カツオちゃん.COM

30代リーマンの仕事に関する考え方、お金、副業、海外サッカー、おすすめ商品などをご紹介します。

サラリーマンで副業もしている僕が、仕事を辞めたいけど辞めない理由

仕事を辞めない理由

こんにちはカツオちゃんです。

 

 30代に入ってから脱サラ、起業のことを考える人は多いのではないでしょうか。

 

僕は1つの会社の経営もしておりオーナーです。しかし、サラリーマンも当面は辞めるつもりがありません。もちろん理由がありますよ。

 

もし、あなたが30代になり仕事を辞めるのかどうかを悩んでいるのであれば参考にどうぞ!!

 

サラリーマン兼副業が最強だから

最強のイメージ

これからの時代、収入を1つに絞るのは凄く危険だと思います。大手であっても倒産、リストラのような嫌なニュースが目立つくらいですから。

 

そんな中でも、収入を2つにしておけばどちらかが駄目になっても最悪食ってはいけます。

 

 ぼくの場合、現段階ではサラリーマンの収入のほうだ断然多いのですが、副業も少しずつ上がってきている感じ。

 

この余祐が大事だと僕は思うのです

 

もし、サラリーマンしかやっていなければ、今の会社に嫌な空気が流れると、不安で仕方がないと思う。そんな中で副業を始めても遅いだろうし

 

逆に起業する場合もそう。家族がいるのにまた一からスタートとなるのは、精神的にちとしんどい。

 

僕の場合は、サラリーマンも副業も余祐があって取り組めているのでまだ上手くやっていけているのです。

 

なので、もし、あなたが今の仕事に不安があるのであれば、今できることを始めればいい!そう思いますよ。

 

今はパソコン1台でも稼げる時代 

パソコン

こんな時代、副業と言ってもわざわざ深夜のコンビニでバイトをする必要はないでしょう。

 

ご存じの通りインターネットですね。

 

サラリーマンであろうが頑張れば1日2時間~3時間くらいの時間は作れると思います。その時間を使ってやれることを探して見るのはどうでしょうか?

 

例えば、ランサーズで家でできる仕事を探してみたり、ココナラで不要になった物を出品してみたり、アフィリエイトサイトを作って広告収益を得るなど。

 

 探せばいくらでもあるんです。

 

始めはそんなに大きく稼げませんが、慣れてから目標金額を上げればいいだけ。スタートから儲かるビジネスなんてありませんから。

 

 サラリーマンと言う社会的信用

信用

1人身だとあまり社会的信用は気にならないかもしれませんが、家庭を持つと信用ってすごく大事なんです。

 

住宅ローンを組む場合だってサラリーマンであれば、個人の信用情報さえ問題がなければ審査の承認はおります。

 

しかし、フリーランスの人や会社の代表者の場合は、個人の信用情報はもちろん会社の業績まで見られるのです

 

なので、サラリーマンでなけば設立、創業してから3年間は住宅ローンを組むのが難しい。

 

わかりやすくサラリーマンと代表者の比較をすると、起業したての年収1000万の社長さんより、年収400万のサラリーマンのほうが世間的には信用度は高いということです。

 

大きな仕事に関われる

大きな仕事をするイメージ

なかなか個人レベルでは数億円~数100億円の仕事にかかわることってないと思います。

 

でも、サラリーマンの場合だと勤め先次第ですが大きな仕事に関わることもあるはず。

 

この感覚は企業に所属をしたことがない人にはわからない感覚で、必ず大きなビジネスに関わった人であれば経験値になるでしょう。

 

世の中、脱サラを煽る人たちもいますが、そんな人たちは自分で数億円以上のビジネスモデルを作ってからあおって欲しいですね。

 

サラリーマンにはサラリーマンにしかない大きな特典があるのです。

 

 まとめ

ぼくは無理をしてサラリーマンを辞める必要はないと思います。独立をするだけであれば、誰でもいつでもできますから。

 

それと、サラリーマンをしていると不満も出てきて辞めたいと思う瞬間も訪れるでしょう。

 

そんな時はサラリーマンのメリットも一緒に考えて見ると冷静になれるのではないでしょうか。

 

サラリーマンで副業もしている僕が、仕事を辞めたいけど辞めない理由でした。

合わせてこちらもどうぞ!!

仕事がつまらない人は、転職しても変わらない

これからの時代は自分で稼ぐ能力が必要:30代は人生の正念場 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。