あえてサラリーマンを応援!

20代30代の働くサラリーマンの悩みを解決!がメインのサイト

仕事のストレス解消法!限界がきてからでは遅いのでお早目に

仕事のストレスを解消

 

マジメな人ほど"仕事を辞める=ダメな人間"だと勘違いをして、ストレスが原因で病気になってしまう。仕事を辞めたい、焦る、苦しい、寝れないなどの体調不良を訴えたりと。

 

ぼくも実際に病院にいってカウンセリングを受けた経験があり、当時は上司が原因で仕事に行くのも嫌だし、夢にまで上司に追いかけられ、睡眠不足におちいり人生最大の危機のような気分でした。

 

そのような経験をしたので、この記事では当時のぼくのような人の参考になればと思います。

 

また仕事のストレスは何もしなければ蓄積されるばかりでいつまでたっても解消されません。また、「まさか自分がこんなことになるとは思わなかった」となるケースがほとんどです。

 

なので、少しでも体調に変化が感じられたら、何かしらのアクションを起こすように心がけましょう。

 

 

仕事のストレスが原因でなる症状について

仕事のストレスが原因で病気になる

 

そもそもストレスとは何なのか?から行きたいと思いますが、ストレスの原因は4つの構成からなり、ストレッサーと呼ばれ、外的刺激の種類から、物理的ストレッサー(寒さ、騒音など)、科学的ストレッサー(酸素、薬物など)、心理的ストレッサー(怒り、不安など)、生物的ストレッサー(炎症、感染など)と呼ばれます。

 

上記の文章はウィキペディアを参考にさせて頂いているので、詳しく知りたいかたはウィキペディアで確認して下さい。

 

で、仕事のストレスの多くは心理的ストレッサー(怒り、不安)が原因だと考えられると言うことです。

 

ぼくの場合も上司に怒られすぎて不安になったので、心理的ストレッサーが原因ですね。

 

そこでストレスが原因でなる症状は、頭痛、胃が痛い、だるさ、悪夢を見る、不眠、なかには辛さをから解放されるために酒に逃げてアル中になる。

 

ぼくの友人も仕事のストレスが原因でアル中になったかたがいますが、見ているほうもそれより辛いものはないと思えるほどの症状でした。

 

また仕事のストレスで怖いのが、うつ病自律神経失調症になってしまうことです。

 

うつ病になる原因はまだはっきりと解明はされていません。言えるのはストレスや環境の変化などいくつかの理由があり発症すると言われている。

 

自律神経失調症に関しても、自律神経の乱れが原因でなる病気ですが、さきほどもあげたようにストレスとは4つの構成からなりたっているため、色んな原因が複合されてなると言われています。

 

また自律神経は全身の器官をコントロールするため、バランスが崩れると前進の機能に支障をきたして、さまざまな症状が出ます。さまざまな症状とは、めまい、頭痛、動悸、不眠、耳鳴り、しびれなど

 

どちらにしてもやっかいな病気なので、早目に対処をする必要があるのです。

 

 

仕事のストレス発散方法 

仕事のストレス発散方法

 

これからご紹介をするストレス発散方法については、全てぼくが試したものです。一番は医者に早目に見てもらうが一番ですが、1人ですぐにできるものばかりをご紹介しているので、参考にして頂ければと思います。

 

☑ 1人カラオケに行く

 

1人でカラオケにいった経験がなければ、少し抵抗があると思いますが、勇気を出して一度試して下さい。

 

どうしても1人で行くのが恥ずかしければ、近くで一杯飲んで行くのもアリだと思います。僕はそうしました。それに意外に1人でカラオケに行く人はいます。たまたまなのか僕の周りでは女性が多い。そして1人カラオケに行く理由はストレス発散です。

 

1人カラオケは効果抜群!!大声を出すことはストレス発散に最適。

 

理由は大声を出すことで横隔膜の上下運動が促進され、内臓にマッサージ効果がおこり血行が良くなるのが原因です。確かにカラオケで歌うと体が温まりますもんね。

 

曲はうる覚えの曲でも何でもいいので、とりあえず歌えばいいのです。目的はストレス発散なのですから。

 

☑運動して発散する

 

運動は汗をかいて普段動かさない筋肉を刺激し、深呼吸をすることで自律神経を整えるのがストレスを発散できる理由です。

 

運動といっても難しく考えず、散歩でも全然OK、ぼくの場合は市民体育館にいって水泳か夜であればバッティングセンターに行きます。もし近くに施設がなければ、それこそ自宅で筋トレでもいいと思います。

 

運動をしている最中は、仕事の嫌なことなんて考える暇がありません。ぼくも水泳中は泳いで前に進むしか考えられず、終わったあとはスガスガしく感じますし、ストレスを発散できている実感さえ湧くくらい。

 

ストレスの一番の発散方法とは、ストレスとうまく付き合うです。ストレスがたまりにたまって体調不良になるまえにコントロールをすること。コントロールするには運動がオススメです。

 

☑美味しいものを食べる

 

ぼくの場合は焼肉。それと、暴飲暴食ではなくて心を満たすため。

 

美味しい物を食べるとなるとお金はかかりますが、イライラを引きずるのを考えると全然メリットはあります。

 

人間はおいしい物を食べると幸福感を感じるのです。実際に、友人と楽しみな食事の予定があったりすると、嫌な出来事も我慢できませんか? 

 

人は交感神経と副交感神経のバランスでなりたっているのですが、イライラしてストレスをためると過剰に副交感神経を働かせようとします。その際に胃を膨らませて消化をすることでバランスを保ちやすくなるようです。

 

☑その他ストレス発散方法

 

音楽を聴く、買い物をする、映画鑑賞、マンガを見る、マッサージに行くなどさまざまなストレス発散方法がありますが、ストレス発散とはなるべく自分にあう方法を見つけるようにして下さい。

 

ぼくはストレスが溜まってイライラすると水泳に行こう!となりますが、それはぼくが水泳自体が好きなのも関係します。

 

水泳に楽しみを見いだせない人が、ストレス発散のためにプールにいったところで、本当の意味での発散にはなりません。水泳中に仕事の嫌なできごとが頭によぎりながら泳ぐに決まっているから。

 

自分の好きなもので尚且つストレス発散になりそうなものが頭にパッと思い浮かばない人は、「夢中になれるストレス発散方法がない」ではなくて、何でもトライするを繰り返してみましょう。必ずそのうち自分にあうストレス発散法に出会いますから。

 

仕事のストレスを相談できるところ 

仕事のストレスを相談

 

もし少しでも体調の変化が見られるようでしたら、近くの心療内科にいって下さい。ぼくの場合は不眠で相談をしに行きましたが、専門家に話を聞いてもらい薬を出してもらえるだけで気持ちは必ず和らぎます。

 

「仕事のストレスで病院って!」と抵抗があった僕ですが、病院にいってすぐに改善はされませんでしたが、病院にいったこともふまえ、信頼のできる同僚に悩みを相談したところ、体調は少しづつ修復されました。

 

なので、あなたにも信頼のできる人がいれば相談して下さい。悩みは聞いてもらい第三者からアドバイスをもらえるだけで変わりますから。

 

あとはどうしても仕事の環境が改善される見込みがなければ転職をするべきです。仕事のために人生を棒にふってはいけません。

 

また、冒頭でもご説明をしたとおり、"仕事を辞める=ダメな人間"ではありません。本当の意味でのダメな人間は、悩みすらしませんから。

 

なので、選択肢の1つとして転職も1つの解消法なのです。

 

仕事の悩みとは一生の悩みのように感じる人が多いですが、実際そうではなく、辞めてしまうとその元凶とは離れることができるケースがほとんど。また、悩みが解決したあとに実は小さな出来事だったのだと感じるものです。

 

転職については今より給料が下がるのは困る、内定をもらえる自信がない、その他もろもろの条件が心配だというかたは、転職エージェントに相談をしてみるのもいいでしょう。転職エージェントについては下記サイトより簡単に詳細を書きましたので参考にして下さい。

 

 

まとめ 

この記事では僕の経験の元、書きたい内容を書きましたが、調べたつもりではありますが、病気については、もしかすると間違えた表現をしてしまっているかもしれません。見つけたかたは、ご連絡を頂ければすぐに修正しますので、ご協力をお願いします。

 

仕事のストレスとは、蓄積されてどうしようもなくなってしまうと、本当にツライものです。また本人だけが悪いものではありません。

 

少し自分の体がしんどいな!と感じれば、専門家に相談をしてみて下さい。この記事をご覧になって頂いているかたが、少しでも楽になって頂ければ幸いです。

 

頑張ろうじゃなくて、楽になれるように!を目指して下さい。最後までお読みいただき、ありがとうございます。