あえてサラリーマンを応援!

20代30代の働くサラリーマンの悩みを解決!がメインのサイト

好調スタートのバルセロナ!鍵は強豪相手に勝てるのかどうか!

バルセロナ

出典:サッカーキング

 

公式戦6連勝(2017/9/19日時点)と好スタートを切っているバルセロナ。このままのペースでリーガ、チャンピオンズリーグともに勝ち続けられるのかを予想したいと思う。

 

ぼくの予想はメッシ次第で、メッシをこのままフルで使い続ければ難しいんじゃないかなと思う。是非、バルベルデ監督にはメッシもローテーションに含むようお願いしたいところ。

 

あとはどうしてもチャンピオンズリーグなどでアトレティコレアルマドリードに勝てる想像がつかない。

 

それに、なかなか調子のあがらないレアル・マドリードだけど、シーズン後半に向けて調子を上げてくるのは間違いない。レアルは追い詰められたら強い。だから現状では世界一のクラブチームなのだ。

 

では、バルセロナの問題点についてご紹介します。

 

メッシ依存 

今のバルセロナはメッシにスペースがあれば得点を量産できる。逆にマンツーマンでマークをされると得点がとれない傾向にある。

 

それにメッシも言っても人間。調子には波がある。シーズン通して今のペースのまま続けるのはさすがに無料がある。

 

問題はメッシの調子がよくない時に変わりに得点を量産できる選手がいるのかどうか!

 

バルセロナネイマールの穴を埋めるためにデンベレを獲得したけど、ケガで年内の出場は絶望的になった。スアレスは期待はできるけど、現バルセロナの戦術にはフィットしていない。

 

と言うのも、スアレスは狭いスペースでボールを回してゴールを奪うパターンではなくて、空いたスペースを裏から抜け出しゴールを奪う選手。典型的な9番のストライカーとも言える。

 

バルセロナ監督であるルイスエンリケは、カウンターを重視したサッカーであったため、スアレスが抜け出してゴール!といったパターンが多く見られたけど、今は細かいパス回し、ラストはメッシへと繋ぐ、ペップ監督のバルサ黄金時代のようなサッカーになりつつある。その状態でスアレスと言えどどうなのか?と言うのが素直な感想

 

メッシのケガ

もう1つの問題、メッシがケガをした場合。

 

ネイマールがいたときは、メッシの代わりに得点を決め、あの瞬間だけを見ると、メッシよりネイマールのほうが上手い!と感じた人も多いと思う。

 

現に2015/16シーズンでは、メッシがケガで離脱しているときに、ネイマールバルサを引っ張り試合に勝ち続けた。

 

メッシの代わりを探すのも無理な話だけど、ドリブルで切り込んで相手のディフェンスを崩せる選手がいればと思う。そして今はいない。

 

バルベルデ監督のカリスマ性が未知数

ぼくはビッククラブの監督にはカリスマ性が必要だと思っている。

 

チームが不調になったときにどう立て直すのか!サッカーに限らずだけど、勝負の見せ所です。

 

その点がバルベルデ監督は未知数。戦略家ではあるけど選手をまとめる力がどうなのか!現にビッククラブでは監督初就任。

 

一流チームは勝って当たり前!逆に負けるとコテンパンに批判をされる。バルベルデ監督は批判を浴びたときに跳ね返せるメンタルを持ち合わせているのかが心配なところ。

 

パウリーニョには謝らなければ

ぼくは当初、なぜパウリーニョなんかを獲得するんだ!と言っていた。

 

どうせカネ目当てで中国にいって、選手として上を目指すのではなくて、所詮はスポーツも金なんだなと考えさせられた瞬間だった。

 

しかしパウリーニョは、バルセロナに新しいカラーを取り入れてくれた。走力と何より力強さ!今までのバルサにはいなかったタイプ。逆にいうと今までにいなかったタイプだったので、絶対にフィットしないと僕は思い込んでしまっていた。

 

今のところ2戦2得点とこの上なく好スタートをきっているパウリーニョだけど、シーズン通してもその好調を期待したいところ。また期待できる。

 

また僕も単純な男で、バルセロナのメンバーらしくない悪役の顔つきをしているパウリーニョの応援をしたくなった。

  

鬼門はクラシコ

スーペルコパでは、レアルマドリードに2試合合計スコア1-5とボコボコにされたバルセロナ

 

2017/18シーズンの次節クラシコは、12/20日となる。ここがバルサにとっては鬼門になるはす。

 

勝てばそのままの勢いでリーガ、チャンピオンズリーグ優勝に向けて食い込むことができると思う。逆に負ければレアルマドリードがさらに勢いがつく。

 

バルセロナの今シーズンの鍵は、メッシの調子とクラシコの結果に依存すると僕は考える。

 

以上、好調スタートのバルセロナ!鍵は強豪相手に勝てるのかどうか?でした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。