仕事を辞めたいけど言えない心理的理由と対策について

「仕事を辞めたくて精神的におかしくなりそう!」でも何かしらの理由があり、なかなか言えない。

始めにお伝えすると、会社や上司によっては、辞めるのをどう伝えようが、嫌みの1つや2つは言ってくるものです。

勇気を出すことも必要ですよ。

仕事を辞めたいと言えない心理的理由と対策 

仕事を辞めたいと言えない理由と対策

怒られるのが怖い・・

上司によっては辞めると伝えて怒る上司もいるでしょう。

ただし実際問題、伝えなくていい方法と言うのはありません。

そこで、ぼくからアドバイスが出来るとすれば、辞めることを伝え最短で仕事を辞める方法です。

まず始めに、会社に辞める意思さえ伝えれば、法律上、最短2週間で辞めることが可能です。

退職は一ケ月前にとよく言われますが、この件に関してはあくまで会社が定めるものであって、法律上の効果はありません。

「それでも2週間はつらい!」と言うかたは、有給が残っていれば消化をして下さい。

有給取得は会社に拒否できる権利はないので、そのまま通るのが一般的です。

なので、辞める意思を伝えその日が最終出勤日というのも可能と言えば可能です。

最後の1日だと思って、思い切って「辞める」を伝えてみる!

またこのやり方に関しては、おわかりだと思いますが、円満退社とはならないでしょう。

「急に言って急に辞めやがった!」と会社が思っても不思議ではありませんし、腹を立てるでしょう。

本来は会社が定める一ケ月前に退職を伝えるべきですが、どうしても嫌な場合は、紹介した方法があるとだけ覚えておいて下さい。

退職するのか迷っている・・

「辞めると今後の生活が・・」と考えてしまう気持ちもわかりますが、それでは前に進めないので、どうするのかをまず決めましょう。

またどちらつかずの仕事ほどつまらない物はありません。

まずは辞めたい理由を明確にし、その理由が辞めるに値するのか、誰かに相談をしましょう。

もしかすると、「辞める辞める」とは言いますが、実はあなたは辞めたくないのかもしれませんよ。

そういう方は、会社に不満点を交渉するのもいいかと思いますよ。

人手不足で申し訳ない

従業員が会社の人手不足の問題まで責任を負う必要はありません。その仕事は経営者の仕事です。

そもそも日本では職業選択の自由が認められているので、あなたが気にするまでもありません。

もし少しでも申し訳ないと思うのであれば、一ケ月前に退職届をだして、引継ぎをきちんと終わらせるを使命としましょう。

それと会社によっては、辞めると伝えたときに文句の1つ2つ言われるかもしれません。

ですが、このまま我慢をして働き続けて病気にでもなったとします。

その時にあなたが思うのは、「あの時に会社を辞めさせてくれなかったから」と思うでしょう。

人手不足だろうが何だろうが、自分の身を守るのは最終的には自分です。

会社か自分のどちらが大切なのか考えてみて下さい。

上司にお世話になっているから・・

いい上司に出会ったけど、会社の方針に合わないので辞めるかたも多いです。

申し訳ない!と思う気持ちは素晴らしいことですが、そう思えるのなら会社を辞めてからも付き合いを辞めなければいいだけ。

退職後の繋がりを大切にしましょう。

一般的に会社の付き合いほどいつでも切れる関係はありません。何故なら仕事を辞めてさえしまえばいつでも切れるからです。

それともう1点、上司より自分の気持ちを尊重しましょう。

自分に納得できる退職理由があれば、辞めて次に行けばいいのです。

退職を引き止められそう・・

引き継ぎが決まるまでとか、この案件が終わるまでとか、給料を上げるからといって引き止めにあう可能性も十分に考えられます。

ですが、社会人としても、引き止めを想定したうえでの根回しが必要です。

「すでに転職先がきまった」「親戚の仕事を手伝うことになった」など、いくらでも返答のしようはありますし、別に嘘でもかまわないと思いますよ。

ただ一番引き止められたときに有効なのは、「自分で辞めると決めたので、残る選択肢はありません」と、はっきりとした口調で言うことです。

正直なところ、ぼくも何度か辞めたいと願い出てきた部下の引き止めをした経験があります。

そして少しでも迷うかたは、「いける」と思ってしまうものです。

逆にはっきりとした口調で「辞めたい」と言われると、引き止めは難しいなと思ってしまいます。

辞めますを伝えるコツは、相手に迷いを見せないのが一番大切です。

辞めると伝える前に嘘でもいいのでネタを用意しておく、それでも引き止められるのであれば、迷う気持ちを出さずに辞める!と言う。

なかなか辞めさせてくれない・・

本来辞めさせてくれないとはありえない話です。

そもそも、そんな会社はいい会社と言えるのでしょうか?また円満退社をする必要性もあるのでしょうか?

ぼくには到底そうは思えません。

少しケンカ越しになるかもしれませんが、労働基準監督署を口にだしてみましょう。

たいはんの会社は労働基準監督署を嫌うので、口にだした瞬間に辞めるを応じる会社がほとんどです。

もしそれでも応じてくれない場合は、労働基準監督署に出向き強制的に辞める方法を教えてもらって下さい。

また労働基準監督署はあなたの代わりに企業に連絡を入れることもできます。

そして、辞めるのを認めるように交渉もしてくれるのです。

法律では2週間前に申告をすれば退職できますし、もちろん「勝手に辞めたんだから給料を払わない」と言うのも通用する話ではないです。

あなた自信が、最低限の法律の知識をみにつけ、強気に出る姿勢も大切だと思いますよ。

転職先を決めておけば心の余裕につながる

仕事を辞めたいと言いやすくする方法

会社を辞めたいけど、その後の生活が不安なかたも多いと思います。

そういうかたは退職を伝える前に転職先を決めておきましょう。

転職先を決めておけば収入は途切れませんし、「仕事を辞めます」と伝える心の余裕にもつながります。

また転職エージェントを使えば今までの実績を考慮し、応募先の企業にエージェントが給料交渉なども行ってくれます。

夜間の相談や土日の対応も可能なので、自分でいちから仕事を探すより、確実に手間は省けるでしょう。

また非公開求人といい、求人サイトより待遇のよい求人がたくさんあります。

転職エージェントのオススメは2社。

1つ目は、「DODAエージェント」

何より転職者の満足度が高く、ランキングに毎回ランクインしているエージェントです。

非公開求人も多数取り扱っています。

転職サイトに掲載されていない【非公開求人】の紹介を受ける方法は?

もう1つ、女性にオススメなのが、【パソナキャリア】

パソナキャリアは、女性の転職に力を入れている会社で、女性ならではの悩みに対応できます。

職種に関しても、ベンチャーから大手まで幅広く取り扱いがあるので、きっといい仕事が見つかるはず。

転職エージェントは1社に絞る必要はありません。

何社か見てあなたに合うエージェントを見つけて転職成功に繋げましょう。

仕事を辞めたいけど言えないのまとめ

辞めたいけど言えないほとんどの理由は、遠慮や恐怖心から生まれるものです。

あなた自身の将来が大切なのか、会社が大切なのかを考えてみれば、おのずと行動すべき答えはでるはず。

退職届をいきなり送る方法もありますが、最後の勇気を振り絞ってみませんか?今後のあなたのためにも。

以上です。仕事を辞めたいけど言えない心理的理由と対策についてでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする