ネットで批判ばかりする残念なオッサンたちの心理とは

先にいっておくと、ぼくも何度かブログのなかである人物の批判をした経験があるので、僕自身が残念なオッサンの1人なのかもしれない。

なので、「ネットで批判を繰り返すひとはバカだ!」と、言うつもりはありません。

しかし、インターネットが普及して便利になった世の中ですが、そのぶん残念な人たちが増えたと感じるのも事実です。

ちなみにぼくの知り合いでも、やたらとヤフコメや個人ブログに批判コメントを投稿し、周りの人間にその行為を面白おかしく話をする人間がいます。

ぼくがその方に、「批判コメントを投稿して何か面白いん?」と聞いたところ、「反応が返ってくるのが楽しい」とのことでした。

その返事を受けた時に、「残念なオッサンやな」と感じました。

では本題の、ネットで批判ばかりする残念なオッサンの心理!!

スポンサーリンク

寂しいから誰かと共感したい

批判コメントを投稿すれば、反応が返ってきたり共感してくれる相手ができます。

いい大人が批判コメントを書き込み、共感してもらいたい気持ちが悲しくなりますが、そういう方が多いです。

また批判コメントをする方の特徴は、匿名だからと言うのもあります。おそらく実名だと批判すらしない人たちでしょう。

ネット上でも自分の意見に共感をしてもらえれば、寂しが紛れるから辞められない。そして癖になる!

普段は意見を面と向かって言えない性格

少し想像してみたんですが、ネットで批判コメントを繰り返している人がいて、その人物が批判をしていた人物と直接あうとどうなるのだろうか?

おそらく批判をしていた人は、「いつもスミマセン」といった対応になるはず。

それはまるで、会社にたいして愚痴ばかり言うひとと同じで、不満はあるけど面とむかって意見をいえないのと同じです。

またネットの場合は、ほとんどのかたが匿名なので、好きかってに物を言えるというのもあります。

「ネットで批判ばかりするのを辞めろ!」とは言わないけど、人の文句をうんたらかんたら言うのであれば、本来であればせめて本名を名乗るできでしょう。

他人を攻撃してストレス発散したい

プライベートや仕事がうまくいってない人に多いのが、ネットで誰かの批判をしてストレスを発散するです。

ネットは意見を交換する場でもあるので、それはそれで仕方のないことなのかもしれませんが、たまに度がすぎた批判を見るのも事実。

それになんと、ヤフコメで批判コメントを投稿する年齢層は、40代男性が多いようです。

40代男性というと、なんとなく自分の限界が見える年齢であり、出世や人生に諦めがでてくる年代。

そんな時に、ネットで批判コメントを投稿すると、多少でもストレス発散になるのでしょう。

スポンサーリンク

批判できれば誰でもいい

日常生活においても口癖のように愚痴をいう人。しかし、仕事などで言われたことは真面目にやる。

相当ストレスがたまってるんだと思います。

そんな人からすると、気に入らない記事、人物がいて批判コメントを投稿するのは、ストレス発散になるのでしょう。

そしてあなたの周りで、普段から誰かの愚痴ばかりいう人がいれば、想像をしてみて下さい。

その人って、批判をする対象人物をコロコロかえているはず。

言い換えれば、自分自身がうまくいってなくて、自信もないからネット上で同じような意見をもつ人物をさがし同意が欲しいだけ。

そして同意がえられるようなコメントをもらえれば、「自分はやはり正しいんだ」と自分に言い聞かせているのです。

ネットで批判する残念なオッサンのまとめ

ネットで批判をするにしても、何でもそうですが適度にを意識したほうがいいと思います。

同時にぼくは、人の批判をして楽しむ人間にはなりたくないし、人生もつまらないだろうなと感じます。

ネットで批判をしても何も変わりません。批判はほどほどにしましょうね。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする