仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

会社のために無理をして働くのは今すぐ辞めようという話

会社のために働くサラリーマン

 

無理して会社のために働いていませんか?

 

口では自分のためとか、生活のためにとか言うけれど、第三者から見ると明らかにムリをして、会社のために働いている人ってたくさんいます。

 

そして、決まっていつも疲れた顔をしている。

 

そんな生活はくだらないので、「今すぐ辞めましょう」って話です。

 

 

会社のために働く人とは?

休日出勤をしたり、深夜遅くまで会社に残ったりして働く人。

 

会社や上司から強要されている方もいるかと思いますが、数年前と比べ、個人の主張がまだ通る世の中です。

 

有給、産休などは取得しやすくなっている企業は増えているはず。

 

何故そうなったのかというと、犠牲になる人がいたから。うつ病になったり、自殺をしたりなど。電通の事件は記憶にまだ新しいはず。

 

ぼくの周りでも会社のために働き、いつも疲れている人がいます。

 

その人にぼくが、「やることがあっても仕事休めば」というと、いつも決まって「一応やる仕事があるから」と返事をもらう。

 

一応だったら休めばいいんです。

 

もし、どうしても働きたくて働いているんだったら個人の自由なのでいいと思いますが、それだったら疲れている顔はしないと思う。

 

そんな人は会社のために働くのは辞めて、自分のために働きましょう。いつかぶっ倒れます。

 

会社はあなた個人を守ろうとはしない 

何かあっても会社はあなた個人を守ろうとはしません。まず会社自信を守ろうとする。

 

なので、業績不振などになるとリストラや減給をします。理由は2回目ですが、会社を守るため。

 

それなのに、あなた一人が会社のために働いて何の意味があるのでしょうか?

 

ほとんどの方が自己満足です。

 

ぼくが最近思うのが、飲食店などはまさに会社のために人が働かされているように見えます。

 

どんどん物が安くなり、500円あれば昼食を食べられる時代。しかし、賃金は上がらず、しわ寄せが働く者にきているように思える。

 

だから日本人は飲食店で働くのを毛嫌いし、外国人ばかりが働いて目立つんです。そして、儲かるのは経営者だけ。

 

昼食代が安くなるのは僕のようなサラリーマンにとっては有難いのですが、それでも安すぎやりすぎだと思う。

 

従業員には過酷労働をさせ、経営者だけがおいしい思いをする。そんな会社は腐るほどありますから。 

 

休むのも仕事でありスキル

日本人はたくさん働いて、おもてなしのできる人が偉いといった風習がまだありますが、それは間違いです。

 

体を休めるのも仕事でありスキル。

 

そもそも仕事ができる人は、仕事、プライベートをはっきり分けることができます。

 

それは、仕事を休んだほうが効率が良いと考えられるから。

 

たくさん働くのが当たり前で正義と思っている人も多いですが、一度、勇気をもって仕事が途中でも休みましょう。

 

人は限られた時間のなかだと効率を考え、仕事に集中します。しかし、少しでも残業をすればとか休みの日にやればと考えてしまうと、実際に終わる仕事も終わらなくなってしまう。

 

仕事を休むのに抵抗がある人は、スポーツ選手から学んでください。

 

一流の選手はシーズン中、試合に集中するためにあらゆるものを犠牲にします。あらゆるものとは遊びとかアルコールとかその他もろもろ

 

しかし、オフシーズンになると、ほとんどの方がバカンスに出かけます。

 

仕事、プライベートをはっきりと分けている証拠です。

 

自分のために働こうよ 

さきほど僕が言ったように会社はあなた個人を守ってはくれません。

 

だったら、自分のために働けばいいんですよ。ただそれだけです!!!

 

自分のために働こうとすると、無理に残業もしませんし、休日出勤なんて絶対にしようと思いません。

 

しかし、その考えが通常です。そして、「環境的にできない」というセリフを言うのも辞めましょう。

 

少し僕の話になりますが、

 

過去のぼくは会社のために働いていました。帰りも毎日24時すぎ、休みは月間で2日か3日くらい

 

途中から洗脳というか、現状が当たり前なんだと自分に言い聞かせていたように思えます。

 

しかし、途中から精神的に疲れてしまい、夢にでも仕事の場面がでてきたりと、もう何というか無理でした。

 

振り返ると、当時は病気になる一歩手前だったと思う。

 

それから勇気をだして、上司が会社にいても「お先に失礼します」といい帰るようにしたのと、休日出勤は絶対にしませんでした。

 

しかし、その生活を続けたことで現状は環境がかなり変わり良くなった。自分のために働くのが大切なんだと感じた瞬間だった。

 

自分を守る能力も必要になってくる世の中 

残業、休日出勤を辞めましょうといっても、まだまだそれらを強要してくる会社も存在します。超ブラック企業といわれる会社です。

 

精神的にも追い詰められ、安い賃金で雇われ、挙句の果てに体をこわす!!そんな人もこのご時世は多いでしょう。

 

しかしながら、他人があなたを守ってくれる保証なんてありません。

 

だったら、自分のことは自分で守らなければいけない。

 

会社のために働かされている!と感じるのであれば、辞めるという選択肢もあるわけです。

 

どうか体がまいって病気になるまえに、自分を守る能力を使い、その場から逃げてしまいましょう。別に悪いことでも何でもありませんから。

 

会社のために無理をして働くのは今すぐ辞めようという話!のまとめ

何回もいいますが、会社はあなた個人を守らない。何かあったときは、まず会社を守ろうする。

 

これからは自分を守る能力が必要になる時代。なんでもかんでも会社のいいなりになる世の中ではないんです。

 

大手ですらリストラや倒産をする時代。いつ何所がどうなってもおかしくありません。

 

是非、自分のために働きましょう。

 

会社のために無理をして働くのは今すぐ辞めようという話でした。

 

こちらに、サラリーマンになりたくなければ、ならなかったらいいだけの話をご紹介しています。よければご覧ください。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます。