仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

気軽に手を出すな!自己アフィリでクレカを作るときの注意点

自己アフィリエイトでの注意点

自己アフィリエイトをするときに、高額商品をさがすとどうしても目に留まるクレジットカード。

 

高いものだと1万円くらいの報酬がもらえるので、オススメって言えばオススメです。

 

しかし、だからといっても何でもかんでも申し込むと、後々、後悔するかもしれないので、簡単に注意点をご紹介します。

一気に申し込むときは3社まで 

クレジットカードは何枚まで持てるとか、そういった規制は特にありません。

 

そもそも審査をするときにクレジットカードの総枚数まで調べることはできない。

 

ぼくが言う3枚というのもはっきりとした意味もありません。ネットで調べると1度で10枚作ったとかの報告があるくらいですから。

 

しかし、ぼくは一気にクレジットカードを10枚も作るのは絶対にオススメしません。

 

まず始めにクレジットカードの審査をお願いしたときにもちろん個人情報を調べられますが、そのときに閲覧できるのが下記の情報

 

カード申込み日、借入日、返済日、信販系、銀行系、消費者金融系、各借入総額、返済ができているのかどうか

 

 言ってしまうと、業者もこれくらいの情報しか見れません。

 

 もし、今から一気にカードを申し込むと、カード申込み日に複数登録されることになります。

 

はっきり言うと、同じ日にちに何社ものクレジットカードの申し込みがあると、審査をする側からすると、めちゃくちゃ怪しいですよ

 

「何だこの人は?」と思われて「何かあるな」と思われても仕方がありませんよね?

 

クレジットカードがどうしても必要だとしても10枚も一気に審査をかけるのは異常です。

 

その結果、今もっているカードが強制解約になる恐れもありますし、そうなれば個人情報にその履歴(強制解約)の事実が残ります。

 

ぼくが3枚というのは経験上での結果です。

 

3枚くらいだと1社目に審査に落ちて、2,3社目を同時に審査をしているのかな?と思われるくらい

 

クレジット会社も個人情報を見ると、審査の申し込みまではわかりますが、結果まではわかりませんから。

 

結果というのは、審査の結果が可決か否決か。

 

なので3枚が妥当な枚数なのです。

 

ローンを組む予定がある人は、辞めておこう

10枚ものクレジットカードを申し込むのは論外だけど、もし、住宅ローンを組む予定がある人は、1枚でも辞めておいたほうがいいでしょう。

 

クレジッツトカードの申し込みは、個人情報に半年間記録されます。自社のデータとしては一生です。

 

自社のデータとは、クレジット会社がそれぞれ閲覧できる個人情報ではなくて、自社で保管するデータのこと

 

住宅ローンを組むからと言って、たかだか1枚のクレジットカードで大きな障害にはならないと思いますが、あえて無難な道をえらんでください。

 

クレジットカードの申し込み程度で、住宅ローンに引っかかってしまうと最悪ですから。

 

住宅購入は、一生で一番高い買い物になりえるものです。

 

自己アフィリエイトのために審査に落ちたとなると笑い話ではすみませんよ。

 

封筒が大量に届く

これはクレジットカードに限らずですが、自己アフィリエイトをするにあたって、大量の封筒がとどくのは覚悟しておきましょう。

 

ぼくは子供のニンテンドースイッチ代をかせぐために自己アフィリエイトをしましたが、嫁に「この封筒の数はなに!?」とけっこうビックリして言われました。

 

自己アフィリエイトの内容は、クレジットカード1社とFX口座を5社ほど、あとは資料請求をいくつか登録をしたのですが、知らな人からすると、

 

クレジットカード、FX口座、マンション経営などの資料が大量に届くと、なにこれ????となって普通だと思います。

 

クレジットカードだけでも同様で、何社もの信販会社からの封筒がとどくと、多少なり警戒をする人が多いでしょう。

 

専用のフリーメール取得は必須

自己アフィリエイトをすると、登録した会社からメールが届くようになります。

 

思っているよりけっこうな数のメールがきます、正直うざいと感じるくらい

 

なので、専用のフリーメールを必ず取得するようにしましょう。ぼくはGmailを使っています。

 

アカウントさえ取得すればすぐに使えるので、まだのかたは是非!!

 

もし既存のアドレスを使うとなると、本当に必要なメールがどれかわからなくなるので注意して下さいね。

 

申込みブラックと呼ばれるものについて 

大量のクレジットカードに申し込むと、ネット上では申込みブラックになると言う意見もありますが、事実、そんなものは存在しません。

 

ましては、そんなものでブラックリストに登録をされるなども同様

 

ただ言えるのは、クレジット会社が大量の申込みがある人を警戒するのは本当です。

 

逆の立場だとしても数カ月で何社もの申込みがある人って怪しく感じますよね?それと同じ

 

最後に、クレジット会社は自社で各データの保存をします。

 

例えば、ぼくが今月に三井住友VISAの審査をお願いして仮に審査に落ちたとします。

 

その1年後に同じ三井住友に審査をお願いすると、過去にぼくが審査に落ちたデータが見えるのです。

 

その結果、審査をどうするのかは各信販会社の判断なので僕ではなんとも言えませんが、一度信用を失った会社とは、一生付き合えないと思っておいたほうがいいでしょう。

 

大げさではなく、信用はそれくらい大切なんです。

  

 自己アフィリエイトについては、こちらに詳しく記載しています。よかったらどうぞ!!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。