営業は稼げる仕事なのか?現役営業職が答えます

営業は稼げる仕事なのか?と聞かれると、「稼げる」とぼくは答える。

ちなみに僕は、営業職1本で今は営業部の管理職をしています。

なので、たくさんの営業マンを見てきましたし、市場についてもある程度は把握をしているつもりです。

この記事ではその経験を生かし、営業に興味をもたれる方への参考になればと思います。

是非あなたも営業マンの仲間入りをしましょう。

営業はなぜ稼げるのか?

営業が稼げる理由は2点あります。

1点目は他の仕事とくらべて評価基準が明確という点。

例えば、飲食店の場合は、売上は店長の成績になりますが、「その他の人たちの評価は?」と聞かれると答えるのが難しいです。

「なぜ難しいのか?」というと、数字として表しにくいからですね。

その点、営業の場合は評価基準が成績だけなので、成績がよければ稼げるし、悪ければ稼げない!

ぼくは先ほど冒頭にて、「営業は稼げる!」と言いましたが、その答えは半分正解で半分が間違い。

何故なら、稼げない人は稼げないからです

営業が稼げる2点目の答えは、給料+歩合給といったシステムを取り組んでいる企業が多いため。(歩合給をインセンティブと記載をする場合あり)

歩合給とは、営業成績によって固定給とは別に支払われる報酬です。

求人票の年収例で、固定給20万円+歩合給20万円とか見たことがありませんか?

営業は稼いでいる人は20代30代でも年収1000万円以上かせげる仕事。しかし、全員がそうなのかと言うともちろん違います。

ただ自分の頑張り次第では、不可能ではありません。

「自分は稼ぐのが最優先」というかたには、営業はもってこいの仕事だと思いますよ。

営業で稼げる人の特徴 

営業で稼げる人の特徴

ぼくがたくさんの営業マンを見てきて、稼げる人の特徴をいうと、まずこの記事をご覧のアナタも、そのなかの1人です。

何故なら、「営業が稼げるのか知りたい」「どのくらい給料がもらえるのか知りたい」などの疑問があって、この記事へ辿りついたと思います。

ずばり、稼ぎたい意欲がつよい人は、稼げる営業マンになれる素質があるのです。

この点が営業をするに当たり一番大切なポイント。

営業未経験者への注意を2点

営業未経験者への注意点として2点あります。

①応募をする会社が、研修をしっかりしているのかどうか?

会社によっては即戦力を求められ、先輩の営業同行を数回おこなって即1人で!という会社も少なくはありません。

そういう会社の特徴は、新人を大量に採用して、ダメな人は辞める、もしくは辞めさせられるのが特徴です。

なので、営業未経験者には向かない環境と言えます

そのような会社の見極めは、頻繁に営業マンの募集をかけているのかどうか?でだいたいわかります。

もし長期的、例えば3ヶ月間求人に掲載されっぱなしの会社であれば、そういった傾向が考えられるということです。

ただ悪い会社と言う意味ではなく、実力主義を重視しているというだけ。

離職率が高いのは事実ですが、法律違反を犯さないかぎり、会社の一つの個性とも言えます。

きつい環境でも自分は大丈夫というかたには問題ありませんが、営業未経験者には厳しいのが現実だと思います。

②市場がどうなのか?

もし市場が飽和されている商品の営業であれば、けっこうキツイものだと思っておいたほうがいいでしょう。

例えば、業務用FAXの販売を想像してみてください。

現在は1つの会社には、すでに1つのFAXは当たり前のように使われていますよね?

そこに割って入って、勝てそうなイメージがつきますか?売れそうな気がしますか?

しかもどんどんIT化が進み、書面をFAXで送る文化から、PDFにてメールで送る時代です。

なかなか売れないと思います。僕であれば絶対にやりたくありません。

そういう市場で生き残っていける営業マンは、昔からFAX機の販売をしていて顧客をもっている人。

そして何年かに一度買いかえるときに販売をする。こういう流れで成り立っているのです。

もし営業をするのであれば、何を売るのか?を考えて応募をするように心がけましょう。

営業未経験者への注意点をまとめると、応募をする会社がしっかりとした研修をしているのか?

面接のときに「どのような研修をするのか?」を具体的に聞くのもいいでしょう。

もう1つは市場。飽和されている市場での販売はキツイ。営業未経験者がわって入れるような甘い世界ではない。

この2点だけは気をつけて下さい。まだまだ注意点はありますが人まずこの辺で。

営業で稼げる業界とは? 

営業で稼げる業界とは

「この業界は稼げる」と断言できるものがあればいいのですが、それがわかれば僕も転職しています笑

ただ業界的に伸びていく可能性があるのはIT系。

なぜなら、今後は人手不足になり効率化を求められる時代だから。効率化を考えたときにITは必須です。

営業マンが稼げるようになるには、そもそも企業がもうかる業界でなければ話になりません。

会社が儲かっていないのに営業マンだけ稼げる!、なんて矛盾した話は絶対にありえないのはわかるはず。

話を戻しますが、「IT系とは?」をお話すると、

まずITとは一言でいうと、コンピューター(情報)やインターネット回線(通信)に関連する技術の総省です。

主に4つの種類に分類され、インターネット業界・Web業界、情報処理サービス業界、ソフトウェア業界、ハードウェア業界

なかなか難しい話になりそうなので簡潔にいうと、インターネット業界・Web業界は企業のホームページを作ったりします。

最近では小さな個人店でもホームページをもつ時代、ネット予約も今はなくてはならないものの1つです。

どう考えてもこれらの業界が落ちていくイメージがつきにくいので、今から営業を始めるのなら、ぼくはIT業界をオススメします

またIT系の求人情報を見ていただければ一目瞭然ですが、営業はプログラム等の難しい知識は必要ありません

車のディーラの営業マンでも、車の製造や開発に関しては素人同然です。しかし車を売る事はできます。

知識はあるに越したことはありませんが、無くても営業は営業としてやっていけるとだけ覚えておいて下さい。

営業未経験者におすすめ転職エージェント

転職エージェント

少しでも営業に興味があれば、必ず転職エージェントに相談をして下さい。

稼ぐためには条件のいい会社に入社するのは必須です。

転職サイトではある程度の情報はわかっても、実際どうなのか?まではわかりません。

しかし転職エージェントの場合は、把握している企業のみの紹介なので、転職成功率はかならずあがります。

また市場動向や、面接対策、応募をする会社のピックアップなど、あなたの仕事が決まるまでサポートをしてくれます。

もちろん相談だけでも大丈夫なので、気軽に登録をして下さい!

おすすめは、転職者満足度NO1の「DODAエージェント」

IT系の仕事にも強く、あなたの納得のいく仕事が決まるまで、とことん付き合ってくれます。

また非公開求人といい、一般には掲載されてない案件も多数取り扱っているので、きっと納得のできる仕事が見つかるはずです。

DODAの公式サイト↓↓↓

転職エージェントの登録方法

転職エージェント登録方法

※基本、どの転職エージェントも登録の流れは一緒です。DODAのていで登録方法に進みます。

まずは、DODAの公式サイトへ飛ぶと、エージェントサービスに申し込む(無料)ボタンがあるので、クリックをおす。

クリックを押すと、名前、生年月日、性別、現住所、電話番号、最終学歴、現在の勤務状況などを記載します。

ちなみに、現在の勤務先を書く項目もありますが、連絡が入ることはありませんので安心して下さい。

そして自由記入欄の項目があるので、転職するにあたり希望する業種や年収などがあれば記載をする!

もし今の段階で、明確な希望がなかったり、転職するかどうかも決まってなければ、空白でもOKです

そして送信を押すと、一旦登録完了となります。

あとは職務経歴書だけ必要になるので、用意しておいて下さい!

完了が終われば、登録をした番号に連絡が入るとのメールがくるので待つだけ!

わたしの場合は、登録をした電話番号に5分以内に電話が入りました。

と、こんな感じです。

この機会に、あなたも転職エージェントに登録をして相談をして下さい!

DODA公式サイト↓↓↓

営業が稼げるのかどうかがわかる答えは1つ

当たり前の話になるんですが、営業が稼げるのかどうかはアナタが試してみれば、答えはわかります。

正直な話で、営業マンでない人で、「この人、営業すれば稼げるだろうなぁ」というかたはたくさんいます。

特徴を言うと、会話の起点が効く、人の話を聞くのが上手、あとは何よりハングリー精神が強い人。

なかには「自分は営業ができそう」と自覚のある人もいます。

営業をしないのがもったいないです。理由は何なんですかね?

そして営業をやってみると、思った以上に稼げたと言うかたも多いです。

ぼくは何となく営業マンとして入社をしましたが、始めて数万円の歩合がついた時、嬉しくてたまりませんでした。

「何となく営業マンになる!」が営業をするきっかけでもいいと思いますよ!

始めてみないことには、自分に合うのかすらわかりませんから。

是非あなたも営業マンの仲間入りを果たしてみましょう!

関連記事:営業って誰でもできる仕事?現役営業職が答えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする