カツオちゃん.COM

30代リーマンの仕事に関する考え方、お金、副業、海外サッカー、おすすめ商品などをご紹介します。

プレミアムフライデーはやはり消費拡大どころではなかった件

プレミアムフライデー

 

経済産業省経団連などで作る”協議会”でつくられたプレミアムフライデー

 

そもそもの目的は、毎週月末の金曜日は15時で帰社をし、消費や労働時間短縮を促そうとする仕組みです。

 

しかし、プレミアムフライデーはぼくの予想通り、協議会の自己満足で終わった。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

この件に関してはぼくも予想ができたけど、ほとんどの人もぼくと同じ気持ちだと思います。

 

代弁すると、しょーもない仕組み!!

 

過去に、専門家ではない一般リーマンのプレミアムフライデーに対する考え方と言う記事も書いたので、よければご覧ください。

 

 

なぜ経済産業省はアンケートを取らなかった?

そもそも働く人たちにとって、毎週月末の金曜日、15時帰社できるのは嬉しいことなのか?

 

素直に労働時間を短縮してもらえるのは嬉しいと思う。しかし、その日、15時に仕事を終わらせ残った仕事をいつするのでしょうか?

 

下手すると土曜日出社もしくは、月曜日に残業をするに違いない。

 

それに、プレミアムフライデーを実施することで、飲食店などは来店数が増えるだろうと人員を確保しないといけません。

 

今までは17時オープンだったのを15時開店することによって、アルバイトを確保する必要がある。

 

結果、失敗に終わりそうなプレミアムフライデーは、飲食店の人件費負担を増やし、なおかつ社員にとっても全く嬉しくない制度となった。

 

なぜ、始めから働く人たちにアンケートを取らなかったのか?

 

事前に働く人たちにプレミアムフライデーに関するアンケートをとって、その後に進めればこんな失敗にはならなかったはずです。

 

プレミアムフライデーなんかより手当てをやれよ

早い話が15時に帰社ではなくて、プレミアムフライデーを実施できるような儲かっている企業は、社員に手当てを渡せば消費は確実に増えるはず。

 

帰社を15時じゃなくても17時でもいいから、会社から3000円(仮)手当てが出れば、仕事が終わって飲みに行く人は確実に増えます。

 

もし、ぼくの会社がそんなプレミアムフライデーを実施してくれれば、良い会社だとも思えるし、毎月月末の金曜日は楽しみで仕方がない。

 

本当に消費が増えると思ったのか? 

経済産業省プレミアムフライデーで真剣に消費が増えると思ったのか疑問。

 

ぼくだけじゃなくて、周りの人でも「すぐ終わるだろう?」と言っているし、逆にプレミアムフライデーが、企業全体に浸透すると真剣に考えた人がいるのだろうか?

 

もし、真剣にプレミアムフライデーが流行ると思った人がいれば、サラリーマンの気持ちを何もわかっていない人だと思う。

 

ぼくは経済産業省などに「大丈夫か?おまえたち」と言いたい。

 

そして、全然プレミアムなフライデーにならなかったな!とも言いたい。

 

プレミアムフライデーの愚痴ばかりになってしまいましたが、もう少し、経済産業省には、まともな対策を考えて欲しいものですね。

 

プレミアムフライデーはやはり消費拡大どころではなかった件でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。