仕事が合わないから辞めたい!の判断基準のご紹介

今の仕事は自分には合わない気がするけど、続けたほうがいいのか、辞めたほうがいいのかわからない!

このまま続けて、「いつかは慣れるものかな?我慢すべきなのかな?」と考えたり。

一般的には、仕事が合わないから退職するのは、合わないじゃなくて出来ないから、逃げ出したいから!と、とらわれがちです。

しかし実際にはそんな単純なものじゃないんです。

一概に、見切りをつけるの早すぎじゃない?とは言えません。

実はわたしも、「仕事が自分には合わない」と思い、初入社の会社を一ケ月で辞めました。でも、全く後悔はしていません!

関連記事:新入社員が辞めたいのは当然!僕が一ヶ月で転職した話

仕事の合う合わないの判断は?

まず始めに、「仕事が合わないから辞めたい」と言うと、「仕事を理解してないのに合わないもクソもあるか」と言われるケースが多いです。

でも、まぁ正論っちゃ正論です。

数カ月、1年程度で仕事を完璧におぼえるのも難しいでしょうし、「何処にいっても同じやぞ」と言われても仕方がないと思います。

ですが、このセリフは3年以上働いていても結局使われます

それに、辛くてどうしても辞めたい気持ちは、本人にしかわからないんです。

他人が何と言おうが無理なものは無理ですし、頑張れと言ったところで無理でしょう。

このように、他人の意見に納得できないようになった時そこ、仕事が合わないと判断してもいいと思います。

ちなみにわたしもそうで、先程、初入社の会社を一ケ月で辞めたと言いましたが、「もう少し頑張れば」という、他人のアドバイスに全く耳を傾けられませんでした。

結果、自己判断で辞めました。

でも、今になってわかるのが、仕事には合う合わないは実際あります。職場環境にしても仕事内容にしても。

わたしが初入社した会社で働いていたときは、「どうあがいてもこの仕事はできそうにない」と思ってばかりでした。

適当に仕事を選んだのもありますが、辞めた理由としては、まずは飛び込み営業だったこと!(求人詳細には書いていませんでした、面接時に聞かなかった自分が悪いですが・・)

そして、知らない会社に訪問をして、1日1件の契約をあげてこいというスタイル。

「しょっぱなからノルマかよ」

それに加えて、朝から怒涛のような朝礼!みんな大声をあげて洗脳されているみたいでした。

自分で選んだ会社ですが、ここまで無理だと感じたのは、人生始めてといってもいいくらい。

結果、早々に見切りをつけ、同じ業種へ転職をし、始めこそ大変な時期はありましたが、「この仕事無理」とは思わなかったですね!

仕事の合う合わないの判断は、将来でも仕事が出来るようになるイメージや、職場環境に馴染めるイメージがつかなければ、合わないと思ってもいいでしょう。

そもそも、仕事なんて希望がなければ頑張れません。

合わない仕事を続けるコツ

一言でいうと根性。これしかないです。

嫌なことも気合いで続けて、そのうち好きになるのを待つ!

本気でけっこうしんどいです。

また、どうしても辛くて辞めるを判断したとして、1つだけ注意点があります。

それは、我慢しながらでも続けて頑張っている人がいる!ということです。

「無理して続けなさいよ!」という意味ではありませんが、仕事に限らず、多少の根性はかならず必要です。

今のあなたはどうでしょう?

自分が納得できるくらい頑張れたのであれば問題ありませんが、「合わないから辞める」が癖になっていれば、それこそ「何処にいってもダメ」だと言われても仕方がありません。

けっこう大切なポイントですよ!

頑張った期間に関しては、何年とかそんなに難しく考えなくていいです。そもそもルールなんて存在しませんから。

自分に問いかけてみれば、すぐに答えが返ってくるはずですよ。

そして、頑張ったと言えるなら、「何所にいっても自分が変わらないと」という意見は無視をすればいいです。

何所にいっても同じだという意見にたいし

結論をいうと、「何所にいっても同じ」というのは間違い!!

プロサッカー選手にしても、移籍をしてから大活躍するかたや、逆に移籍をしてから下降気味になる選手もいます。

人の才能はかならず環境に左右されます。

わたしの場合でもそうで、おそらく転職をせずにいたら、今も嫌々ながら仕事をしていたはず。(ちなみに前職は倒産しました)

もちろん辞めているのでイメージでしかありませんが、そのイメージこそ大切だとわたしは思っています。

イメージができる!は希望です。

また現代は、「しがみついてでも会社に居座る!」時代でもありません。

そもそも大手企業ですら倒産やリストラをする時代。

転職だって自分をかえる1つの選択肢ですし、自分に合わないような仕事にしがみつく必要もありません。

どちらにしても、他人の意見も参考程度にはいいと思いますが、結局、最終的な判断を下すのは自分です。

周りの意見にふりまわされず、あなたが良いと思ったことをすればいい!

その代わり、責任も自分で負うのですから。

仕事が合わないから辞める辞めないの判断

今の自分は続けるのがプラスになりそうなのか否か!の2択でしかありません。

少しでも続けるべきだと思えば続けるべきですし、プラスにはならないと思えば、さっさと辞めましょう。

あなたが前を向けるほうが正解です。

また、辞めるを選択した場合、当然リスクもあります。

一番のリスクと言えば、転職先が決まるのかどうか!人によっては金銭面とか。

間違っても退職をしてから、仕事を探すような真似はしないで下さいね!

収入はもちろん途切れますし、転職活動においては「今働いています」は、何よりもアピールになります。

反面、退職後からのスタートでは、履歴書の空白期間が長くなるほど、「他社で内定をもらえてないな」と思われても仕方がありません。

また、「在職中の転職活動は難しい」と思われがちですが、案外そうでもありません。

転職エージェントを使えば、土日や夜間の相談も可能です

あなたに合う仕事のピックアップや面接設定、今の仕事を辞める最善の方法も提案してくれます。

また相談をした結果、ないとは思いますが、「いい応募先がなかった」となれば、辞退も全然OKです。

仕事を辞める辞めないで悩んでいるかたも、たくさん相談しているので、あなたもまずは第一歩を踏みましょう。

逆にそのくらいの行動もできなければ、今の環境はいつまでも変わりませんよ。

 納得して判断できれば今のところ正解

もう少し頑張ってみるでも、転職活動を始めてみるでも、あなたが納得できれば、今のところその選択が正解です。

ちなみにわたしも、納得をして転職をし今に至ります。

今思うのが、「過去が失敗でも今がよければいいでしょ!」ということ。

一番ダメなのは、何も行動に移せず、うじうじと悩むだけなる!です。

そういう人は、いつまでたっても成功はしないと思います。

仕事を辞める判断って、一生に一度の決断のように思われがちですが、そこまで深く考える必要もないです。

転職活動を始めてから「いい会社があれば」転職を決めるでもいいんです。焦る必要などありません。

評判のいい転職エージェントだけご紹介をするので、登録をして相談だけでも始めてください。

「DODAエージェント」

転職者満足度がNO1、その手のランキングに毎回ランクインしています。

そして、非公開求人の取り扱いも多く、待遇のよい求人が多いです。

サポートのよい転職エージェントと言えば、「DODA」というかたも多い。

もう一社は、女性にオススメな【パソナキャリア】

パソナは創業以来、女性の転職に力を入れている会社です。

「女性ならではの悩みに強い!」とも言われています。

会社の信用度も抜群なので、女性はかならず 【パソナキャリア】に登録をしましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。あなたの納得できる判断をしてみましょう!

関連記事

仕事が嫌だ辞めたい!辞めてもいい理由と今後のこと

仕事を辞めたいけど言えない心理的理由と対策について

仕事を辞めたい!これって甘えなのか?実際の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする