仕事のやる気が無くなった人が上手に転職をする方法

「仕事のやる気がおきないから転職しよう」、そう思い転職活動を始めるかたも多いでしょう。

元気であればいいのですが、なかには精神的にいっぱいいっぱいの方もいるはず。

そんな方へ僕が一番言いたいことは、仕事を辞めても次頑張ればいいだけです。

そしてなかには、転職するかしないかで悩んでいる人もいると思います。

耐えるのが仕事ではありません。では、まずはそんな話からします。

耐えるのが仕事ではない 

耐えるのが仕事ではない

仕事は耐えるのが当然で、きつくて当たり前だとの声もありますが、それは間違い。

数年前までは、きつくても耐えれば見返りがありましたが、現代ではそれがありません。

見返りとは例えば、永久雇用が保証されていたり、給料としての見返りなど。

今は大手ですら倒産やリストラをする時代です。

そんな時代なので従業員の保証などできるわけがありませんし、そもそも働く人もそこまで期待できていないのが現状!

しんどい、さらに加えて将来どうなるのかもわからない。それで耐えろというのは無理な話です。

そう言った理由もあり、仕事のやる気が出ず転職活動をするのは、別に不思議な話ではありません。

ただし注意すべき点があり、転職をするならするで前向きになって行動をすること。

転職をするなら前向きになれる理由を作ろう

仕事に前向きになれる理由

前向きになれる理由とは、無理な理由でもいいので考えて下さい。

わかりやすい例でいくと、今の仕事のストレスが消えるのも、1つの前向きになれる理由ですよね。

他で言うと嫌いな上司との縁が切れるでもいいですし何でもOK。1つくらいは必ずあるはずです。

環境を変えるというのは、仕事のやる気がなくなった原因を取っ払えるものだと思いましょう。

そしてまた、悲観的になった状態で転職活動をしても上手くいきません。

逆の立場で考えて、自分に自信のない人を採用しようと思いますか?話を聞こうと思いますか?

僕も面接官をやりますが、そういう人はけっこういますよ。明らかに元気のない人です。

あなたが今やるべきことは、仕事のやる気がなくなった原因を突き止め、その原因は仕事を辞めることで消えると思いこむ!

あとは、前向きになれる理由を見つけて転職活動をするだけです。

転職理由は本音を伝える必要はない 

面接でまれに退職理由をバカ正直に伝えるかたがいますが、面接での基本はネガティブ発言は避けるです。

「前職は人間関係がうまくいかなくて」とか「仕事内容が自分と合わなかった」などもっての他。

面接は自分をアピールする場なので、「自分は御社にこういう点で貢献できる!」と伝えなければいけません。

また自分ではわからないかもしれませんが、人には強みと弱みが必ず存在します。

例えば僕のケースで言うと、1つのことを継続できるのが強みだったりするのですが、逆で考えると、1つのことに集中して他がおろそかになってしまうのが弱み。

面接では、自分の強みが企業とマッチするために対策を練るわけです。

どちらにしよ面接では自分の不利になるセリフは言わない。覚えておいて下さい。

転職の不安はプロに相談すればいい

転職の不安をプロに相談

転職サイトを使って仕事を探す方法もありますが、条件の良い仕事を探すなら転職エージェントを使って下さい。

転職エージェントはあなたの代わりに面接設定や仕事のピックアップをしてくれます。転職についての不安があれば無料で相談にものってくれます。

1人で1からする転職活動と、相談者がいながらの転職活動では結果は必ず変わるでしょう。

なかな上手くいかない時は、自分1人での解決は難しいものです。

また転職エージェントの魅力の1つは、一般の求人サイトに掲載されてない案件を取り扱っている点。

その点を次項にて説明します。

求職者の希望とマッチする求人は非公開求人に多い 

非公開求人とは転職サイトには掲載されてない求人のこと。企業が何故そんな応募の仕方をするのか説明します。

企業が非公開求人で募集をかける理由としては2点。

1点目はたくさんの応募が欲しいのではなくて、マッチする人からの応募だけを受けたい。

転職サイトに掲載をすると、全国に公開されるので幅広く見てもらえるのがメリットですが、デメリットは希望しない応募者からの応募がたくさんくることです。

たくさんの応募があると、面接に使う時間が必要になります

それだったら、窓口を転職エージェントからの推薦だけに絞りたい!そう考える企業が増えているのです。

2点目は他社に人材募集をしているのを知られたくないケース。

あたらしい事業をやるときなど、情報を他社に知られたくないと考える企業が非公開求人にします。

また、転職サイトに掲載されている求人より、待遇のよい求人が多いです。

応募者からすると、「非公開求人で採用されるほど自分は何も持っていない」と思うかもしれませんが、それは間違いです。

人の強みと弱みがマッチするのかどうかなので、あなたが判断をするのではなくて、エージェントが判断をします。

そして、非公開で応募をする会社も増えているので、必ずあなたにも需要があるはず。

サポートが好評な転職エージェントの紹介 

転職エージェントの紹介

何社かまとめてご紹介したいところですが、厳選して3社の転職エージェントをご紹介します。

1社目は超有名どころですが、【リクルートエージェント】

リクルートエージェントの強みは、なんといっても実績NO1で、莫大な求人情報を取り扱っているところ。

営業によって当たりはずれがあると言われていますが、それはどこの会社でも同じです。

会社の信用度を重視されるかたは、【リクルートエージェント】は間違いないかと。

2社目は「DODAエージェント」

転職者満足度NO1と言われており、サポートを徹底している転職エージェントです。

また非公開求人の取り扱いに力を入れており、求職者の希望とマッチする企業への紹介が可能。

転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

 最後は女性にオススメする【パソナキャリア】

パソナグループはもともと女性の転職に力を入れている会社です。

女性ならではの悩みに向き合ってくれるエージェントが多いと好評。

またここ数年で初転職者にも力を入れており、面接対策や履歴書、職務経歴書の作成など幅広くサポートをしてくれます。

仕事のやる気は環境に影響されるもの 

最後の項目になりますが、仕事のやる気がなくなったことに対し、自分を責める必要はありません。

仕事に限らず環境に左右されるケースは多いです。

僕だって今でこそ上司に恵まれ、一生懸命仕事をしているつもりですが、過去はひどいものでした。

嫌いな上司の前では頑張っているふり、挙句の果てには「こんな会社、早く潰れてしまえ」とさえ心の中で思っていたくらいです。

頑張れない人も悪いところはあります。しかし、社員を前向きにできない上司や会社にも責任がある!

なので、仕事のやる気がなくなっても悲観的になるのではなくて、次頑張ればいいのです次!!

以上です。最後までお読みいただき、ありがとうございます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする