仕事が嫌だ辞めたい!辞めてもいい理由と今後のこと

精神的に限界で、「仕事に行くのが耐えられない!」世の中にはそういう方もたくさんいるでしょう。

ただ簡単に「仕事を辞める」と言っても、毎月の支出は待ってくれないので余計に悩む!

この記事では、仕事を辞めてもいいのかわからない方へ、辞めてもいい理由を掲載します。

1つの足がかりにして下さい

仕事の決断とは、自分ではなかなか決めるのが難しいものです。

プライベートより仕事を優先させられる

問題は会社として仕事を優先させるが、当たり前になっているのかどうかです。

1人の上司だけが「プライベートより仕事を優先しろ」と言う場合は、人事に相談をする方法もあります。

もしそれが無理で、会社そのものが「仕事を優先しろ」と言うのであれば、自殺者がでるような大きな問題がでるまで改善の見込みはないでしょう。

社会人になると、たまには仕事を優先しなければならないケースで出てくると思います。

けれども限度があるのも確かです。

会社のためだけにプライベートを削ってでも働け

そのようなセリフや態度をだす会社にいなくても、他にあなたに合う仕事が必ずあります。

もし今のあなたが精神的に参っていれば、人生をフルに楽しむを意識するべき。

仕事だけの人生なんてつまらないですから。

八つ当たりのように怒鳴られる 

上司の存在とは大きなもので、上司次第で人生が決まると言っても大げさではないと僕は思っています。

何より、八つ当たりのように怒鳴る上司は、自分に自信がない方がほとんど。

そんな上司の下について、部下が幸せになれる訳がありません。

でもけっこういるんです、立場の弱い人間にだけ強がる上司が!!!

辞める辞めないの判断としては、一生このまま我慢できるのか?を自分に聞いてみましょう。

それと、「いつかは上司も変わる」と期待をするのは辞めておきましょう。

大人の性格はそう簡単には変わりません。

少しでも無理だと思うのならそれは無理な証拠で、最悪なのは精神がやられることです。

そうなると仕事どころではありませんし、日常生活まで支障をもたらします。

またうつ病とは判明されてから治療をしても、時間がかかるケースがほとんどなのです。

バカな上司にすがりつく必要はないので、さっさと辞める準備をしましょう。

仕事が嫌で寝れない 

ここまで追い詰められている方は、何も考える必要なしで辞めましょう。

おそらく仕事以外の何をしてても楽しくないはず。

また寝たほうがいいのを頭でわかっていても、なかなか寝れない。

でも、悩むときはそういうものです。

今の状況は仕事に支配されている人生そのもの。

まずは原因がわかっているうちに心療内科にいくのをオススメします。意識のあるうちに対処をしないと大変です。

誰でも仕事のしんどい時期はあり、根性で乗り切れるケースとそうでないケースがありますが、体のことなのでカケに出る必要はありません。

他にはもっといい会社はありますし、不安なのは今だけです。

まだ耐えられる人は様子を見て決断しよう

様子を見る男性

ここでの耐えられる人とは、辞めたいけどもう少し頑張れそうな自覚がある人です。

そういう方はもう少し様子を見て判断をしたほうがいいでしょう。

まず精神的に辛くて仕方のない人は、頑張ろうとは思えず、「どうすればいいのか?」と悩みます。

悩む人は第三者に判断をゆだねるべきだと思いますが、自分で方向性が決まっているかたは自分の意見を貫いて下さい。

結果、正解か不正解かはわかりませんが、ある程度の頑張る期間だけ決めて耐えましょう。

仕事は環境に左右されるケースがほとんど

 残念なことに仕事の満足度は自分で何とかできるケースもありますが、ほとんどが環境に左右されます。

そして、残酷なことにあなたに合う職場なのかは運任せなところも多いです。

面接では良い印象だったけど、入社すると話が全く違ったというのもよくある話。

そうやって働きたくない、仕事が苦痛だと感じる方が増えているのは確かです!!

そもそも、企業は求人をかけるときに当たり前ですが、なるべく多くの反響があるように考えます。

1人より2人の応募があれば人材を選べますし、何より戦力になる人が欲しいと考えるのは企業として当然です。

ではどうやってより多くの人材を集めるのか?と言うと、会社を良く見せてなるべく反響をもらう!

そうすることで、応募者と企業との考えにズレができるのは当然です。

「社員を第一に!」とアピールしておいて、ふたを空けると超ブラック企業だった!

そんなケースもたくさんありますから。

そして転職をするのなら、自分で1から探さなくてもプロに任せることもでき、ブラック企業を除外することも可能。

そんな話を次の項目でしたいと思います。

プロに仕事探しを任せよう 

プロに仕事探しを任せる

仕事を辞めるかたにオススメなのは、収入を途切れないようにすること。

もちろん有給休暇が残っていれば使うべきですし、収入が途切れないのは心の余裕にもつながります。

しかし、「平日は仕事があるから転職活動ができない!」というかたも多いです。

そんな方は転職エージェントを使い、転職にかかる時間の削減をしましょう。

待遇のよい会社のピックアップや面接設定など、エージェントがあなたの代理人として働いてくれます。

そして夜間や土日の相談にものってくれますし、もちろん無料です。

また転職サイトには掲載されてない非公開求人の取り扱いもあるので、きっとあなたに合う仕事を紹介してくれるはず。

あと一点、もしあなたに強みがあれば、その強みを材料に企業へ給料交渉もしてくれるので、必ず使うべきです。

おすすめは「DODAエージェント」と【パソナキャリア】

DODAエージェントは転職者満足度NO1で、登録者に合う仕事を紹介してくれると好評です。

転職で、サイトに掲載されていない【非公開求人】を活用する方法とは?

【パソナキャリア】 は特に女性にオススメです。

女性特有の悩みにも対応ができるのと、担当者に親切なかたが多く、頼りになる存在だと好評です。

2社とも大型エージェントで信用のある会社です、このサイト経由からもたくさんの登録を頂いています。

是非参考にして下さい。

仕事が嫌だ辞めたい!まとめ

いち人事担当をしている僕からの、仕事が嫌で辞めたい!辞めてもいい理由と対策でした。

仕事は頑張るものですが、それは仕事の内容で頑張るもの。きつい環境を耐えるのはまた別の話です。

少なくとも、仕事が嫌すぎて寝れないくらいなら、無理に精神を削って働く必要はありません。

何故ならもっといい会社が存在するからです。

この記事をご覧のかたが、少しでも前を向けるようになってもらえれば幸いです。

以上、最後までお読み頂きありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする