仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

飛び込み営業が怖くて出来ない:たった5分で気持ちが変わる方法

飛込み営業が怖くてできない営業マン

飛び込み営業が怖くてできない!そんな風に思っていませんか?

 

飛び込み営業はインターホンを鳴らして、怒鳴られたらどうしようとか、商品の良さを伝えなければとか、考えれば考えるほど怖くなるもんです。

 

挙句の果てにインターホンを押せない!押せたとしても留守だったらホッとする。

 

 僕も飛込み営業をやっていたので、その気持ちは凄くわかります。そんな人へ対処法をご紹介します。

 

 商品を売るのではなくて自分を売る

飛込みの営業が怖いと思っている人の共通点が、始めから「売らなければ 」と思っていること。でも、実際は売れないですよね。

 

そんなときは逆の立場で考えて下さい。見ず知らずの営業マンがいきなり家にきて玄関まで招きますか?ぼくなら絶対しません。

 

営業マンの極意とは、自分を売るです。これは絶対に覚えておいて下さい。

 

怖ければ初対面は名刺だけ渡せばいいんです。もし出てくれたら、「このエリアの担当になったので、宜しくお願いします」だけでもいいのです。

 

もしかすると、その時の反応が良ければ見込み客となりますし、2回目訪問する機会があれば、半分、顔見知りの気分で会えます。

 

実際の話、上手い営業マンは商品を売るうんぬんよりお客様に好かれます。お茶だけをもらいに訪問をする人もいるくらい。

 

そんな人はわかっているのです。営業とは「自分を売ってなんぼ!」と言うのが。

 

飛込み営業が怖くてインターホンすら鳴らせない人は、いったん商品の紹介ではなくて、「あいさつ」だと思って鳴らしてみれば案外気楽にできますよ。

 

商品の良いとこを素直に受け入れる

飛込み営業をする時点で、世間的に見て「売れない商品だろ」と言う残念な人がいますが、そんな意見は無視しちゃってください。

 

確かに売れまくる商品は、ほっといてもユーザーが求めてくるので、それなりには売れるでしょう。インバウンドと言うやつですね。

 

しかし、飛び込み営業で売る商品でも、消費者にとって生活をよりよい物にする何かが必ずあります。

 

ネット回線の販売であれば、今より1円でも基本料金が下がるでもいいでしょう。

 

自分の商品が消費者にとってあっても無くても良い物とおもった時点で、その販売は向いていません。

 

まずは素直に自分が販売する商品のメリットと、できればデメリットも伝わる力を身につけて下さい。

 

人は、「この商品いいですよいいですよー」では不信感がでてしまうのです。メリット、デメリットを聞いてメリットが上回れば「やりたい」と思う動物なのです。

 

 インターホンを押すのが怖ければ押さなければいい

インターホンを押すのが怖い!この経験はぼくにもありますし、1日で1件しか押せなかった時代もあります。

 

その時は、情けなくなり公園で弁当を1人食べていたのを覚えています。いい大人が公園のブランコにのって悩んでるんです。今となっては良い思い出です。

 

でも、その時にふと思いました。何でインターホンを押すのが怖いのか?答えはインターホン越しに怒鳴られるのが怖くて嫌だったんです。

 

「もういいから帰れとか」「しつこい」とか。それは相手も見えな人だから言えるのもあります。

 

そのあとに、インターホンではなくてノックをして何件か出てもらいましたが、やっぱり面と向かっては怒鳴られませんでした。むしろ優しい人が多い

 

飛込み営業とは、断られてなんぼ!と言う人もいるでしょうけど、素人が始めからそのメンタルを持つのは、なかなか難しいと思います。

 

であれば、僕のようにノックにしてみるとか、企業に行くのであれば「名刺だけ渡したい旨を伝える」とかやりようはいくらでもあります。

 

経験上のお話をすると、自分のなかで色々と試してみると、そのうち場数を踏むことになるので、なんとなくでも慣れますよ。

 

 最後に!! 

飛込み営業と言うと、ほとんどの人が嫌がる仕事です。実際にぼくも現役でやっていたときは途中で慣れましたが、

 

今からやれよと言われたら少し・・・と思ってしまいます。

 

逆にやって良かった点は、営業とは商品の説明ではなくて、営業トークに入るまでのフロントが大事なんだと気づけたことです。

 

商品説明に入る前の雑談などがそれらに当たります。

 

早い話。お客様と仲良くさえなれれば、少しでもメリットがあれば買ってくれます。

 

飛込み営業が怖くて出来ない:そんな人へ今すぐできる対処法でした。

 

使えるものがあれば使って下さいね。そして頑張って下さい!

 

合わせてこちらもどうぞ!!

訪問販売営業がうまい人の特徴 2パターン 

www.katsuochan.com

最後までお読みいただき、ありがとうございます。