あえてサラリーマンを応援!

20代30代の働くサラリーマンの悩みを解決!がメインのサイト

テレアポとは?からコツまでを徹底解説【アルバイト】

テレアポとは

 

特に女性に人気のテレフォンアポインター。略してテレアポ

 

名前は聞いたことがあるけど、どういう仕事なのかわからない!そんな方へ一から解説をしたいと思います。

 

これからご紹介させて頂く内容は、テレアポ経験者、未経験者のかたでも見て頂ける内容となっています。

 

ですが、かなり文章が長くなるので、目次を見て気になる項目からご覧になって下さいね。

 

テレフォンアポインターとは?

簡単に言うと、個人消費者や企業にたいして、電話で自社製品の案内をして、営業マンが訪問をするためのアポをとる仕事。

 

女性に人気のアルバイトで、とくに30代~の人達に需要があります。

 

始めてテレアポをする人達からすると、一見、企業や個人消費者にたいして商品の案内って難しそうだなと感じるかもしれません。

 

しかし、それはあながち間違いではないです。

 

テレアポの求人情報を見てもらえればわかりますが、他の業種と比べても時給は高めです。ここ最近では相場が1500円くらい(2017年時点)

 

企業が時給1500円もだすのに楽な仕事な訳ありませんよね。

 

ただ安心してもらいたい点は、商品の案内を電話ですると言ってもいきなり「さあ案内して下さい」とはなりません。そんな感じでアポイントが取れる訳がないですから。

 

企業もきちんとトークマニュアルを用意しています。なので、基本はそのトーク通りに案内すると言う感じです。

 

またテレフォンオペレーターとは何が違うの?と言う人もいるので一応説明をすると、略してテレオペとは、企業にかかってきたお客様からの電話対応をする仕事。

 

テレアポは発信業務で、テレオペはかかってきた電話対応と思ってもらってOKです。

 

それらをひっくるめてコールセンターとも呼ばれます。

 

追記:電話セールスとテレアポは何が違うのか?

 

先程、テレアポとは営業マンなどが訪問するアポを取る仕事と言いましたが、電話セールスとは、電話で商品の案内をして販売まですることです。

 

例えば、個人宅を化粧品販売目的で案内をしたりします。

 

アポを取るだけのテレアポと、販売までする電話セールスとでは、もちろん電話セールスのほうが難易度は高めです。

 

テレアポでのメリット

メリットは企業によってまちまちですが、契約になれば時給とは別に報酬が用意されているのがメリット。

 

営業マンでよくある歩合、インセンティブのようなもの。

 

報酬の支払い方法は、契約1件につきいくらと言う企業もあれば、時給に100円上乗せされるようなシステムもあります。

 

それとテレアポで働くメリットの1つは、時間のある程度の融通がきくケースが多い。

 

テレアポの人材というのは、なかなか人が集まりにくい仕事なのです。

 

なので、企業は週に2~3日しか働けないとか、1日3時間しか働けないと言う人達でも確保したいのが本音。

 

もし、あなたが今からテレアポの面接に行こうと思っているのであれば、シフトについてはありのままに言って下さい。

 

採用されたいがために週4~5日働けると偽って採用されても、実際、違うとなったときの方が印象も悪くなります。

 

企業側からしても週3のシフトだったとしても、その通りにきてくれる人が欲しいんです。

 

テレアポでのメリットとしては、

契約数に応じて時給とは別に報酬がもらえる

シフトの融通がききやすい

 

これらが主な2点と言えます。

 

最低限のスキル

最低限のスキル

 

最低限のスキルとしては、本読みができる程度のトーク力。これはほとんどの人が問題ないと思います。マニュアルトークをそのまま読むだけですから。

 

もう1つあり、PCの超初心者レベルでもいいので文字を打ち込む程度のスキルです。

 

10年ほど前であれば電話機から電話をかけるという従来のやりかたが一般的でした。

 

しかし、現在はシステムを搭載している会社が多く、システムとはアポインターが電話をした内容、電話をかけた履歴、対応履歴などを共有するもの。

 

なんとなく難しく感じるかもしれませんが、この番号にかけたら留守だった、繋がったとか簡単な内容をうちこむ低度です。

 

それらの打ち込みは全てPCになると言うこと。

 

打ち込みにかんしては早くキーボードを打てとか、打ち間違いは罰則とかそういう類のものではなくて、遅くても文字を打てるくらいでOK。

 

自分はパソコンのパの字もわからない、自信がないと言う人は、面接時にきちんと心配なことを伝えるか、応募自体をやめておいたほうがいいと思います。

 

実際にたまーにいます。PCで文字をどうしても打てないと言う人。しかし、100人いて1人いるかいないか程度だと思って、基本は安心して大丈夫でしょう。

 

テレアポに向いている人の特徴

テレアポはPCのスキルとかトークが上手いとか以上に、向上心をもって取り組めるのかがとても大切な仕事です。

 

基本テレアポは単純作業です。リスト順に電話をかけて断られたら次かける、また断られたら次と、どんどん電話をできるのかが一番重要。

 

たまにいますが1件断られていちいち悩んでいては一生アポはあがりません。

 

そんなところで僕が考えるテレアポに向いている人の特徴とは、

 

✔少しでも稼ぎたい

 

キャバクラ嬢の売上を競うイメージまで行かなくても、それに近いところはあります。

 

会社によってルールは変わりますが、1件とって時給と別で報酬が用意されていたり、アポを良く取れる人は時給自体を上げたりする会社もあるくらいです。

 

✔肉体労働が嫌、デスクワークが好き

 

もちろんですが、体を動かしたいという方はまずテレアポには不向き。テレアポは座りっぱなしです。

 

✔人と話すのが好き

良くしゃべる方は、やはりテレアポをさせるとまあまあの成績を上げます。

 

ただしプラスで向上心があればですが。ただ単におしゃべり好きではダメ。

 

テレアポのつらいところは?ノルマ?

テレアポがしんどい女性

 

テレアポのつらいところは、会社によっては個人のノルマを設定されることです。

 

ノルマに関しては本当に会社によって違うとしか言えないのですが、厳しいところだど、アルバイトみんなが集まる場所で名指しで怒られたり、時給を何割かカットしたりするケースもあるようです。

 

あとは、どうしても「テレアポ=勧誘電話」だと電話口のかたが思ってしまい、頭ごなしに怒ってくる人もいます。

 

正直、かなり理不尽なセリフをいう方もいて、「電話で時間を取られたから今から責任者と謝罪にこい」みたいな人もぼくは過去に出会いました。

 

こんなケースはレアですが、似たようなのはちょくちょくと出会うかもです。※そんな時は社員が対応します

 

ただ先程も説明したように、クレームやノルマを達成できなくてくよくよする位なら、次々と電話がかけられるメンタルが必要。

 

でないといつまでたってもテレアポでは成果がでない。

 

今からテレアポに挑戦する人へ1つアドバイス

あくまで1つのアドバイス程度で聞いて欲しいのですが、求人サイトを見るとテレアポの募集でもたくさんの業種が掲載されています。

 

インターネット回線の勧誘から金買取りなどざまざま

 

もしこの記事をご覧になっているアナタが、今後にでもテレアポの応募を考えられているのでしたら、扱う商品と、その商品に少しでも興味がもてるのか?だけ余裕があれば考えてみて下さい。

 

あくまでテレアポで一番大事なのは、次々と電話をかける単純作業に耐えられるのか?ですが、自分の勧誘する商品に少しでも興味がもてれば、他人にもなお案内しやすくなるはず。

 

自分が必要性を感じない物は他人に紹介しにくい、逆に凄くいいと思った商品は他人にも勧めやすい。

 

仕事のテレアポで勧誘すると言えど、少しでも商品に興味がもてれば言うまでもなくアポが取りやすいのは事実です。

 

テレアポのおすすめ求人媒体

今はどの業種にしても求人件数が多く、またユーザーからするとどの求人サイトを使えばいいのかわかりにくいはずです。

 

ぼくは求人会社の担当と打合せをしたり、アルバイトの面接をする立場ですが、数ある求人媒体のなかからオススメなサイトをいくつかご紹介します。参考にして下さい。

 

バイトル

アルバイト求人サイトユーザー調査、総合満足度NO1バイトル

 

人気の理由はサイトの使いやすさ。

 

スマホ専用サイト、全国90000件の掲載と働きたい街、条件を細かく絞り込んで検索ができる。

 

高時給、短期OK、日払いOKも多数掲載中!!

 

ぼくが個人的にオススメできる点は、職場の雰囲気が伝わる動画をしっかり掲載していること。何となくでも雰囲気がよさげだと安心しますよね。 

 

 

アルバイトEXから応募でお祝い金3万円がもらえる

日本最大級アルバイト求人情報サイトのアルバイトEXから応募をするだけで、お祝い金3万円がもらえます。面倒な手続きなどもありません。

 

また、アルバイトEXは大手求人会社であるanマイナビジョブセンスなど21社と提携しているサイトなのでとっても安心

 

応募をするだけで3万円ももらえるのは熱い。テレアポの職種はオフィスワーク系になるのでご注意を!!

 

どうせ働くならお祝い金を物にしたほうが得なので、是非、ご活用ください。

 

 

ママワークス

最後のご紹介はママワークス。と言うのもテレアポを希望するかたは、シングルマザーや主婦が多いのです。そこで全国のママを応援するサイトの登場。

 

ママワークスのキャッチコピーは、「働く時間と場所を選べる」です。

 

場所?と気になった人もいると思いますが、ママワークスでは在宅ワークでの募集もしているのです。もちろんテレアポも掲載多数 

 

働きたいけど子供がまだ小さいから外に出られない、外に働きにいけても高時給のようなテレアポが住まいの近くで応募がない !そんなかたも多いと思います。

 

そんな方はママワークスを一度拝見でもいいのでお試し下さい。

 

公式サイトより実際に働くママのインタビューも掲載されているので安心して頂けるはずです。

 

 

テレアポのコツ

テレアポのコツ

 

いきなりですが、テレアポで大切なのは基本

 

また基本を徹底的に叩き込むことで、全く成果がでないと言うのはなくなります。

 

ぼくも過去にテレアポをやっており、始めのころはなかなか結果がでずに悩んでいたのですが、基本を上司に教わったことで改善できました。

 

改善できたとは、1日8時間ほどテレアポをやり、1or2件のアポイント件数が平均値7件まで上昇。

 

今からご紹介をさせて頂く内容は誰でも始められます。そして、是非活用をしてもらいたいです。

 

テレアポには向き不向きもありますが、基本、真面目に電話ができる方であれば、成果は出ます。

 

では、順をおって説明しますね。

 

精神論では取れない

まず始めに、テレアポは精神論だけでは取れません。

 

よくありがちなのが、体育会系の会社などで、ひたすら気合いと根性でコール数を稼ぐといったやり方です。

 

そんなやり方は非効率的であり、成果がでない人は、ずっとそのままで終わってしまいます。

 

基本を覚えましょう。基本を覚えてから精神論に取り組むべきです。

 

この記事をご覧になっているかたは、テレアポ経験がないかたもいると思うので、一応頭に入れておいて下さい。

 

会話のキャッチボール

会話のキャッチボールはできているのか?

 

普段の会話はうまいのにテレアポになると、会話のキャッチボールができていない人が凄く多い。

 

例えると、お客さんが話している最中に、「いやっ」「そうなんですけど」とか被せて話しかけたり、一方的な説明になってしまったり。

 

必ずお客さんのセリフは最後まで聞いて下さい、そして落ち着いて会話をしましょう。

 

テレアポに限らず会話の基本です。

 

もしあなたが友人と食事をしていて、聞いて欲しい話があるのに相手から一方的に話をされたり、途中で違う話に切り替えられたりするとどう思いますか?いい気はしないはずですよ。

 

普段は会話ができるのに、テレアポになった途端に会話のキャッチボールができなくなる。

 

こういう方も少なくないので覚えておいて下さい。

 

緊張しているのはアナタだけ

緊張しているせいか、お客さんとの会話の最中に、「あのっ」「あっ」とか逐一、間を作ろうとする人。

 

一言で言うと怪しすぎます。

 

テレアポはお客さんを安心させなければアポにはなりません。どんなに良い商品だったとしてもです。

 

それに電話口で見えない相手なので多少は警戒心をみなさん持っているもの。また知らない会社だと余計にです。

 

なので、普段の会話のままでプラスで敬語で話すを意識して電話をかけて下さい。

 

そうすることで声のトーンにも安定感がでて自然と安心感にもつながります。

 

緊張をする必要は全くありませんし逆効果だと覚えておきましょう。

 

商品のメリットを理解する

案内をする商品に少しでも疑問があればアポは取れません。

 

例えば、通信系でよくあるインターネット回線を切り替えれば月々500円安くなるといった案内だったとして、

 

「たった500円しか安くならないの?」と「500円も安くなるのなら案内しやすい」と考えながらテレアポするのでは、全く違った結果になります。

 

もちろん「500円も安くなるのなら・・」と考える人のほうがアポは上がります。

 

テレアポや営業にしよ、販売をする商品のメリットを最大に生かすのは基本です。

 

ぼくの経験上、自分たちが案内をする商品に自信がなく、ぶつぶつと文句を言っている人で成果をあげている人に出会ったことがありません。

 

1件1件反省しない

テレアポで成果の出ない人の共通点が、1件、2件断られていちいち悩むです。悩むくらいなら次の1件に電話をかけたほうがマシ!!

 

ぼくは始めに精神論ではテレアポは成果がでないといいましたが、それでもテレアポはかけてなんぼの世界。

 

例えば、1日、2日必死にかけてみて反省点をまとめるのは良いことですが、数件、数十件かけたくらいで反省するのは間違いです。

 

それと、数件かけただけでいちいち悩む人は、周りの人からの評価も悪くなりますし、ヤル気がない人と思われても仕方がありません。

 

流れ作業のように次々電話をかける!を心がけましょう。

 

声のトーンの意識

ガチガチの敬語で話すのは論外で、意識をするのなら自然体で話すです。

 

そもそもテレアポとは、普段のトーンで話しているつもりでも、実際には1トーン高くなっている人がほとんど。

 

女性が電話口に話すよそ行きの声をイメージして下さい。

 

それなのに、さらにかしこまって無理して丁寧に話そうとすると、自然体ではなくなってお客さんも余計に内容が頭に入らない。

 

コツは友人に話しかけるイメージ。その敬語版です。

 

無理に話を進めない

テレアポで電話をかけたお客さんの状況を察知しましょう。

 

相手が忙しくしているのに強引に話を進めても内容は頭に入ってくれません。

 

それだったら、「何時ごろがお手すきでしょうか?」と言って、話を聞いてくれる時間帯をリサーチしましょう。

 

テレアポの上手な人は、話を聞いてくれそうな見込み客を作るのがうまい。

 

逆に下手な人は強引に話を進めて断られるので見込み客が一向に増えない。この差は歴然です。

 

20文字程度を意識

テレアポのコツは、簡潔にわかりやすくです。

 

一回のセリフでは20文字から30文字を意識してみて下さい。

 

文字数を完璧に守るのは無理でも、意識をするだけでも相手に内容が伝わりやすくなります。

 

例えると、株式会社はてなの山田と申します。これを平仮名で文字数にすると約20文字。

 

一気に40、50文字話すとメリハリがないように聞こえます。

 

なので1つ1つはっきりとわかりやすくするために20文字を意識する。

 

一番ダメなのが一気に話しすぎて、何を言っているのかわからない!と言われるパターン。

 

書籍でも同じで読点、句読点がなく文字が羅列されているのを見るとどう思いますか?読みにくくて最後まで読まないはず。

 

この記事でも1つの文章は3行までになるべくおさまるように注意をしています。

 

何度もいいますが、テレアポの場合は20〜30文字におさまるように話しましょう。

 

アポが取れると思わないと取れない

最後に少し精神論になりますが、案内をする商品には自信をもちましょう。

 

そもそも何かしらのメリットがあるから案内をしている訳で、きっと欲しいと思ってくれる人はいます。

 

スポーツでも同じですが、強いチームが勝つ理由は、単純に強いのと自信があるから。

 

どれだけ技術の優れた選手をあつめても、選手に自信がなければ勝ち続けることは不可能です。

 

テレアポでの実績がない状態で自信をもつのは難しいですが、せめて「この商品はみなさんにオススメできる」と暗示をかける、自信をもつこと。

 

テレアポは基本を覚えるだけで、全く取れないという状況は改善できます。

 

始めにもお伝えした通り、成果のあがらない人のほとんどは基本ができていないだけ。

 

まずは、あなたが案内をする商品のファンになる必要があります。

 

そうすれば他人にも案内しやすくなりますし、自身をもって取り組めるので成果が出やすい。

 

ここで基本をまとめると、

 

⓵会話のキャッチボールを意識する。相手の話を最後まで聞いて答える

 

⓶緊張しているのはアナタだけなので自然体を意識する。友人と話す感じの敬語版がベスト。

 

⓷商品のメリットを理解して、買わないより買うほうがメリットがあると自分に理解をさせる。

 

⓸1件1件反省するのは時間のムダなので、数をこなしましょう。

 

⓹声のトーンの意識、自分は普通に話していると思っていも、電話だとトーンが高くなっている場合が多い。自然なトーンを意識する。

 

⓺お客さんが忙しそうにしていたら、手が空いている時間帯を聞き出し、見込み客を増やそう。

 

⓻相手に伝わりやすいのは20文字~30文字。

 

⓼アナタ自信が案内をする商品のファンになり、自信をもって案内をする。

 

ご案内をさせて頂いた内容は、始めようと思えば誰でも始められる内容です。あとはやるかやらないか!だけ

 

長くなりましたが、

 

テレアポとはどんな仕事?一から解説します【アルバイト】でした。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。