あえてサラリーマンを応援!

20代30代の働くサラリーマンの悩みを解決!がメインのサイト

上司は部下に奢って当然?僕はその考え方が嫌いだ

奢って当たり前

 

上司は部下に奢るのが当然なのだろうか?

 

ぼくは部下数人と居酒屋にいっても、会計の全ては出さない。しかし、僕より役職が下の人間でも部下と飲みに行って2万円3万円と全てだす人もいる。

 

一回の飲み代で2万円3万円を出せる出せないもあるし、既婚者か未婚者かなど環境に依存する部分も大きいと思う。

 

既婚者で子供が2人いるぼくは、毎回会計の全てを支払う能力はない。

 

ぼくのように部下と居酒屋などにいって会計をどうしようか!と考える人もいるはず。そんな人に参考になればと思います。

 

 

まずは強制参加は辞めよう、論外です 

ぼくが新入社員だったころ、強制参加の飲み会は胃が痛くなるくらいに嫌いだった。

 

上司に予定があるからと飲み会を断わろうとすると、「仕事やぞ」といって怒鳴られたのを今でも鮮明に覚えています。

 

なので、ぼくは強制参加の飲み会を絶対にしない。

 

もし部下を誘うにしても、「強制ではない」とか「予定があればそっちを優先して」と必ず言うようにしている。あと一点は飲みにいって酒が入っても偉そうにしないこと。部下からすると会社を出てまで仕事の話を聞くのは嫌だろうし。

 

ネットなどで会社の飲み会は嫌いだ!行きたくないといった記事が目につくけど、ぼくの場合は、いろいろと気を付けているのもあり、部下からそう思われていると感じたことが一切ありません。

 

上司と部下という上下関係があったとしても、それは社内だけの関係であって外に出ると関係はない。それもわからず飲みに行って偉そうにする上司や、強制で参加させようとする人間がいるから「飲み会に行きたくない」と思う若者が増えたのは言うまでもない事実です。

 

奢りは当然なのか? 

僕としては会計の全てを出す必要なんかないと思っている。ただし多目には出します。

 

例えば、4人で会計が15,000円だったら僕が10,000円を出すように、キリのいい金額を出している。たまに割り勘にする場合もある。

 

そこで部下から不満を言われたことはないし、むしろ部下は「自分の分は自分で出したい」と言ってくる子たちもいるくらい。

 

なので、奢るのは当然だと、ぼくは一切思わない。

 

そんな僕でも仕事帰りに部下から「焼鳥どうですか?」と言われて寄ることもあります。上司からすると部下から誘われるのは凄く嬉しいことなんです。

  

奢るのは時と場合によって変えればいい

ぼくが数年前にだした答えがこれで、奢るのは時と場合によってかえればいい。それに上司だからといって毎回毎回奢っていたら自分のお金がもたない。

 

ぼくの部下でも無理をして毎回後輩にご飯を奢っている人がいますが、ぼくは無理をしなければいけないほどお金に余裕がなければ、行かなければいいとも思う。

 

自分に余裕がないのにお金を出すのは何をしているのかわからない。

 

例えば、会社の行事で飲み会があったとして、2件目にいくのに2人を誘い、そのときは全額を出すとか、部下から誘われた場合は、ほとんど割り勘にするとか臨機応変にすればいいだけ。

 

奢ってもらって当然だと考える人間とは、付き合う必要はない

人に奢ってもらって当然だと考える人とは、会社での付き合いは最低限だけでいいし、男女、友人のような関係でも同様です。

 

もしあなたが、男が奢って当然だと考える女性のことが現在好きなのであれば、見る目がないのでしょう。そんな女と付き合い結婚をしても、金としか見られないのは目に見えている。

 

ぼくが奢ってもらって当然だと考える人間と深く付き合うことがないのは、最低限の人間の見る目はあったのだろうと思う。

 

普通に考えればわかるけど、ご飯を食べるのはお金がいるし、遊ぶにもお金がいる。それをタダで当然と思える思考がぼくには理解できない。また付き合う必要はない。

 

自立している人は奢ってもらって当然と思わないし、キチンとお礼をする 

そういえば僕の周りで1人奢ってもらって当然だと思ってそうな人が1人いる。ついつい忘れていた。その人を佐藤とします。(仮名)

 

ちなみに佐藤とは1回だけ飲みにいきましたが、以後一度もいってない。

 

それにはキチンとした理由があり、佐藤を含め5人ほどで仕事帰りに飲みに行ったときにある出来事がおこったのです。

 

佐藤は入社して半年足らずと言うのと、ぼくとは始めての飲み会だったので、「今回は始めてだし佐藤の支払いはぼくが出す」と飲みにいくまえから決めていました。

 

入ったお店は2時間制で、ラストオーダーが終わり会計をしようとすると、そこには佐藤がいなかった。トイレに行っていた

 

それから佐藤抜きで会計を済ませ、店の外でまっていると10分くらい過ぎて佐藤が戻ってきた。で、何も言わずに僕たちの輪の中に入ってきたのです。

 

ワイワイしていた雰囲気だったのもあり、佐藤にぼくは何も言いませんでしたが、「御馳走さまでした!」くらい言えが本音だった。

 

それから何カ月かたって社内の人間から聞いた話だと、佐藤はやはり会計のときにトイレに行く常習犯でした。高校生みたいで少し面白かったけど、大人としてはどうなのかなと正直思ったし、仕事も厳しいだろうなと思いました。

 

ぼくの経験上、仕事もプライベートも楽しんで上手くいっている人は、奢ってもらって当然だといった雰囲気は全く出さないし、奢ってもらうときは、「御馳走様でした」と必ず言う。

 

こんな当たり前のことも出来ない人は、将来も厳しいのではないかとおもった30代半ばのサラリーマンでした。(僕のこと)

 

自分の財布に素直になれ 

ぼくは無理をして奢る必要はないし、余裕があれば全部出せばいい、誘われる分はほぼ割り勘にすればいいと、お金に無理はしません。

 

究極の結果論としては、飲みにいくだけなのに、ああだこうだと考えなければいけない人とは、付き合わなければいいし、もし誘われても行かなければいいだけ。

 

ぼくは飲み会が好きですが、嫌いな人もいる。そもそも飲み会とは親睦を深めたり楽しむものです。そこには奢って当たり前、奢られて当たり前といった概念は存在しません。

 

なので、ぼくは奢ってもらって当然だと考える思考が嫌いなんです。

 

以上、上司は部下に奢って当然?僕はその考え方が嫌いだでした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。