仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

頭が悪くても、諦めなければ仕事で1番になれる[サラリーマン編]

営業で1番になる

こんにちはカツオちゃんです。

 

頭の良し悪しなんて紙一重です。では、頭の良い人とはどんな人なのでしょうか?

 

 結論から言うと、頭の良い人とは最後まで諦めずにやり遂げる人です。

 

経営の神様とよばれる松下幸之助さんも、このような名言を残しています。

 

「失敗の多くは、成功するまでにあきらめてしまうところに、原因があるように思われる。最後の最後まで、あきらめてはいけないのである。」

 

頭が悪くて仕事ができないと思いこんでいる人は、そうではなくて、自分に言い訳をして途中で諦めてしまうのが原因だと自覚してみましょう。

 

 うさぎとカメの話

昔話のうさぎとカメが山のてっぺんまで競争をするお話しです。結果は、休まずコツコツと歩いたカメが勝利しますね。

 

普通に考えればほとんどの人が「うさぎの方が足が速いから勝だろう」と思ったはず。

 

これを頭の良し悪しでたとえると、頭の良いほうはウサギ、悪いほうはカメ。頭のよい営業マンは、月初から売上をあげていきカメと倍以上の差をつけます。しかし、途中で1番を取れると確信してさぼってしまいます。その間もカメは休まず売り上げをコツコツのばし最終的には勝利する。

 

ぼくの知人で大手インターネット回線の販売をやっている人がいます。その知人は、関西で毎月TOP3の売上を上げる営業マンです。見た目は地味でとてもそのようには見えません。しかし、ある人から聞く話しだと「特別何かが上手いとかじゃなくて真面目」と言ってました。

 

ぼくはその知人に「なんでそんなに契約がとれるの?」と聞いてみると「1日訪問する件数は決めているから、それを周り切るまで休んでないだけ」と言ってました。

 

「自分に対して厳しい人は強いなぁ」と思いました。自分だったら「少ししんどいから休もう」「今日くらいサボってもいいやん」と思ってしまいそうです。

 

カメのようにコツコツ諦めずにやり続ける人が、最終的に勝利するのです。

 安西先生の話

有名マンガ、スラムダンク安西先生の名言。「あきためたら、そこで試合終了ですよ。」

 

20代以上の人であれば、このスラムダンクと言うマンガをしっているはずです。バスケットボールのマンガで安西先生とは監督。その監督が試合中に生徒に言ったセリフです。

 

こんな場面は日常でも遭遇しますよね。そんな時に「ツライ、しんどい、ダルイ」と思って諦めてしまうとそこで終了です。

 

スラムダンクでは、結果あきらめなかった主人公のチームが勝利します。「これマンガやん」ってのはナシで。

 

スラムダンクで例えましたが、諦めずにやり遂げ勝利するのと同じで、仕事も諦めたらそこで終わりです。

 世界TOPのアスリートの話

サッカー選手であるクリスティアーノ・ロナウドは、サッカーに興味がない人でも名前くらいは知っているかと思います。

 

サッカーを知る人では、サッカーの天才と言えばメッシと言います。それでも2016年のバロンドールと言う世界年間最優秀賞をとったのはクリスティアーノ・ロナウドです。

 

 クリスティアーノ・ロナウドは努力の天才です。海外サッカー選手となると大金持ちで女性にモテる人が多く、夜のパーティーにでも繰り出そうものならモテモテです。

 

クリスティアーノ・ロナウドは、シーズン中にはパーティーにいかないらしいです。体調管理、睡眠に気を付けているからです。

 

これほどの有名人になると、たくさんの誘惑もあるでしょうけど、サッカー選手としての自覚がプロ。それに練習も一番早くにきて帰りも1番遅くまでやるようです。

 

クリスティアーノ・ロナウドは、生まれ持ったポテンシャルが高いのは間違いありません。しかし、世界最優秀選手賞を取るためには、人が想像できないような努力や諦めない精神を持っているに違いありません。

 自分のちょっとした経験

ぼくは頭がけっして良いとは言えません。学歴も高卒ですし、中学時代に勉強を頑張っていても、高校の志望校ランクは中の中です。しかも入試には落ちました。

 

仕事に至っては、入社した同期の中では一番成績が悪かった人間です。

 

それでも今ではグループ会社の社長をやっています。平社員のときに上司から「アホやボケ」と言われていたのにです。

 

ふり返るとあの当時は、不器用なりに「誰にも負けたくない」と言う気持ちが強かったのです。なぜ気持ちが強かったのかは覚えていませんが、負けず嫌いだったのは確かです。

 

それから年をとり仕事場の環境も落ちつき、ふとした時から「もっともっと」と言う気持ちはなくなっていました。前に進むのを自分から辞めてしまったのです。

 

この記事を書いて「初心に戻ってカメの気持ちで!」と、1番かんじるのは僕かもしれません。

 まとめ

結論としては、自分のことを「頭が悪いから、仕事ができない」とか言う人がいますが、頭が悪くたって諦めずにやり遂げる精神さえあれば1番を取れるってことです。

 

まずは、自分に対し臆病にならないで下さい。なってしまうと、その時点で1番になる可能性を失ってしまうのです。大事なのは勝つまで諦めない気持ちです。

 

最後までお読み頂き、ありがとうござます。

 

合わせてこちらもどうぞ!!

20代前半のサラリーマンは大変 - 30代リーマンの体験日記

www.katsuochan.com