仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

浪費癖が治るまでにかかる時間:元ブラックな僕の体験談

浪費癖が治るまでの時間

浪費癖とは、タバコやギャンブルの依存症と同じで、すぐに改善をすることは難しいのです。

 

結論から言うと、ぼくの浪費癖が改善されるまでは、真剣に辞めると決めてから3ヶ月の時間が必要でした。

 

改善の内容は、毎月決めた金額でやり繰りできる様になること。お金にしっかりした人からすると当たり前の内容となっております。

  

浪費の改善方法はムリにやるとストレスがたまりますので、毎日の収支と毎月の結果を見て修正をしていきました。

改善一ヶ月目

1ヶ月目からは、毎日収支をつけて、自分のお金の流れを把握する様にしました。

 

1日1500円で月間(30日)計算とすると45,000円。小学生でもできる計算。しかし、いざ自分がつけてから月間使用額を計算してみると90,000円

 

はっきり言って、収支をつける意味がないほどの差額です

 

収支をつけ始めて変わったと言えば、自分が使った金額をつける癖ができたくらい。しかし、つけるだけでは意味がありません。

 

それに、月半ばで「このままのペースで使うとヤバイな」とわかってました。しかし、飲みの誘いがあった時でも「何とかなるやろ」と悪魔の声がささやき、行ってしまったのです。

 

浪費癖が治るまでの1ヶ月目は、正直なところ今までと対して変化はありませんでした。

改善二ヶ月目

2ヶ月目からは、1ヶ月目で大失敗したことへの反省をもとに改善案を考えたのが変化へとつながります。

 

1ヶ月目では何となく「毎月5回くらい飲みに行ってるかな?」と言う感覚だったのが、フタを開けると10回。ちょうど倍でシャレになりません。

 

このままでは1ヶ月目と何も変わらないと思い、月間で飲み回数は4回までと決めました。浪費のたいはんは、飲み代であるのが収支をつけている事で判明していたので。

 

その頃から、毎日収支をつけるのは当たり前なのですが、今までもらってなかったレシートや領収書を必ずもらう癖ができました。「使った正確な金額を把握したい」と言う思いが目覚めたのだと思います。

 

結果は、目標45,000円に対し使った金額は70,000円。達成率で言うと64%でまだまだ全然。飲み回数も目標4回に対し6回。

 

ぼくは45,000円以上を使うと家のお金に手を付けなければいけないので、今のままでは非常にマズイ。嫁にも浪費癖改善の決意表明までしたのに信用がた落ちです。

 

2カ月目は少し変化はありましたが、目標には到底だどりつきませんでした。

改善三ヶ月目

2ヶ月目の反省として、月間で考えると1カ月が長く感じるので、半月単位で考えるようにしました。

 

飲みに行くのも月4回だと少なく感じていましたが、2週間で2回も行けると思うようにしました。

 

その考え方がよかったのか、週末飲みにいく予定を立てることで平日の誘いを我慢できるようになりました。誘われても「今日はゴメン」と言える自分がいました。今までにはなかった出来事です。

 

それと、細かい計算もできるようになり、例えばランチで外食に行って800円使ったのなら、翌日は平均金額を下げるためにコンビニで400円におさえようとかです。

 

当たり前の話しですが、目標45,000円で30日計算だと、1日2,000円使った日があれば、どこかで1,000円しか使わない日を作らなければ計算が合わなくなります。そんな当たり前の計算ができる様になったのが3ヶ月目でした。

 

結果は目標45,000円にたいして37,000円。この経験は生まれて始めて。それに残った8,000円は自分のものなので、来月使おうと思えば使えます。

まとめ

ぼくはこの3ヶ月目以降も収支が目標よりオーバーした月はありません。継続期間は約3年です。

 

ふりかえると、浪費癖があるときは、しなければいけない我慢ができなかったことと、毎月自分がいくら使っているのかを把握してなかっただけでした。当たり前のことが出来なかったのです。

 

もう1つ感じたことがあり、毎月お金の管理ができるようになると、もちろん少しずつお金も余り、心に余裕ができることです。

 

金銭面の余裕だけでなく、ぼくの場合は飲みに誘われても断ることに対しての余祐ができました。「今日いかなくても週末の楽しみが作れるし、週に1回行くのも2回行くのも同じ、それだったら1回でいいやん」と。

 

浪費癖はすぐには改善できません。ある種病気なのです。

 

浪費癖に悩んでいる人は、毎日の収支をつける。毎月の結果を見て改善をしていく。これらをお試し下さい。

 

それと、なぜか浪費を辞めてからの方が、人生充実している感があります。お金を使っていないのにです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

こちらで浪費癖を治すために実践した4選をご紹介しています。よかったらご覧下さい。

 

www.katsuochan.com