仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

仕事が嫌でも辞められない4つの理由【20代~30代のサラリーマン】

仕事が嫌でも辞められない

こんにちはカツオちゃんです。

 

仕事が嫌で仕方がないけど、辞められない人はたくさんいるはず。

 

 そんな人は、いい意味では責任感がある人。仕事が嫌って言いつつ頑張っているのですから。

 

では何故多くの人は、仕事を辞めたいと思っても、ぼくのように辞められないのかを考えてみました。

経済的な理由

退職をすると収入がなくなるので当然ですよね。いくらかの貯金があっても心配なはずです。

 

それに、仕事を辞めようが毎月の支払いは待ってくれません。住宅ローン、養育費などはその人の環境には関係ありません。

 

ぼくが仕事を辞めたいと思っても辞められない理由は、この経済的理由がたいはんを閉めます。

 

入社当時と比べると給料も上がっていますし、それを仕事が嫌だってだけで白紙に戻す勇気がありませんでした。

 

結果は「どこで働いても一緒」と自分に聞かせ、なんとか今もやっていけてます。

社会的な理由

ぼくが仕事をせず家でボーとしていたら息子たちはどう思うでしょう?おそらく良い印象はしないはず。

 

一般的な家庭では、お父さんは子供より先に家をでて、会社にむかうイメージがあると思います。お父さんの背中を見て子供は育つってやつです。ぼくも父親のそういう姿を見て育ったので、平日家にいるのは少し抵抗があります。

 

会社の部下で「将来は主夫になりたい」と言う人がいます。なりたい理由は、「世間を気にせずのんびり過ごしたい」です。「周りの人からの印象は良くないでしょうね」とも言ってました。

 

日本では男性の育休や主夫もそうですが、一昔前に比べると世間に認められつつあります。それでもまだ偏見があるのも事実です。

 

ぼくの息子たちが大人になる10年から15年後あたりに、主夫や育休がもっと世間に浸透すればいいのになと思います。女性でも現役バリバリで働きたいと言う人もいるでしょうし、部下のように家庭の家事をやる主夫がいても良いはずです。

 

仕事を辞められない理由としては、少なからず社会的な理由もあるってことです。

背負っているものからの責任感

子供を大人になるまでしっかり育てるとか、住宅ローンの支払いが終わるまでとか、家族を持つことで様々な責任がのしかかってきます。

 

動物的本能から何かを背負うって必要なのです。鳥でも子供にエサをあげたり育てますよね?最終的な目標は子孫を残すことなので。

 

仕事が嫌でも我慢できるのは、言い換えると人間らしいのです。嫌なことが一つもない方が珍しいはずです。

転職しても自信がない

転職は選択肢として考えることができます。

 

ぼくが転職をしなかった理由は、また1から仕事を覚えるのに自信がなかったからです。今の会社で上手くいってても、他社で通用するのかなんてやってみないとわかりません。それに営業職を選んだので特別手に職がある訳でもないです。

 

それと、生まれ持って頭がいいとか、仕事を覚えるのが早いとかが僕にはないのです。どちらかと言うと努力、我慢、根性で仕事を頑張ってきた人間。頭が良くて何でもそつなくこなす人が羨ましいと思うときすらあります。

 

仕事にたいしまったく自信がないと言う訳ではありませんが、転職しても始めは「苦労するだろうな」と思ったので転職をしませんでした。

まとめ

仕事は辞めようと思ってもなかなかすぐには辞められませんね。

 

我慢をして続けるといい事もあるでしょうけど、結果は続けてみないとわかりません。

 

仕事を辞めたい人は世の中にたくさんいるはず。辞められない理由は、経済的、社会的、責任感、転職しても自信がない。これらが大半を占めるはずです。

 

仕事が嫌でも辞められない4つの理由でした。最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

こちらもよければどうぞ!!

仕事が死ぬほどツライ時に考えること 

www.katsuochan.com