ブラックリスト(異動)が消えた後の住宅ローンの注意点

ブラックリスト(異動)が消えても、必ず住宅ローンが組めるのかと言うとそうではありません。
 
ぼくはCICなどから個人情報を取り寄せ、ブラックリスト(異動)が消えたのを確認してから、住宅ローンに申し込みをしましたが全滅。
 
ちなみに住宅ローンの審査をかける前に、楽天カードに申し込みをして審査OKでした。
 
そんな僕ですが、やはりマイホームは諦められず、色々としらべて1年後に再度挑戦をして一発でOK!
 
実は審査OKになる自信はありました。そんな僕のノウハウをあなたに伝授しようと思います。

ノウハウと言っても注意をするのは4点だけ!ではお楽しみに!

関連記事:20代で貯金なし300万円の借金ありでも結婚できた話

スポンサーリンク


銀行は黒と白が嫌い、すなわち審査が厳しい

おわかりだと思いますが、黒とはブラックリスト、白とはブラックリスト(異動)が消えてまっさらな状態です。
 
※白とは一般的にホワイトと言われ、ブラックリスト(異動)が消えて、個人情報に何の情報もない状態を言います。
 
僕がそうでしたが、個人情報に悪い情報(異動)がいっさいないのに審査が通らない?何故?
 
結論から言うと、銀行が審査をするときに、黒と白は嫌います。
 
白(ホワイト)を嫌う理由は、住宅ローンを組もうとしている歳なのに、個人情報が何もないのは疑われてしまうのです。
 
例えばですが、「今までブラックリストに載っていて、情報が消えたからホワイトなんじゃないのか?」とか。
 
あとはこのご時世、携帯電話も分割で買う人が多いのに、その情報もない。
 
審査の緩いクレジットカードでは、審査OKが出ても、住宅ローンは別物!
 
ぼくは「楽天カードが作れたから住宅ローンもいけるだろ」と思ってましたが甘かった!
 
覚えておいて下さい。銀行は白と黒を嫌う!と。
 

迷惑をかけた会社は一生通らない

ブラックリスト(異動)は、数年たつと情報は消えます。しかし、各企業がもつ個人情報は一生消えません。
 
※ブラックリスト(異動)が消える時期は、借金を完済してから5年~7年と言われています。
 
ぼくはアコムや武富士からお金を借り、払えなくなって債務整理をしました。
 
そして厄介なのが、ご存じな方も多いと思いますが、消費者金融も過払い金の請求で業績が悪化し、倒産をするか銀行の傘下になりましたよね。
 
アコムは三菱東京UFJファイナンシャル・グループ、プロミスやモビットは三井住友ファイナンシャルグループ、レイクは新生銀行グループ
 
もともとは別会社ですが、このように統合されたのです。   統合するとどうなるのかと言うと、顧客情報の共有をします。
 
ぼくがアコムからお金を借り、債務整理をして迷惑をかけたその情報が、三菱東京UFJ銀行にも行きわたってしまうのです。
 
案の定、三菱東京UFJ銀行に住宅ローンの申し込みをすると、結果は、「金額に問わず、お金は貸せません。」との返事だったと不動産屋から聞きました。
 
金額に問わずとは、1円でも貸せないってことです。   それは一生続く形となります。このように一度迷惑をかけてしまった会社からは2度と借りれません。
 
なので、自分が迷惑をかけたクレジットカードの親会社を調べ、「その会社での住宅ローンの申し込みを避ける!」が1つのポイントとなります。
 

カードで信用を作ってから審査をかけよう

信用を作ると言っても半年~1年位で大丈夫です。
 
ぼくは1回目の住宅ローンの審査に落ちてからは、現金を使うのをひかえ、クレジットカードを使うようにしました。
 
もちろん毎月きちんと返済しましたよ。
 
クレジットカードを使う理由は、「毎月きちんと返済をする人」と言う信用がほしかったからです。
 
ただ1点注意があり、いきなりリボ払いやキャッシングは念のため辞めておきましょう。
 
今まで情報がなかった人が、いきなりキャッシングやリボ払いをすると、お金にだらしない人と思われる可能性があるからです。
 
住宅ローンは個人情報ももちろん調べますが、お金の流れを見て人の性格も調べます。
 
銀行の審査方法は開示されませんので嘘か本当かは不明ですが、無難なことは全てさけた方がいいでしょう。
 
まずは信用がだいじなので、クレジットカードを半年~1年ほど使って、「この人は毎月お金を返す人」といった信用を得てから住宅ローンの申し込みをして下さい。

スポンサーリンク


審査は半年間の履歴が残る

審査の結果に関係なく、6カ月間は信用情報に審査をかけた記録が残ります。
 
例えば、審査に落ちて3か月後に別の銀行に審査をかけたとすると、「この人は前にも審査をしているな」とわかるのです。
 
でも、各ローン会社は審査をかけたとこまではわかりますが、結果まではわかりません。
 
しかし、同時期に何社かの審査をかける時点で、「審査に通ってないな」と解釈されてしまいます。銀行もプロなのでわかるのです。
 
なので住宅ローンに挑戦をする時は、審査に落ちると次に挑戦できるのは半年後からだと思っておいて間違いありません。
 
やみくもに審査をかけてはいけません。あなたの信用を落とす行為だと思えておいて下さい。
 

住宅ローンの最適なタイミングとは?

まずは、CICなどで個人情報を取り寄せ、ブラックリスト(異動)が消えるているのを確認する!!
あと余談で、ブラックリストでも審査が通るとの情報がありますが、あんなのは嘘です。
 
いかなる理由があっても、ブラックリスト(異動)の情報がある限り、審査には通りません。
 
このセリフは、 銀行系の役員さんのセリフなので間違いのない事実です。変な期待をもつのは辞めておきましょう。
 
少し話がそれましたが、住宅ローンの申し込みをする最適なタイミングをまとめます。
 
まずは異動が消えてから、半年間はクレジットカードを使い、毎月返済をする!できれば理想は1年間。
 
返済をして「信用を得る」、そしてホワイトを脱却する。   あとは、「迷惑をかけた会社以外で審査をする!」ただこれだけです。
 
※迷惑をかけた会社とは、目次より「迷惑をかけた会社は一生通らない」より確認をして下さい。
 
そんなに難しい内容ではありませんが、ブラックリストに情報がのるくらいの人ですから、普通が難しいはず。まさに僕もそうでした。
 
しかし、普通が何より大切。覚えておきましょう!!
 

ブラックリスト(異動)が消えた後の住宅ローンまとめ

ブラックリスト(異動)が消えると住宅ローンも通る!!
 
実際は違うとご理解頂けましたでしょうか?
 
最後にまとめます。
 
①ホワイト情報では審査が厳しい
 
②一度迷惑をかけた会社とは、一生付き合ってもらえない
 
③半年~1年ほどクレジットカードで信用を作ってから審査をかける
 
④審査をかけると半年間履歴に残る
 
ネット上にはたくさんのブラックリストに関する情報がありますが、この記事では、僕の実体験をもとに記載をさせて頂きました。
 
住宅購入は一生に一度の買い物なので、慎重になったり、審査中はハラハラドキドキする方も多いと思います。
 
ぼくもそうで、スマホで検索をかけて調べまくりでした笑
 
コメントを頂ければ、わかる範囲でお答えもさせて頂きますので、お気軽にお問い合せ下さい。
 
最後までお読み頂き、ありがとうございました。是非、あなたにもマイホームを!!

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 橋本 より:

    まさにその通りですね
    私もいろいろ調べましたが、個人再生をしました。今年春に 異動情報が消えたのでホワイト状態でした それで挑戦ということでアメックスカードを申し込みましたが、無事通りました 銀行協会の信用にはまだブラックのままなのですが 銀行の異動は来年2月に消えます 住宅ローンは迷惑をかけた銀行は避けるということですかね?

    • katsuochan1023 より:

      お問い合せありがとうございます。
      あくまで審査をするのは銀行なので、確実なお話ではありませんが、
      信用情報は消えても、過去にトラブルがあった顧客とのデータは保持しているはずなので、避けておいたほうがいいと思います。
      ちなみにぼくは過去に迷惑をかけた銀行に審査をお願いしましたが、結果は「1円も貸せません」と言われました。