ブラック企業は辞めるべき?辞めたい悩んだときの注意点

新入社員として入社をしたけど、いざ入ってみると「面接時に聞いていた内容と違う!」

こういう方も多いでしょう。そして、辞めるべきか悩んでいませんか?

また、ネット上でブラック企業と検索すると、「即辞めろ!」との声も多いです。

もちろん精神的に支障がきたすようであれば、即辞めるを選択すべきですが、もしそうでなければ、「辞める前にできることはないのか?」を考えるべきです。

ほとんどの会社はブラックな一面をもつ

ネット検索をすると、何でもかんでも「ブラック企業」というかたがいますが、そういう方はどこへ行っても、不満が1つでもあれば「ブラック企業」と言います。

そんな方のセリフは、全くもってあてにはなりません。

完璧なホワイト企業に入社したければ、それこそいい大学に入って、超大手に入るしか方法はありません。

しかしそれでも不満を言うでしょう。

またベンチャー企業で言うと、ほとんどがブラックな一面をもつと言っても嘘にはなりません。

優先順位が社員の働きやすさより、利益になるので、どれだけ従業員おもいな経営者であっても、ブラックな一面をもってしまう訳です。

会社とは利益をだしてなんぼ!ですからね。

そこで、あなたの会社はどこがブラックなのか?は明確にしておきましょう。

条件なのか待遇なのか、それとも全てなのか!

理由によっては自分次第で解決できることもありますから。

辞める前にできること

納得できないことを交渉する!は、社会人になれば必ず必要なスキルになります

例えば、条件面での交渉など。

本当に面接時に聞いていた内容と、明らかに違うのであれば、堂々と上司にでも言うできです。

そこは遠慮をするところではありません。

交渉をした結果、全く受け入れてくれなければ「辞める」を選択すればいいだけで、始めから「意味がない」と諦めるよりマシです。

そして、わたしの経験上、会社は従業員から意見を言わないとわかってはくれません。

残業にしても条件にしてもです。

あなたがブラック企業だと思っても、上司や経営者は、今が当たり前だと思っているケースも多い。

人の慣れほど怖いものはありません。そして、交渉した結果、すんなり通るケースも実際あります。

わたしが働く会社でもそうです。それこそ10年前では、帰宅が23時になるなんて当たり前でした。

しかし今は、時代というのもあるでしょうが、従業員の意見もあり、結果的に言うと18時には帰れます。

間違っても23時まで誰かが残る環境ではなくなりました。

ブラック企業を退職しても転職には不利にならない

退職を選択するかたのなかで、「働く期間が短いから転職で不利になる」と考えるかたもいるでしょう。

しかし、本当にブラック企業であれば、全く不利にはなりません。

面接官もおなじ人間。退職理由を聞いて、「辞めて当然」だと思えば気にすらしないでしょう。

実際、わたしも面接を受けますが、「前職では毎月残業が100時間以上で、月間休日も2日だった」と仮に言われたとすれば、「それは辞めるわな」と思いますし、

「毎月の残業が20時間で聞いていた内容と違う」と言われれば、「それは仕方ないだろう」とも思います。

さじ加減が難しいところではありますが、明らかにキツイ環境、ひどい環境であれば、転職について気にする必要はありません。

自分の会社がひどい環境なのかどうかは、友人にでも相談をすれば答えてくれるでしょうし、自分でもある程度はわかると思います。

あなたが今気にすべき点は、転職で不利になるどうのこうのではありません。

自分が納得できる会社に転職できるのか?です。

そもそも、退職理由を伝え、その内容を理解してくれない面接官では、あなたが入社しても不満になるのは目に見えています。

次の仕事が決まるのか不安

結論から言うと、35歳くらいまでなら次の職場なんてどうにでもなります。

人手不足だという理由もありますが、間違っても仕事がない!ということはないでしょう。

ただし一点注意があり、次の職場がきまる前に退職するのは辞めておいて下さい!

待遇のよい会社に入社しようと思うと、やはりそれなりに探すのに時間はかかります。

それこそ1社2社応募をしたくらいで見極めるのは早すぎで、

退職したあとに転職活動を始めると、気持ちがどうしても「早く仕事を見つけなければ」と考えてしまうもの。

それではいい会社に出会わなくて当然です。

一番はある程度の期間をきめて(例えば半年とか)、あなたが納得できそうな職場をさがす。

そうなれば必然的に、在職したままの転職活動となります

なかには「働きながらの転職活動は無理だ」というかたもいますが、案外そうでもありません。

転職エージェントに相談をすれば、面接日程の調節や、あなたに合う仕事をピックアップしてくれ、確実に時間の削減につながります。

それに何より、在職中のかたに対応するため、土日や夜間の相談も受け付け可能です。

また転職サイトには掲載されてない非公開求人の取り扱いもあるので、あなたが1から仕事をさがすより、きっといい仕事が見つかるでしょう。

わたしがオススメする転職エージェントは、DODAエージェントと、女性にはパソナキャリアです。

DODAは何と言っても、転職者満足度がNO1なこと。サポートがよいと評判です。

パソナキャリアは、もともと女性の転職に力を入れている会社で、女性の悩みに強い!

たくさんの職種も取り扱っているので、かならずアナタの助けになります。

パソナキャリア公式サイトはこちらより

DODAの公式サイトは下記バナーより、クリック1つで飛ばせます。↓↓↓

転職エージェントの登録方法

転職エージェント登録方法

DODAの登録方法や流れをご紹介します、登録は5分程度で終わります。

※基本、どの転職エージェントも登録の流れは一緒です。

まずは、DODAの公式サイトへ飛んで頂くと、エージェントサービスに申し込む(無料)ボタンがあるので、クリックをして頂く。

クリックをして頂くと、名前、生年月日、性別、現住所、電話番号、最終学歴、現在の勤務状況などを記載します。

ちなみに、現在の勤務先を書く項目もありますが、決して連絡等が入ることはありませんので安心して下さい。

そして自由記入欄の項目があるので、転職するにあたり希望する業種や年収などがあれば記載をする!

もし今の段階で、明確な希望がなかったり、転職するかどうかも決まってなければ、空白でもOKです

そして送信を押すと、一旦登録完了となります。

あとは職務経歴書だけ必要になるので、用意しておいて下さい!

完了が終われば、登録をした番号に連絡が入るとのメールがくるので待つだけ!

わたしの場合は、登録をした電話番号に5分以内に電話が入りました。

と、こんな感じです。

ちなみに登録をしただけでも、「転職をするんだな!」と少し前向きになれるのが不思議です。

DODA公式サイト↓↓↓

悩むだけでは解決しない!

ブラック企業だから辞めたいと、悩む気持ちは当然ですが、結果的に言えば、悩んでいるだけでは何も変わりません。

あなたも当然そんなことは理解しているでしょう。

であれば、条件面の交渉をするなり転職をするなり、あなたが納得できる行動をするべきで、決して「誰かが変えてくれる」なんて思わないことです。

わたしの友人で、月間休日2日のような最悪な職場ではたらいていた方も、解決したのは転職をしたからです。

決して友人のアドバイスや時間が解決してくれた訳ではありません。

辞めるなら辞める!もう少し今の会社で頑張りたければ、不満を意見としていう!

このくらいはすべきで、きっと誰にだって出来るはずですよ!

悩むだけで終わってしまう人も少なくはないので、是非あなたには行動に移して頂ければなと思います。

関連記事

仕事は3年続けなくても転職で不利になることはない

転職活動におけるブラック企業の見極め方を伝授します

新入社員が辞めたいのは当然!僕が一ヶ月で転職をした話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする