仕事や人生の悩みをお手伝い、たまに雑記ブログ

30代リーマンが今までの経験をいかし仕事やお金、副業、そして海外サッカー、おすすめ商品を紹介します。

グズな僕が債務整理をしようと思ったタイミングとその当時の気持ち

借金があり債務整理をするタイミングを考える男性

こんにちはカツオちゃんです。

 

僕は浪費に浪費を重ね、借金で首が回らなくなった過去をもっています。

 

あのときの気持ちを一言であらわすと、生き地獄!!

 

 あの借金地獄が、もし、今も続いていると思うとゾっとします。

 

主な借入先は、アコム武富士アイフル、ジャックスなどです。総額で言うと300万。

 

年収はそのころ600万ありましたが、それでも300万にも膨らんだ借金は返せる気がしませんでした。

 

そんなグズな僕が、どのタイミングで債務整理を決心したのかをご紹介したいと思います。

彼女の妊娠が発覚

これが1番の理由です。しかし、彼女に借金持ちなのは話していません。それどころか、少し余裕があるくらいだと思われてました。

 

そのころの僕は、全てにたいして計画性がなく、いきあたりばっかりの人生。

 

妊娠をさせてしまったからには結婚もしなくちゃいけません。結婚するには式を挙げたり家を契約したりする必要もあります。そんなお金は僕を逆さにしても出てきません。

 

その当時から債務整理のことは知ってました。でも、変なプライドがありブラックリストに載るのは嫌だとか、会社にバレないかな?とか、世間体ばかり頭でぐるぐる考えており、なかなか弁護士さんに相談をしなかったのです。

 

しかし、すでに個人情報はブラックに近い状態。来年には子供も生まれるし、まずは借金をなんとかせねばと決め、弁護士事務所に電話をしてアポを取ったのです

このままでは一生借金地獄と自覚した瞬間

借金の総額が200万のときは、なんとかなると本気で思っていました。しかし、そこから300万に増えたので、借金を返すのに借金をしていたことになります。

 

現実は200万でも返済は困難です。それだけの借金がある人は、100%と言っていいほど浪費癖があります。それがやっかいなのです。それに、本人に自覚がない場合がほとんど。

 

その結果が僕です。借金の総額が300万になったとき「もうダメだ!!」となりました。

ひどく怒られた取り立て電話

僕みたいな人間は、取り立ての電話があっても「明日返す、明日返す」と言います。このセリフの根拠はまったくありません。だってお金ないんですから。会社への電車代する危うかったときです。

 

ある日のできごとです。25日に最低12,000円返さなくてはいけないのを2,000円だけ僕は返済をしました。

 

その行為が金融会社の逆鱗にふれてしまうのです。翌日、電話があり「あんたね!いつも返すと言ってこれ何なんすか?2,000円。」朝一番にこの電話。いつもは優しい口調の人がです。

 

全部悪いのは僕です。僕しかいません。わかってるんですけど他人にキツク言われると相当へこみました。「このままだとアカンな」と深く反省した瞬間でした。

弁護士事務所に足を運んだ結果

結論から言うと、弁護士さんは神様のように見えて、「一緒に返済を頑張りましょう」と言ってくれました。

 

僕の想像では、弁護士さんに説教をされるとか、何だかんだ言われて追い出されるのかもしれないとか思っていましたが、全く違いました。

 

カードだけはハサミで「スパッ」とまっぶたつに切られましたが、2度と借りないようにするためです。

 まとめ

僕が債務整理しようと決めたタイミングは、現在の嫁の妊娠がはっかく、借金の総額が300万となったときです。

 

妊娠がはっかくしたときは、正直嬉しさ3割の不安が7割でした。不安の原因は言わずとも借金。

 

最後に、現在すでに返せないほどの借金がある人は、僕が債務整理をしたタイミングを参考にして下さい。

 

僕は債務整理がなければホームレスになっていたかもしれません。

 

グズな僕が債務整理をしようと思ったタイミングでした。最後までお読み頂きありがとうございます。

 

こちらも合わせてどうぞ!!

www.katsuochan.com