あえてサラリーマンを応援!

20代30代の働くサラリーマンの悩みを解決!がメインのサイト

SEO業者に副業のお店のコンサルをお願いしてみた結果

SEO業者

 

ぼくは副業で会社を経営していて、その会社の集客として、SEO業者にコンサルをお願いした話です。

 

お願いをした業者のホームページは、「大阪+SEO」や東京+SEO」などのビックワードで上位表示されており、なおかつ集客はWEBのみ。電話勧誘などはしてません。

 

SEO業者に限っては、以前にしつこすぎる勧誘電話をうけ、嫌な思いをしたので、

 

WEBで集客をしている実績のある会社に値段が高くてもお願いをしたかった。

 

そんなところでまず結果をいうと、売上は倍ほどになり、アクセスもちょうど倍で、1万PV → 2万PVほどにはなった。

 

SEO業者に支払う値段は、もちろんワードにもよりますが、ぼくの会社のケースだと月々10万円ほどの1年契約。総額でいうとおおかた120万円ということになる。

 

1年契約が終わると月々7万円ほどになって、半年契約も可能とのことなので、継続してお願いをしようと考え中です。

 

会社、お店をやっていてWEBで集客をしたいと考えている人もこのご時世多いと思うので、

 

ぼくの会社が1年間SEO業者でコンサルをうけ、そこで得たノウハウを公開したいと思います。

 

ただし先にいっておくと、SEO業者はノウハウをお客さんであるぼくたちにも公開をしませんので、あくまで僕がSEO業者の担当に教えてもらった話の内容をお伝えします。

 

 

やはり大事なのはブログを書き続けること 

口すっぱく担当者に言われたのが、「専門的なことをサイト内ブログで書き続けてください」だった。

 

専門的というのは、例えばサッカーに関するサイトだったら、サッカーボールのことでも、サッカーユニホームのことでも何でもOKとのこと

 

文字数とかは関係ないから、専門家しか書けない内容を!と何度も何度も言われましたが、正直なところ始めは書けなかった。

 

また僕は会社には出勤しないので、従業員にやってもらおうと思ったのですが、従業員も書けない。

 

挙句の果てには従業員が、「ブログを書こうとすると左脳が痛くなる」とか意味不明なセリフを言い出す始末で、もう少し使えるやつを雇うんだったなと思った瞬間

 

ただそれではダメだと思い、ルールを決めて1週間に3記事、始めはぼくも含め書くことに決めなんとか書いた。

 

雑記的なブログや、このサイトのようにテーマがいくつかあったり、体験したことだったらまだ書きやすかったりしますが、

 

一つの業種、テーマでブログを書くのって大変で、全く楽しくもない。

 

ただし、効果はちょうど半年ほどから出てきて、それまではホームページを見て来店しました!と言うお客さんばかりでしたが、ブログを見てきましたといったお客さんが明らかに増えたのです。

 

ロングテール戦略というやつですね。

 

そこで担当者がいっていたのが"、「ブログを書くのって、みなさんなかなか言っても書いてくれません。でも他社が書かないのは逆にチャンスで、無理をせずルールを決めて取り組めばWEBの集客は必ずできるんです」でした。

 

担当者に専門的なブログを書いて下さい!と言われたときは、「自分たちでか!」と思いましたが、結果的に見ると、WEB集客は努力なんだなと感じた瞬間でした。

 

アクセス解析

ブログで記事のリライトをするのと同じですが、コンバージョンに繋がったキーワード、繋がらなかったキーワードを全てエクセルに出してくれて、

 

コンバージョンに繋がらなかった原因は検索順位なので、記事をリライトするなり、新しくそのワードにあったブログを書きましょう。

 

これの繰り返しだった。

 

ちなみにコンバージョンの測定方法については、スマホサイトから電話発信をした場合1カウントの計算。ほぼ来店に繋がるケースです。

 

それと、キーワードプランナーで競合性が高いワードでは勝負をしない!これはブログを書いている人とかであれば知っていると思います。

 

初心者に優しいSEOについての本も紹介をしてもらい、けっこう参考にはなったので是非どうぞ!!

 

 

デザインは重要視しない、素直に書く

SEO業者がいっていたのは、デザインより説得力のあるテキストが大事といっていた。

 

デザインを無視しろという訳ではないんですが、文章ありきのデザインらしい。

 

ただ気になったのが、そこのSEO業者のホームページはすごくキレイなデザインなのに?と思ったけど、コンサルをお願いしてからある程度の効果はでていたので信用しました。

 

それとネット検索などで書かれている内容と違ったのが、「ブログのタイトルにはこだわらなくていい」ということでした。

 

ネット検索ではブログのタイトルにインパクトをつけろ!とか書かれていますが、まったく逆で、

 

「タイトルを見るユーザーのためだけを考えて最適なものにしましょう!!」でした。

 

正直な話、記事のタイトルに騙されるのってよくあるじゃないですか?

 

例えば、ぼくはサッカーのニュースをネットでよく見るんですが、誰誰が移籍決定!とタイトルに書かれていて、いざ内容を見てみると決定どころか噂だったとか。

 

SEO業者の担当は、それはしてはいけないと言っていた。

 

あくまでホームページ、ブログもお店と同じで、信用を得て長く運営していくものだから、そのような小手先のテクニックで通用するのは今だけ!とのこと。

 

全てはビックワードで一番をとるため 

最終的には、今までご紹介をさせていただいた内容は、ビッグキーワードで上位表示させるためのもの。 

 

SEO業者の担当いわく、ロングテールで上位表示化をさせていき、ビックワードで5番目以内にはいって始めてSEOと呼べるといっていた。※もちろんキーワードにもよります

 

ぼくの会社でも「地域+業種」の検索で3番目に表示されてから劇的に来店数は増えた。

 

それとSEOとは、リンクを貼ったり、テクニックの部分も多少は重要だけど、それよりもライバルに負けずにコツコツとブログを書き続けるのが一番大事といっていた。

 

なので、狙ったワードで上位表示化させるには早くても半年、通常で1年は必要ともいってました。

 

完結にまとめると、

 

ブログをコツコツ書き続けてライバルを出し抜け!!、ユーザーのためになることは全て面倒臭がらずにやれ!

 

基本を極めろってことです。

 

SEO業者に頼んだ正直な感想 

正直な感想は、「SEOってそうやったんかー」っていう驚きはなかった。

 

「基本をコツコツ頑張れ!」といった内容で、当たり前のことをおしえてもらった感じです。

 

現在、ブログを書いている人とかだと、「それ知ってるし!」と言う内容も多かったと思います。

 

しかし、当たり前のことが一番大切で、また何より難しいのだと僕は勉強になりました。

 

ちなみにこのブログでも専門性のサイトにしてコツコツ書こうと思いましたが、副業の会社と違い、お金がかかってないのと、何よりつまらないのでやる気にはなりませんでした。

 

このブログは書きたいことを書いていくスタイルでいいと思ってます。

 

SEO業者には感謝です。始めは同じセリフの繰り返しばっかりで、「この会社大丈夫かよ?」と思いましたが、結果は大成功とまではいかなくても大変よかったです。

 

ブログでSEOをきちんとやって集客をしたいと思うかたは、口のうるさい先生みたいな人が担当としていればいいかもしれませんね。

 

ぼくの会社ではそんな感じでした。

 

一つのテーマでブログを書くのっていつまでたっても慣れません。ぼくは従業員にいまはまかせっきりです。

 

もしSEO業者をお探しのかたがいれば、お問い合わせいただければ業者名をお答えしますのでメールをください。

 

SEO業者に副業のお店のコンサルをお願いしてみた結果でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

こちらに、サラリーマンがブログで副収入:仕組みをわかりやすく説明します。をご紹介しています。よければご覧ください。