仕事辞めたいときの相談は誰に?絶対に社外の人がオススメです

早速ですが、同僚や上司に相談をしたところで、「もう少し頑張ろうよ!」と言われるのがオチです。

止めてほしい場合はそれでもいいでしょうが、結局、興味のもてない仕事をずるずると続ける人が多い!

なので、辞める気持ちが固まっていれば、社内の人間には相談ではなくて、退職決定の報告にしておきましょう

そのための、仕事を辞めたいときに相談をする相手は、絶対に社外の人がオススメです。

まずは順を追って説明しますね!

関連記事:仕事が嫌だ辞めたい!辞めてもいい理由と今後のこと

まずは1人で解決しようとしないこと

なかには1人で解決しようとし、ネットの転職成功例を見て、安心感を得ようとするかたもいますよね?

はっきり言ってその行為は無意味です。

どうせなら、見るだけじゃなくて、ヤフー知恵袋のような口コミサイトに投稿までして下さい。

投稿をした結果、冷やかしコメントもつくでしょうが、なかには親身に相談に乗ってくれる人もいます。

もちろん、人と会って相談に乗ってもらうが一番ですが、1人で解決しようとするよりかはマシです。

1人で解決するのに反対をする理由としては、自分では適性な判断ができないからです。

適性な判断とは、辞めなくてもいい理由はないのか?を考えたり、今すべきことの優先順位など。

他人であれば、自分では気づかない点を、客観的に見てくれるから参考になるのです。

またその客観的な意見こそが、正解なケースが多い!

わたしもそうでしたが、仕事の相談って人によってはしにくいと思います。

しかし、1人で悩んでも目の前のことしか見えません。

冷静に周りを見わたすと、「案外、違う道があった!」

と、このような経験があなたにもあるかと思います。まさにそんなイメージです。

相談相手は身近な人でなくても、幸いなことに転職エージェントのような相談のプロもいるんです。

1人で悩んでストレスを抱えるくらいなら、まずはあなたがすべきことは、他人に相談をする勇気をもつこと。

上司や同僚に相談は危険

まず始めに、上司や同僚に相談をするなら、「この人になら裏切られてもいい」と思えるくらい信用のできる人だけにしておきましょう!

辞めること自体に悩んでいる場合はとくに注意が必要。

人は秘密ほど話したくなるもので、相談者が深刻な悩みだと言っても、「たいした悩みではない」と勝手に解釈しがちです。

そして、「誰にも言わないで」といって周りに話をしてしまう!あなたにもこのような経験があるかと思います。

相談内容は一瞬にして広まりますし、また変な方向に話がそれるのでややこしくもなる。

また上司や同僚の場合は、冒頭にもお伝えしましたが、相談をしても「辞めないほうがいい」といったスタンスになるでしょう。

逆の立場でもおそらくそうするでしょうが、今のあなたに必要な情報は、そこではありません。

客観的にみてもらい「辞めたほうがいいのか?」「辞めたあとの生活について」などのアドバイスです。

その点、例えば親友の場合であれば、冷静な立場で意見をくれるでしょう!

仮にあなたの友人が超ブラック企業ではたらいていて、休みが月に2日で毎日終電帰り、挙句の果てに給料が10万円!

極端な例ですが、確実に転職を進めますよね?

しかし、その場で働く人たちは、「一緒に頑張ろうよ」と、一緒にを強調して止めにかかるはず。

それではいいアドバイスとは言えません。何も上司や同僚がダメだと言っているのではなく、基本みなそうなだけです。

相談できる相手が誰もいない・・

わたしの場合も相談できる相手がいないケースでした。

友人や親に相談をするのは、情けなく感じて言えなかったのです。

そして、わたしは誰にも相談をせず転職活動を始めました。

結果だけをいうと、わたしは転職に成功をして、今もその会社で働いており、充実した毎日を送れています。

もし、あなたが20代前半だと、わたしのように、勢いだけで辞めても何とかなります。

辞める意思が強ければ、相談などせず自分の意志で辞めてしまうのも1つの方法。

現代は新卒で入社しても、3年以内で3割以上のかたが転職をする時代。

なので、転職はめずらしいことでもありませんし、何といってもまだまだ市場価値が高い!

興味のもてない仕事をダラダラ続けるより、全然マシだと思いますよ!

ただ相談したいですよね?

なので、この記事までたどりついたわけで、わたしも「1人で決めて辞めちゃいな」とは言いません。

冒頭にも、「他人に相談をする勇気をもちましょう!」といった手前もありますし!

「相談できる相手がいない」

こういうかたは、転職エージェントに相談をして下さい。

まさに客観的な意見をくれますし、転職エージェントに相談をするからといって、紹介された仕事をしなければいけない!ということもありません。

相談をしても無料ですし、使えるものは使ったほうが賢い選択です。

転職を考えていればプロに相談をする

転職エージェントは、現在の職場の辞め方まで相談にのってくれます。

もちろん相談だけでもOKですし、実際にそういうかたはたくさんいます。

ちなみにわたしもそうで、過去に相談だけをしにいった経験ありです。

転職エージェントのサービス内容を下記にまとめると、

仕事の相談にのってくれる

転職先をピックアップしてくれる

あなたの適性診断をしてくれる

面接の対策

採用になるように企業へあなたをプッシュしてくれる

ざっくりですが、こんな感じ。

もちろん、転職先についての希望があればどんどん言ってください!むしろ丸投げではいい仕事は探せません。

早い話、転職の相談をするのはプロにお願いするのが一番です。

数えきれないほどの相談を受けてきて、そのうえで成功例や失敗例もたくさん見てきているはず。

きっとあなたの転職が成功になるように、後押しをしてくれますよ。

プロに相談をするだけでも意思は固まるもの

当たりまえのことかもしれませんが、プロに相談をするだけでも、1人で悩むのとは違い、「これから頑張ろう!」と思えるもの。

これからとは転職活動をはじめ次の仕事など。

わたしは過去に上司といざこざがあり、転職を考え、エージェントに相談をしました。

ちょうど当時30歳だったのですが、わたしの年収は1000万円以上あり、転職するとなると確実に年収は下がります。

年収が下がるなか、なるべく条件のいい会社を3社紹介していただき、2社の内定をいただきました。

しかし転職エージェントの担当に言われたセリフは、「転職するまえに、今の会社と比べて決めてください」

結果をいうと、わたしは条件のいい今の会社を選び、「これだけもらえているのだから、もう少し頑張ろう」と考えが変わりました。

それからと言うもの、会社で嫌なことがあっても、「辞めよう」とまでは思いません。

むしろ前向きになれたような気がします!

わたしは転職できなかったのではなくて、「今の会社で頑張ろう!」と意思が固まったのです。

このように他社を見て、始めてわかることもあるのです。

そして経験談ですが、転職エージェントに登録するだけでもなぜかワクワクします。「これから転職活動するんだな!」と。

おすすめは、転職者満足度NO1のDODAと、女性には【パソナキャリア】

DODAはサポートがいいと評判で、満足度ランキングで毎回ランクインをするエージェントです。

【パソナキャリア】 は、もともと女性の転職に力を入れている会社で、女性特有の悩みに強い!

登録だけでもして、まずは相談にのってもらいましょう!

転職エージェントの登録方法

転職エージェント登録方法

※基本、どの転職エージェントも登録の流れは一緒です。DODAのていで登録方法に進みます。

まずは、DODAの公式サイトへ飛ぶと、エージェントサービスに申し込む(無料)ボタンがあるので、クリックをおす。

クリックを押すと、名前、生年月日、性別、現住所、電話番号、最終学歴、現在の勤務状況などを記載します。

ちなみに、現在の勤務先を書く項目もありますが、連絡が入ることはありませんので安心して下さい。

そして自由記入欄の項目があるので、転職するにあたり希望する業種や年収などがあれば記載をする!

もし今の段階で、明確な希望がなかったり、転職するかどうかも決まってなければ、空白でもOKです。

そして送信を押すと、一旦登録完了となります。

完了次第、登録をした番号に連絡が入るとのメールがくるので待つだけ!

わたしの場合は、登録をした電話番号に5分以内に電話が入りました。

と、こんな感じです。

DODA公式サイト↓↓↓

関連記事

仕事が合わないから辞めたい!の判断基準のご紹介

仕事を辞めたいけど言えない心理的理由と対策について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする