カツオちゃん.COM

30代リーマンの仕事に関する考え方、お金、副業、海外サッカー、おすすめ商品などをご紹介します。

テレアポとはどんな仕事?一から徹底解説します【アルバイト】

テレアポとは

 

特に女性に人気のテレフォンアポインター。略してテレアポ

 

名前は聞いたことがあるけど、どういう仕事なのかわからない!そんな方へ一から解説をしたいと思います。

【一部修正 2017/9/26】

テレフォンアポインターとは?

簡単に言うと、個人消費者や企業にたいして、電話で自社製品の案内をして、営業マンが訪問をするためのアポをとる仕事。

 

女性に人気のアルバイトで、とくに30代~の人達に需要があります。

 

始めてテレアポをする人達からすると、一見、企業や個人消費者にたいして商品の案内って難しそうだなと感じるかもしれません。

 

しかし、それはあながち間違いではないです。

 

テレアポの求人情報を見てもらえればわかると思いますが、他の業種と比べても時給は高めです。ここ最近では相場が1500円くらい(2017年時点)

 

企業が時給1500円もだすのに楽な仕事な訳ありませんよね。

 

ただ安心してもらいたい点は、商品の案内を電話ですると言ってもいきなり「さあ案内して下さい」とはなりません。そんな感じでアポイントが取れる訳がないですから。

 

企業もきちんとトークマニュアルを用意しています。なので、基本はそのトーク通りに案内すると言う感じです。

 

またテレフォンオペレーターとは何が違うの?と言う人もいるので一応説明をすると、略してテレオペとは、企業にかかってきたお客様からの電話対応をする仕事。

 

テレアポは発信業務で、テレオペはかかってきた電話対応と思ってもらってOKです。

 

それらをひっくるめてコールセンターとも呼ばれます。

 

テレアポでのメリット

メリットは企業によってまちまちですが、契約になれば時給とは別に報酬が用意されているのがメリット。営業マンでよくある歩合、インセンティブのようなもの。

 

報酬の支払い方法は、契約1件につきいくらと言う企業もあれば、時給に100円上乗せされるようなシステムもあります。

 

それとテレアポで働くメリットの1つは、時間のある程度の融通がきくケースが多い。

 

テレアポの人材というのは、なかなか人が集まりにくい仕事なのです。

 

なので、企業は週に2~3日しか働けないとか、1日3時間しか働けないと言う人達でも確保したいのが本音。

 

もし、あなたが今からテレアポの面接に行こうと思っているのであれば、シフトについてはありのままに言って下さい。

 

採用されたいがために週4~5日働けると偽って採用されても、実際、違うとなったときの方が印象も悪くなります。

 

企業側からしても週3のシフトだったとしても、その通りにきてくれる人が欲しいんです。

 

テレアポでのメリットとしては、

契約数に応じて時給とは別に報酬がもらえる

シフトの融通がききやすい

 

これらが主な2点と言えます。

 

最低限のスキル

最低限のスキル

 

最低限のスキルとしては、本読みができる程度のトーク力。これはほとんどの人が問題ないと思います。マニュアルトークをそのまま読むだけですから。

 

もう1つあり、PCの超初心者レベルでもいいので文字を打ち込む程度のスキルです。

 

10年ほど前であれば電話機から電話をかけるという従来のやりかたが一般的でした。

 

しかし、現在はシステムを搭載している会社が多く、システムとはアポインターが電話をした内容、電話をかけた履歴、対応履歴などを共有するもの。

 

それらの打ち込みは全てPCになると言うことです。

 

打ち込みにかんしては早くキーボードを打てとか、打ち間違いは罰則とかそういう類のものではなくて、遅くても文字を打てるくらいでOK。

 

自分はパソコンのパの字もわからない、自信がないと言う人は、面接時にきちんと心配なことを伝えるか、応募自体をやめておいたほうがいいと思います。

 

実際にたまーにいます。PCで文字をどうしても打てないと言う人。しかし、100人いて1人いるかいないか程度だと思って、基本は安心して大丈夫でしょう。

 

テレアポに向いている人の特徴

テレアポはPCのスキルとかトークが上手いとか以上に、向上心をもって取り組めるのかがとても大切な仕事です。

 

基本テレアポは単純作業です。リスト順に電話をかけて断られたら次かける、また断られたら次と、どんどん電話をできるのかが一番重要。たまにいますが1件断られていちいち悩んでいては一生アポはあがりません。

 

そんなところで僕が考えるテレアポに向いている人の特徴とは、

 

✔少しでも稼ぎたい

キャバクラ嬢の売上を競うイメージまで行かなくても、それに近いところはあります。会社によってルールは変わりますが、1件とって時給と別で報酬が用意されていたり、アポを良く取れる人は時給自体を上げたりする会社もあるくらいです。

 

✔肉体労働が嫌、デスクワークが好き

もちろんですが、体を動かしたいという方はまずテレアポには不向き。テレアポは座りっぱなしです。

 

✔人と話すのが好き

良くしゃべる子は、やはりテレアポをさせるとまあまあの成績を上げます。ただしプラスで向上心があればですが。ただ単にしゃべり好きではダメ。

 

テレアポのつらいところは?ノルマ?

テレアポがしんどい女性

 

テレアポのつらいところは、会社によっては個人のノルマを設定されることです。

 

ノルマに関しては本当に会社によって違うとしか言えないのですが、厳しいところだど、アルバイトみんなが集まる場所で名指しで怒られたり、時給を何割かカットしたりするケースもあるようです。

 

あとは、どうしても「テレアポ=勧誘電話」だと電話口のかたが思ってしまい、頭ごなしに怒ってくる人もいます。

 

正直、かなり理不尽なセリフをいう方もいて、「電話で時間を取られたから今から責任者と謝罪にこい」みたいな人もぼくは過去に出会いました。こんなケースはレアですが、似たようなのはちょくちょくと出会うかもです。※そんな時は社員が対応します

 

ただ先程も説明したように、クレームやノルマを達成できなくてくよくよする位なら、次々と電話がかけられるメンタルが必要。でないといつまでたってもテレアポでは成果がでない。

 

今からテレアポに挑戦する人へ1つアドバイス

あくまで1つのアドバイス程度で聞いて欲しいのですが、求人サイトを見るとテレアポの募集でもたくさんの業種が掲載されています。インターネット回線の勧誘から金買取りなどざまざま

 

もしこの記事をご覧になっているアナタが、今後にでもテレアポの応募を考えられているのでしたら、扱う商品と、その商品に少しでも興味がもてるのか?だけ余裕があれば考えてみて下さい。

 

あくまでテレアポで一番大事なのは、次々と電話をかける単純作業に耐えられるのか?ですが、自分の勧誘する商品に少しでも興味がもてれば、他人にもなお案内しやすくなるはず。

 

自分が必要性を感じない物は他人に紹介しにくい、逆に凄くいいと思った商品は他人にも勧めやすい。仕事のテレアポで勧誘すると言えど、少しでも商品に興味がもてれば言うまでもなくアポが取りやすいのは事実です。

 

テレアポのおすすめ求人媒体

今はどの業種にしても求人件数が多く、またユーザーからするとどの求人サイトを使えばいいのかわかりにくいはずです。

 

ぼくは求人会社の担当と打合せをしたり、アルバイトの面接をする立場ですが、数ある求人媒体のなかからオススメなサイトをいくつかご紹介します。参考にして下さい。

 

バイトル

アルバイト求人サイトユーザー調査、総合満足度NO1バイトル

 

人気の理由はサイトの使いやすさ、

 

スマホ専用サイト、全国90000件の掲載と働きたい街、条件を細かく絞り込んで検索ができる。高時給、短期OK、日払いOKも多数掲載中!!

 

ぼくが個人的にオススメできる点は、職場の雰囲気が伝わる動画をしっかり掲載していること。何となくでも雰囲気がよさそうだったら安心しますよね。 

 

 

アルバイトEXから応募でお祝い金3万円がもらえる

日本最大級アルバイト求人情報サイトのアルバイトEXから応募をするだけで、お祝い金3万円がもらえます。面倒な手続きなどもありません。

 

また、アルバイトEXは大手求人会社であるanマイナビジョブセンスなど21社と提携しているサイトなのでとっても安心

 

こちらのサイトから応募するだけで3万円ももらえるのは熱い。テレアポの職種はオフィスワーク系になるのでご注意を!!

 

どうせ働くならお祝い金を物にしたほうが得なので、是非、ご活用ください。

 

 

ママワークス

最後のご紹介はママワークス。と言うのもテレアポを希望するかたは、シングルマザーや主婦が多いのです。そこで全国のママを応援するサイトの登場。

 

ママワークスのキャッチコピーは、「働く時間と場所を選べる」です。場所?と気になった人もいると思いますが、ママワークスでは在宅ワークでの募集もしているのです。もちろんテレアポも掲載多数 

 

働きたいけど子供がまだ小さいから外に出られない、外に働きにいけても高時給のようなテレアポが住まいの近くで応募がない !そんなかたも多いと思います。

 

そんなときはママワークスを一度拝見でもいいのでしてみて下さい。公式サイトより実際に働くママのインタビューも掲載されているので安心して頂けるはずです。

 

 

テレアポとはどんな仕事?一から解説します【アルバイト】でした。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

 

関連記事:【テレアポのコツ】基本をおさえるだけで成果は出る