仕事が合わないから辞めたいは正当な退職理由!判断基準もご紹介します

どうしても人には相性や向き不向きがあります。

一人でもくもくと作業をするのが好きな人がいれば、精神的な苦痛を感じる人とがいます。

もちろん自分に合わない仕事をすることで、違和感を感じて不安になるのは当然です。

なかには「仕事が合わないと思っても3年間は続けろ」とか「考えが甘い」と言う声もあります。

しかし実際にはそんな単純なものじゃないんです。一概に「見切りをつけるの早すぎじゃない?」とも言えません。

実はわたしも「自分には合わない」と思い、初入社の会社を一ケ月で辞めました。でも、全く後悔はしていません!

ここでは「仕事が自分に合う合わないの判断基準」と「合わないと思う仕事は辞めてもいい理由」をご紹介します。

関連記事:新入社員が辞めたいのは当然!僕が一ヶ月で転職した話

仕事の合う合わないの判断基準について

仕事の合う合わないの判断基準について

まず始めに、「仕事が合わないから辞めたい」と言うと、「仕事を理解してもいないのに、合わないもクソもあるか」と言われるケースが多いです。

でも、まぁ正論っちゃ正論です。

数カ月、1年程度で仕事を完璧におぼえるのも難しいでしょうし、「何処にいっても同じ」と言われても仕方がないと思います。

ですが、このセリフは3年以上働いても結局使われます。

それに、どうしても辛くて辞めたい気持ちは本人にしかわからないんです。

あなただって他人の痛みを100%理解しようと思っても難しいですよね?表面上はわかっても完璧にはわからないはずです。

仕事だって同じ。他人が何と言おうが無理なものは無理ですし、頑張れと言ったところで無理でしょう。

このように、他人の意見に納得できないようになった時そこ、仕事が合わないと判断してもいいと思います。

ちなみにわたしもそうでした。

先程、初入社の会社を一ケ月で辞めたと言いましたが、「もう少し頑張れば」という友人のアドバイスに耳を傾けられませんでした。

結果、自己判断で辞めました。

でも、今になってわかるのが、仕事には合う合わないは実際あります。職場環境にしても仕事内容にしても。

仕事の合う合わないの判断は、将来でも仕事が出来るようになるイメージや、職場環境に馴染めるイメージがつかなければ、合わないと思ってもいいでしょう。

そもそも、仕事なんて希望がなければ頑張れません。

自分には合わない。そして辞める自分に納得できるなら辞めるのも1つの選択です。

精神的な苦痛を感じるくらいなら辞めるべき

精神的な苦痛を感じるくらいなら辞めるべき

毎日「仕事に行きたくない」とか、何かしらの体調の変化があれば働く期間を気にせず辞めるべきです。

体調の変化があるというのは、体が「無理をするなっ!」といっているサインです。

続けたところで、あなたも前向きには仕事をできないでしょうし、何より人生そのものが楽しくないと感じるはず。

仕事はあくまで生活のためにするものであって、仕事のためだけに人生をささげてはいけません。

世のなかにはあなたが知らないだけでたくさんの仕事や職場があります。

今回は「合わない会社を引いてしまった」くらいの気持ちでOKです。

次こそは転職活動で自己分析や企業調査をしっかりやって「自分に合う仕事」を探せばいいだけです。

ちなみにわたしもそうしました。

先程に一ケ月で前職を退職しましたと言いましたが、次は絶対に自分に合う仕事につきたかったので、転職活動には力を入れました。

そして前職ではダメダメだったわたしが、今では満足して働けているんです。そうなった理由は「自分に合う仕事を見つけた」。ただそれだけの話です。

あなたも精神的に辛くなるまで追い込まなくても、きっと自分に合う仕事は見つかります。安心してください。

何処にいっても同じだという意見にたいし

結論をいうと「何処にいっても同じ」というのは間違いです。

プロサッカー選手にしても、移籍をしてから大活躍するかたや、逆に移籍をしてから下降気味になる選手もいます。

人の才能はかならず環境に左右されます。

わたしの場合でもそうで、おそらく転職をせずにいたら、今も嫌々ながら仕事をしていたはず。(ちなみに前職は倒産しました)

もちろん辞めているのでイメージでしかありませんが、そのイメージこそ大切だとわたしは思っています。

イメージができる!は希望です。

また現代は「しがみついてでも会社に居座る!」時代でもありません。

そもそも大手企業ですら倒産やリストラをする時代。

転職だって自分をかえる1つの選択肢ですし、自分に合わないような仕事にしがみつく必要もありません。

どちらにしても、他人の意見も参考程度にはいいと思いますが、結局、最終的な判断を下すのは自分です。

周りの意見にふりまわされず、あなたが良いと思ったことをすればいい!

その代わり、責任も自分で負うのですから。

仕事が合わないから辞める辞めないの判断

仕事が合わないから辞める辞めないの判断

今の自分は続けるのがプラスになりそうなのか否か!の2択でしかありません。

少しでも続けるべきだと思えば続けるべきですし、プラスにはならないと思えば、さっさと辞めましょう。

あなたが前を向けるほうが正解です。

また、辞めるを選択した場合、当然リスクもあります。

一番のリスクと言えば、「転職先が決まるのかどうか」や人によっては金銭面とか。

間違っても退職をしてから、仕事を探すような真似はしないで下さいね!

収入はもちろん途切れますし、転職活動においては「今働いています」は、何よりもアピールになります。

反面、退職後からのスタートでは、履歴書の空白期間が長くなるほど、「他社で内定をもらえてないな」と思われても仕方がありません。

また「在職中の転職活動は難しい」と思われがちですが、案外そうでもありません。

転職エージェントを使えば、土日や夜間の相談も可能です

あなたに合う仕事のピックアップや面接設定、今の仕事を辞める最善の方法も提案してくれます。

相談した結果、ないとは思いますが、「いい応募先がなかった」となれば、辞退も全然OKです。

仕事を辞める辞めないで悩んでいるかたもたくさん相談しているので、あなたもまずは第一歩を踏みましょう。

逆にそのくらいの行動もできなければ、今の環境はいつまでも変わりませんよ。

 転職活動は自己分析が大切

転職活動は自己分析が大切

転職に失敗したくなければ自己分析はすごく大切です。

自己分析とはあなたの長所や短所、それに今までやってきたあなたの歴史にヒントが隠れています。

また自己分析を間違えることによって、自分の考えとのズレが生じてしまい、転職してから「思っていたのと違った」となるのです。

自己分析をするには、リクナビNEXTのグッドポイント診断のようなツールを使うのもアリですが、確実なのは転職エージェントに相談することです。

転職エージェントは転職のプロなので、あなたのことをリサーチしたうえで最適な求人を提案してくれます。

何よりも第三者の意見として「このような求人はどうですか?」と提案してくれるので、転職自体も楽です。

求人についても事前に審査をしているものなので、離職率の高い会社やブラック企業が除外されているのも1つのポイントです。

転職活動をはじめるとなると、書類の作成や面接対策、企業のピックアップまで一人でやらなければいけません。

しかし転職エージェントに相談することによって、本来すべき作業を一緒にやってくれるので是非活用すべきです。

費用も一切かからないので、この機会に登録をして相談しにいってください。きっとあなたにも合う仕事を提案してくれるでしょう。

おすすめは2社あって、まずは「DODAエージェント」

転職者満足度がNO1、その手のランキングに毎回ランクインしています。

そして、非公開求人の取り扱いも多く、待遇のよい求人が多いです。

サポートのよい転職エージェントと言えば、「DODA」というかたも多い。

DODAの無料登録はこちら公式サイトより

もう一社は、女性にオススメな【パソナキャリア】

パソナは創業以来、女性の転職に力を入れている会社です。

「女性ならではの悩みに強い!」とも言われています。

会社の信用度も抜群なので、女性はかならず 【パソナキャリア】に登録をしましょう。

パソナの無料登録はこちら公式サイトより

退職理由は「合わない」でOK

退職理由については色んな意見もあるでしょうが、素直に「自分には合わないと思う」でOKです。

退職するには退職理由よりも「強い意志」が伝われば、辞められないとはなりません。

例えば「辞めようと思ってます・・・」と言うのと、「自分には合わないと思って転職します決めました」だったら、後者のほうが辞める意思が強く感じますよね?

結局のところ、引き止めに合うのは「こいつは止めたら止まりそう」だと思われるからです。

退職理由については難しく感じる必要はないです。

あなたも諦めなければきっといい仕事が見つかるので頑張ってください。そして自分に合う仕事が見つかれば人生も楽しくなるでしょう。

少なくともわたしは今そうです。頑張ってくださいね!

関連記事

仕事が嫌だ辞めたい!辞めてもいい理由と今後のこと

仕事を辞めたいけど言えない心理的理由と対策について

仕事を辞めたい!これって甘えなのか?実際の話

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする