仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

お金がないが口癖の人の特徴とは?30代限定で分析してみた

お金がないが口癖の人

 

あなたの周りにも「お金がない」が口癖の人っていますか?

 

ぼくの周りでも何人かいて、その人たちの共通点をご紹介したいと思います。(30代限定)

 

それともし、この記事をご覧になっているかたでも、「お金がない」が口癖であれば、すぐに辞めることをオススメします。

他人にお金がない!と言うのは、「わたしはお金にみっともなくて、いい加減な人間なんだ」と言っているのと同じ。

 

そんな人と進んで付き合いたいと思える人は、相当な変わり者か、その人自体もいい加減な人間です。

  

 

そもそも何でお金がない!と言うのか?

結局は同情を買いたいだけ。わたしはお金がなくて可哀想、助けて!と言う意味

 

しかし、ほとんどの方が他人に言われても助けません。

 

お金がない環境を作っているのは、自業自得な場合が多い。

 

ぼくの周りでもお金をもってない癖にブランド品を買ったり、しょっちゅう飲みに行ったりしている。そして、お金がなくなって他人に頼り、貸してと言ってくる。

 

結論、「お金がない」と言うセリフは、遠回しに奢って、助けて!と言っているのと同じなんです。

 

では、お金がないが口癖の人の特徴に進みます。

 

固定費に関心が少ない人が多い

わかりやすいのが通信費(携帯代)ではないでしょうか。

 

ぼくの経験で面白かったのが、お金に余裕がありそうな人と、お金がないと言う人の統計をとった結果、

 

お金に困ってない人のほとんどは、携帯を格安SIMに変えていた。

 

本来はお金に余裕がない人が、格安SIMを使うのが当たり前だとぼくは思う。

 

そして、未だに格安SIMに切り替えていない人の理由は、「面倒臭い」「よくわからない」だった。

 

よくわからないと言う人は、スマホで調べれば、情報なんていくらでも出てくる。

 

そんな少しの努力で年間数万円の節約になるのに出来ないなんて、お金がなくて当然です。

 

結構見栄っ張りが多い

見栄を張ると言うのは、男性であれば車やスーツ、時計とか。

 

ぼくの身近な1人も年収400万円くらいで、600万円ほどするベルファイア(車)をフルローンで買っていてビックリしたもんです。

 

その人が言っていたセリフが、「普段は質素でも車にはお金を使いたい」でした。

 

しかし、僕から言わせると普段からしょっちゅう飲みにいき、欲望のまま生きている。

 

それでは一生「お金がない」が口癖になるなと思った瞬間でした。

 

お金を出せば人がついてくると勘違い

サラリーマンなどの役職による関係からか、下の人間に、「奢ってやるから俺についてこい」と言うスタンスのかたが未だにいる。

 

俺についてこい!と言うのは、ご飯に限らず部下としてついてこいと言う意味です。

 

部下からしても奢ってもらえないより、奢ってもらえるほうがいい。

 

しかし、上司に心からついて行く行かないは、仕事の出来と、普段のふるまいによる。

 

本当のアホか、ネガティブ発言が多い

残念ながらいい大人になっても本当にアホなやつはいる。

 

僕の周りでもいますが、仕事は適当、プライベートでも周りに流されて生きているような人。

 

適当に何も考えてないんで、お金がないのに飲みに誘われると行くので、どうしようもない奴です。

 

だいたいそのような人の特徴は、自分は他人に劣っていると当然のように言ったり、笑いにしようとしたりする。

 

自分のお金の管理すらできない無能な人間なので、他人と比べて自分は劣っていると感じるのも当然なのかもしれませんね。

 

しかし、それではいつまでたっても一人前の大人にはなれない。

 

何とかなると考える

お金がないが口癖の人は、計画性のなさからそのような状況に陥っているわけで、根本的な問題は、「なんとかなる!」と思っているのが原因

 

例えば、買い物をするにしても今買うと月末までお金が厳しくなるのに、なんとかなる!

 

高額な商品を買ってもボーナスが入るから何とかなる!と、例えるとキリがない。

 

またそのような人たちが、キャッシングやリボ払いの罠にハマってしまう訳です。

 

世の中上手くできていて、お金がない人が高い金利を払ってでも借りたがり、お金持ちは銀行から借りて欲しいと言われるので、低金利で借りられる。

 

自分が嫌い

お金がないと言う人のたいはんは自分が嫌い。

 

なので、他人を嫉妬したり妬んだりする。

 

結果、人が離れていく、もしくは本当の意味での友人が一生できないのです。

 

自分を大好きになるのは、なかなか難しいですが、仕事でも何でも一生懸命にやっている人は、少なくとも自分を嫌いにはなりません。

 

自分を嫌いと言う人は、会話をしていてもたいがいが面白くない人。

 

改善方法は何か1つでも真剣に取り組むしかない。

 

最後に! 

10代、20代でお金がないと口にするのは、まだ相手もすんなり聞いてくれるかもしれませんが、30代以降になって「お金がない」と言っていると、相手に価値がない人間だと思われても仕方がありません。

 

お金はその人の価値を表します。またとても大切なものです。

 

お金がないが口癖の人の特徴とは?30代限定で分析してみたでした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。