安は不安 

ぼくが今仕事がしんどくても辞めないのは単純に給料が高いからです。同じ30代半ばの人たちと比べると平均所得の倍以上はもらっています。

 

しかし、そうだからといってお金に不安がないのかと言うとそうではなく、むしろ不安のほうが大きい。

 

そう思える理由は、このご時世、先のことなんかどうなるのかわからないからです。

 

大手ですらリストラや倒産をする時代、ぼくのケースで言うと、営業成績だけで年収が半分くらいになる場合だってあります。現在の所得がいくら高くても半分になるというのは不安になるもんです。

 

もちろんそうならない為に仕事を頑張るのですが、最悪そうなったらそうなったで仕方がないとも覚悟はしてます。

 

理由は、子供を育てる!を最優先にしているからです。

 

なので、子供を育てるのにいくらかかっていくら必要と言う計算より、あなたが何を最優先にするのかで答えはかわります。なので稼ぎはあまり関係ないのかなとも思えます。

 

子供は可愛いもんですよ 

子供が親に与えてくれるものも大きいですが、やはり最終的に何といっても子供は可愛い。

 

このブログは8月15日のお盆休み最終日に書いていますが、休みの間は子供とプールに出かけたりしましたが、何をしてても可愛いんです。

 

何をしててもと言うのは、歩いてても可愛い、ニコニコしているのも可愛い、プールサイドでカップラーメンを食べている姿も可愛い。

 

それと、明日からまた仕事が始まりますが、「頑張ろう」と思えるのも子供がいるからです。

 

何故、子供は可愛いのか?自分の分身だからですよ

ほとんどの子供は親を見て育つため、子供を見ていると「自分にそっくりだな!」と思える瞬間がけっこうな頻度であります。

 

ちょっとしたセリフや行動など小さなところでです。

 

そんな姿を見ていると、「自分ももう少ししっかりしないと!」と何故か思える。そう考えると子供が親を成長させてくれているのかもしれませんね。

 

顔も全く似てないというケースは少なく、どこか一部は親に似ると思うんですが、昔の自分の写真と子供を比べてみると、まあ似てます。まるで行動、セリフ、顔それらすべてを見て分身だと思えるくらいに。

 

結論としては、自分の分身のように思えてしまう瞬間があるので、余計可愛く見えるのです。

 

まとめ 

子供がいるとお金がかかるけど、与えてくれる物も多いんだとご理解いただけたでしょうか?

 

この考え方は僕だけではなくて、全うな親の意見です。決して特別ではありません。

 

それにその気になればお金は夫婦で力を合わせれば何とかなります。

 

是非、ぼくの経験を参考にして下さい。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

子供を育てるには金がかかるけど、与えてくれる物も多いんですよでした。