カツオちゃん.COM

30代リーマンの仕事に関する考え方、お金、副業、海外サッカー、おすすめ商品などをご紹介します。

マイホームは頭金なしでも買えるし、頭金2割なんてもう古い

マイホーム

 

マイホームを購入するにあたり、頭金をどうすればいいのか!と悩む人も多いと思います。

 

ちなみに僕は、今から約5年程まえに頭金なしで新築戸建てを購入しました。

 

頭金は無理のない金額を支払えばいいと言うのが僕の考えで、最悪はなしでもいいと思ってます。今もその考えは変わりません。

 

一般的には物件価格の2割の頭金を用意するのが理想と言われていますが、仮に3000万円の家を買うと頭金だけで600万円。このご時世600万円もポンッと用意できる人も少ないはずです。

 

ぼくの場合もそうで、2割の頭金を用意する資金力がなかったと言うのもあります。

 

結果ぼくは諸費用の200万ほどだけ用意をして、フルローンで家を購入したのです。でも、今は多少無理してでも家を買ってよかったなと思ってます。

 

 

頭金の必要性とは?

もちろん頭金をたくさん入れることで借入金、金利が減る。それらが減るというのは、それだけ支払不能になる確率も低くなると言うことです。

 

結局、「頭金を入れろ!」という人たちは、支払いができず"破産"を心配して言っているのが始まり。破産をすると家まで銀行に没収されますから。

 

あと一点、昔は住宅ローンを組むにあたり、2割の頭金が必要だったというのもあります。

 

1990~2000年前半までは住宅ローンと言えば「住宅金融支援機構」と答える人が多数で、上限が物件価格の8割までしか借りれませんでした。しかし、今はそんな時代ではありません。

 

諸費用も最悪は借りられる

諸費用とは登記するのに必要な税金、印紙代、手数料など、物件代金とは別にかならず必要なもの。

 

ぼくの場合、諸費用だけは用意をしましたが、銀行にも諸費用ローンと呼ばれるものが存在します。そう、諸費用もローンが可能なのです。

 

あとはオーバーローンと呼ばれ、物件によっては3000万円の戸建てに3300万円ほどのローンを組むことも可能。ただし不動産屋の協力が必要になり、協力する側も多少なりリスクがあります。(基本、銀行融資は物件価格が上限として設けられているためオーバーローンはNG扱い)

 

実際にぼくが不動産屋に問い合わせをしたときに、「まとまったお金がいくらかは必要」と言われたケースもあり、また逆で「何とかなります」と言われるケースとがあった。不動産屋によっていうセリフが全く異なるということです。

 

ただし、事実として諸費用ローンが存在する以上、諸費用も最悪は借りられるということで間違いありません。

 

頭金どうのこうのより、結局はその人の返済能力

確かに頭金を少しでも入れたほうが毎月の支払額は減るので、支払不能になる確率は減る。

 

しかし、無理なローンを組まない限り、頭金を入れなくても家は欲しければ購入すればいいと僕は思う。

 

結局は住宅ローンの金額うんぬんより、普段の生活、稼ぎに依存するから。

 

ぼくの周りでも少数ですがローンの支払いがきつく、家を売却した友人がいますが、その人たちの共通点は、収入が今後上がる見込みで住宅ローンを計算、年収の7倍以上のローン、その他にも借金アリの状態で買っている。はっきり言うと家を買う前から破産予備軍

 

もしこの記事をご覧になっている人で、ぼくの知人のような方には、頭金を貯めるのをオススメします。

 

あとは長い目で見ると、働く会社がどうなのか!仮に35年のローンを組んだとすれば「会社が存在するのか?」もその人の返済能力にかかわるからです。

 

大手企業であっても現在の年収が保証できるとは限りません。 

 

ただ言えるのは、月々10万円のローンが払えない人が、頭金を入れて9万円だったら払えるのか?というと違う。10万円払えない人は9万円すら払えないケースがほとんど。と言うことは、頭金とはさほど重要だと僕は思えない。

 

それよりかは、普段の生活や稼げる能力があるのかどうか!のほうが重要。

 

家を購入して一からスタートするのもアリ

冒頭にも説明をしたとおり、ぼくも頭金を用意できなかった人間。しかも諸費用に関しても自分で用意をした訳ではなく、親族が協力をしてくれました。

 

と言うよりもぼくはお金に無計画で、貯金どころではなかったのです。

 

そんな男ですが、家を買ったことで「これからはきちんとお金の管理をしなければ」と考えは変わりました。

 

なので今は貯金もできているし、給料以外にも収入を作ったので、会社が倒産しても住宅ローンはおそらく払えます。

 

住宅購入は一生で一番高い買い物です。慎重になるのが普通のかたの神経で、頭金が必要と考えるのも全うな意見なのかもしれません。

 

ですが、ぼくのように家を購入し、「家族、他人に迷惑がかからないようにしっかりしよう!」と反省、計画性をもてるようになる人もいるってことです。

 

ぼくは家を買い、人生1からのスタートと考えるようになりました。そういう考えもアリなのではないでしょうか?

 

家を買ったあとにかかるお金 

住宅ローンの審査の承認がおりて、なおかつ諸費用もローンを組むか用意もできた。しかし、それ以外にかかるお金もあるので、ぼくの反省点もふまえてご紹介をしたいと思います。

 

パッと思い当たるものとして、

 

戸建ての場合は表札

カーテン

TVのアンテナ工事

エアコンの工事

引っ越し代

 

これらは必ずかかります。何を買うのかで若干金額は変わりますが、

 

ぼくの場合はマンションにしか住んだことがなく、カーテン、TVのアンテナ工事などを引っ越しをしてから必要だと気付いて、焦って買ったのを覚えています。一応、念のためにご報告です。

 

以上、マイホームは頭金なしでも買えるし、頭金2割なんてもう古いでした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

住宅購入後、スーモのアンケートに答えて5000円分の商品券がもらえるキャンペーンもオススメです。電車の広告などにも貼ってあるのでご確認を!!